白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

色落ちしない白髪染めランキング!白髪染めの選び方・色落ちを防ぐ方法も解説

 

白髪染めがすぐに色落ちすると、度々染め直しが必要になります。
手間もお金もかかってしまうだけでなく、白髪が気になってストレスに感じてしまうことも。

本記事では、色落ちしにくい白髪染めの選び方や染料の種類、色落ちしない方法について解説します。
また最後には、色落ちしない白髪染めランキングもまとめています。

「結局その白髪染めが色落ちしないの?」といった疑問をお持ちの方は、ぜひ最後までご一読ください。

色落ちしにくい白髪染めの選び方

白髪染めのお悩みとして多いのが、頻繁に染め直しをしなければならないこと。
せっかく染めたのに、早くに白髪が目立つようでは手間がかかって大変です。
コストも余計にかかってしまいます。

また、すぐに白髪が気になるとストレスにもつながります。
ここでは、色落ちしにくい白髪染めを選ぶ際に大切な3つのポイントを紹介します。

カラーは自分の髪の色よりも明るいトーンにする

自分の髪色よりも少し明るいトーンの白髪染めを選ぶのが、1つ目のポイントです。
暗いトーンの髪色の中に白い髪があると、どうしても目立ちやすくなります。
全体を明るめのカラーにすることで、生え始めの白髪の色が際立つことがありません。

どの商品にも、テスターのサンプルが設置されていたり、パーッケージの裏側に染め上がりのイメージ画像が掲載されていたりしますので、それらを参考に明るめのトーンを選択するとよいでしょう。

また、髪色が明るいと雰囲気や輪郭が柔らかくみえるようになり、顔色を明るく映えさせてくれます。
白髪があると老け顔に見える、というのも白髪に関するお悩みのひとつだと思いますので、その点でも明るいカラーはオススメです。

少ない回数でしっかり染まるタイプを選ぶ

一度でしっかり染まるものを選ぶことも大切です。
美容院での白髪染めと比較すると、自宅で染める方が短時間かつ低コストで仕上がる点がメリット。

ただし、セルフでうまく染まらないと何度も染め直すこととなり、結果的に時間もコストも多くかかってしまうケースがあります。
それだけでなく、何度も染めることにより髪にダメージを与えてしまうことも。

そのため、自分でも取り扱いやすく、しっかり染まるタイプの白髪染めを選ぶことが重要です。
商品を比較したランキングなどを参考に、セルフでの染めやすさ、染まりやすさに注目してみましょう。

髪や頭皮に優しいものを選ぶ

髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶのも、重要なポイントです。
髪質や肌質、その時の状態にもよりますが、一般的にはカラートリートメントやヘナが髪へのダメージが少ないとされています。

何回も髪を染めることでダメージが蓄積されると、髪がパサついたり、頭皮に炎症がおきたりしてしまうことがあるので注意が必要です。

髪を健康な状態に保つこと、また染め直しを防ぐためにも、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶようにしましょう。

白髪染めにはどんなタイプがある?

代表的な白髪染めのタイプとしては、以下が挙げられます。

  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント
  • クリームタイプ
  • 泡タイプ
  • ヘナ

これら5つのタイプについて、それぞれの特徴とともに、そのタイプがオススメの人を解説します。

ヘアマニキュア

髪の表面にカラーを定着させるタイプ。
比較的値段が安いため、誰でも手軽に利用しやすいのがメリットです。
表面のみを染めるため、ダメージが少ない反面、色持ちが良いとはいえません。

ヘアマニキュアの特徴

  • 表面をコーティングして白髪を染める
  • 髪へのダメージを抑えながら染められる
  • 放置時間が短く、手軽に使える
  • 発色がマイルドでツヤ感が出しやすい
  • 色落ちしやすい

オススメの人

ヘアマニキュアは表面のみを染めるため、肌や頭皮が弱い人も安心して使いやすいタイプといえます。
比較的安価で放置時間が短いので、白髪染めを断続的に使用する人にオススメです。
髪に優しい分、色落ちしやすい点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。

カラートリートメント

カラートリートメントは、日々の洗髪時にトリートメントとして使用することで、少しずつ白髪を染めていくタイプです。
特に髪のダメージが気になる場合や、白髪染めが面倒に感じる場合に適しています。
継続的に使用しなければ、すぐに色落ちしてしまうので注意が必要です。

カラートリートメントの特徴

  • トリートメントとして使用できる
  • 使い続けることで白髪が染まる
  • 自然な仕上がりになる
  • 髪や頭皮へのダメージが少ない
  • 継続的に使用する必要がある

オススメの人

毎日の入浴時にトリートメントとして使えるので、手軽さを求める人にオススメです。
また、髪や頭皮へのダメージを抑えたい人にも向いています。
ただし、継続的に使用する必要があるので、短い頻度で使用するのが面倒な方には向いていないかもしれません。

クリームタイプ

クリーム状の染料を塗布することで、白髪を染めるスタンダードなタイプです。
髪の毛の内部まで浸透させて染めるため、長ければ2か月ほど色持ちします。
地毛よりも明るいトーンに染めやすいのもポイントで、全体染めにも部分染めにも使用できます。

クリームタイプの特徴

  • 髪の毛の内部まで染料を浸透させて染める
  • 放置時間が長い
  • 色落ちしにくい
  • 粘度が高く液だれしにくいため、髪の根元までムラなく仕上がる
  • 部分染め、全体染めどちらでも使用可能

オススメの人

とにかく色落ちしない白髪染を求めている人には、クリームタイプがオススメです。
クリームタイプで液だれしにくいため、初めてセルフ染めをするといった人でも使いやすいでしょう。
染色力が高い分ダメージを受けやすいデメリットはどうしてもあるため、毛髪保護成分がしっかり含まれている商品を使用したり、丁寧にヘアケアしたりする必要があります。

泡タイプ

髪に泡をなじませることで、簡単に髪を染めることができるタイプです。
比較的安価で30分ほどで染髪できるうえ、扱いやすいため、セルフカラー初心者向けのタイプでもあります。

カラーバリエーションが豊富で、白髪染めとともにおしゃれカラーを楽しみたいときにも向いています。
色持ちは、だいたい1〜2か月ほどです。

泡タイプの特徴

  • 泡が浸透するので簡単に染められる
  • 自然な発色に仕上がる
  • 色ムラができにくい
  • 価格が安い
  • 色持ちしにくい

オススメの人

クリームタイプと同様に、安価で手に入り、使いやすいため初心者にオススメです。
さまざまなカラーの商品が発売されているため、自分の髪色に合った液剤や挑戦してみたい色味などが探せます。
比較的安価なので、いろいろな商品が試しやすいのもポイントです。
こちらも染色力が高いので、髪や地肌を保護する成分が入っているかなどは確認しましょう。

ヘナ

ヘナは、植物由来の染料。
原材料が自然な成分によるものなので、髪や頭皮に与えるダメージが少ないのが大きな特徴です。
ダメージを抑えるだけでなく、トリートメント効果も期待できます。

髪に優しい染料だと色落ちしやすいのが一般的ですが、ヘナは色落ちしにくいのもメリットです。
最近ではカラーのバリエーションも増えているので、自分の髪色に適した色味が選べます。

ヘナの特徴

  • 植物由来の染料を使用する
  • 髪や地肌へのトリートメント効果がある
  • 染まりやすい
  • 色落ちしにくい
  • 放置時間が長い商品が多い

オススメの人

髪や頭皮へのダメージを抑えたい人に特にオススメです。
髪に優しい成分でありながらも、色落ちしにくいため、色を長持ちさせたい人にも適しています。
「木木と」のようにカラーバリエーションが豊富な商品も増えており、セルフでも使いやすい商品も出ているので、自分に合ったものを選択できます。

白髪染めを色落ちしないようにするためのポイント5つ

色落ちしにくい白髪染めを選ぶこと以外にも、色を長持ちさせるためにできることがあります。
基本的には、日常生活で気を付けられることがほとんどです。

共通していえるのは髪のケアをすることで、いかに髪のダメージを減らせるかが重要なポイントとなります。
ここでは、きれいに染まったカラーが色落ちしないための方法をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

髪に優しいシャンプーを選ぶ

髪に優しいシャンプーを使い、髪のダメージを抑えることが大切です。

傷んだ髪は一度きれいに染まっても、すぐに色落ちしやすいです。
色落ちしないためには、髪や頭皮を健康な状態に維持することが欠かせません。

また、傷んでパサついた髪の毛は老けて見える要因となるので、気を遣いたい部分です。
石油系の成分が入っているシャンプーは避け、髪に優しいアミノ酸系の製品を選ぶようにしましょう。

白髪染め商品を販売する各メーカーではシャンプーやリンスも販売していることもあります。
例えばヘナを扱うウィンライフジャパンではシャンプーも販売し、セットでの使用をオススメしていますので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

参考URL:mokumokuto STORE

摩擦を与えないように髪を洗う

シャンプー選びと同じく、シャンプーのやり方にも気をつけましょう。
色落ちしないようにするには、摩擦を与えないように洗うのがポイントです。

染髪のときに摩擦でキューティクルが開くのが、色落ちの原因となります。
ゴシゴシと強くこするのではなく、シャンプーをしっかり泡立てたうえで、泡で優しく包み込むイメージで洗うとよいでしょう。

髪についたほこりや汚れは、お湯ですすぐだけで落ちます。
シャンプーは、頭皮の汚れを落とすことを意識するようにしましょう。

すぐにドライヤーで乾かす

先述したとおり、キューティクルが開くことが色落ちの要因です。
摩擦を与えるのは当然避けるべきですが、染髪後にすぐ乾かすことも大切。
キューティクルは、濡れただけでも開いてしまいます。

そのため、ドライヤーで乾かして開いたキューティクルを整えることは、色落ちしないために重要です。
ただしドライヤーによる熱もまた髪を傷める原因となるので、ドライヤーはなるべく短時間で済ませるようにしましょう。

ドライヤーをする前にしっかりタオルドライすること、一か所に熱が集中しないように手やタオルで髪を動かしながらドライヤーの風を当てることなどがポイントです。

紫外線から髪を守る

髪のUVカットにも配慮が必要です。

色落ちしないために欠かせないのが、髪のケア。
髪を傷める大きな原因のひとつとして、紫外線が挙げられます。

特に春から夏にかけて、また日差しが強い日には、帽子をかぶったり日傘をさしたりするなどの紫外線対策が必要です。
そのほか、UVカットスプレーやUVカットのスタイリング剤を使用するといった方法もあります。

外出時に少し気をつけるだけでも、白髪染めの色持ちは大きく変わります。

トリートメントでヘアケアする

トリートメントによるヘアケアは、毎日欠かさず行いましょう。
シャンプーの後やドライヤーをするとき、お出かけの前など、トリートメントをするとよいタイミングはいくつかあります。
いずれも、髪の毛が傷みやすいタイミングでもあります。

すべてのタイミングでトリートメントによるヘアケアをできるのがベターですが、色落ちしないようにするためには、無理せず毎日続けることが大切です。

また、洗い流すタイプや洗い流さないタイプ、オイルタイプ、クリームタイプなど、種類もさまざまです。
自分が使いやすいタイミング、使いやすいタイプに応じて選ぶとよいでしょう。

なるべく色落ちしない白髪染めは?ランキングTOP10を紹介!

ここまで、色落ちしにくい白髪染めの選び方や、染料のタイプ、色落ちしないための方法について解説してきました。
これらを踏まえて、なるべく色落ちしない白髪染めをランキング形式でまとめています。
「色を長持ちさせるにはどうすればいいの?」「色落ちしない商品が知りたい!」などとお悩みの方は、こちらのランキングをぜひ参考にしてください。

 

※左右にスライドしてご確認ください。

タイプ 色持ち ダメージ 費用
ヘアカラー
ヘアマニキュア
カラートリートメント
ヘナ

 

白髪染めの色を長持ちさせる方法

色落ちしにくい白髪染めを選ぶこと以外にも、色を長持ちさせるためにできることがあります。
日常の中で気をつけることができるものもあるので、ぜひ実践してみてください。
色持ちについての記事もございますので、ぜひご覧ください。

シャンプーを変えたり、洗い方を変える

白髪染めの色が落ちてしまう原因の一つが、洗髪です。
髪を洗う時に摩擦でキューティクルが開き、カラーを落としてしまいます。
石油系の成分が入っているシャンプーは避け、髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを使うことで、長持ちさせることができます。
中には下記のような白髪染め専用のシャンプーなどもございますので、参考にしてみてください。

参考URL:mokumokuto STORE

また、洗い方に関してもゴシゴシと強くこすってしまうと髪を傷めてしまい、色持ちが悪くなることにつながります。
髪はお湯ですすぐだけで汚れが落ちるので、頭皮の汚れを洗うイメージでシャンプーするように心がけましょう。

すぐにドライヤーで乾かす

上記でも説明しています「キューティクル」は、濡れると開くという性質があります。
そのため、髪を洗った後はすぐに乾かし、開いたキューティクルを整えることで、色を長持ちさせることにつながります。
しかし、「ドライヤーによる熱」もまた髪を傷めてしまうことにつながるため、しっかりとタオルドライをし、ドライヤーの使用時間が短くなるようにしましょう。
ドライヤーを使用する際も、1箇所に熱が集中してしまわないよう、ドライヤーを振りながら乾かすように注意しましょう。

UV対策

紫外線は髪を傷めてしまう原因のひとつです。
そのため、紫外線対策をすることも色を長持ちさせるために重要なポイントです。
日差しが強い日などはUVカットスプレーやUVカットのスタイリング剤を使用する、帽子で紫外線を防ぐなどの対策をしましょう。
こちらに気をつけるだけで、色持ちは変わってきます。

色落ちしにくい白髪染めをご紹介

上記を踏まえておすすめの白髪染めを紹介していきます。
下記のランキングは、「色落ちしにくい」をメインに総合的に選んだおすすめの順位となっています。
一覧表の下に詳細な商品紹介がありますので是非ご覧ください。

 

※左右にスライドしてご確認ください。

商品名 おすすめ度 価格 染める時間 カラー
木木と ★★★★★ 3,600円 45分 7色
マイナチュレ ★★★★ 5,120円 10分 2色
デイラルカラー ★★★★ 7,260円 10分 4色
利尻カラートリートメント ★★★★ 2,200円 20分 4色
LPLP(ルプルプ) ★★★★ 3,300円 30分 2色
ROOT VANISH ★★★★ 4,930円 30分 3色
スカルプDボーテ ★★★ 2,850円 10分 4色
DHC Q10 ★★★ 2,750円 10分 4色
LABOMO スカルプアロマ ★★★ 3,740円 10分 3色
ホーユーシエロヘアカラークリーム ★★★ 720円 15分 19色

 

木木と
(もくもくと)

木木と 評判

おすすめ度 ★★★★★
価格 3,600円
タイプ ヘナ
染める時間 45分
カラー
バリエーション
7色

木木と(もくもくと)とは?

木木と(もくもくと)は、私が1番お気に入りのヘナ・トリートメントです。

ヘナと聞くと、好みの色にならなかったり、使い方が難しい印象がありましたが、この木木と(もくもくと)はその印象を払拭してくれます。

木木と(もくもくと)はジアミンなどのアレルギー成分を使用していないのに、2,3ヶ月も色を保つ事ができるため、健康かつ有用な成分が配合されていることがわかります。

白髪を染めるだけでなく、髪にハリ・ツヤ・コシを与えてくれるため、若々しい髪になることができます。

また、一緒に提供されている「ヘナすくい」を使う事で、簡単にヘナを塗布することができ、初心者の方でも簡単に染められるように工夫されています。

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

マイナチュレ

マイナチュレ 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 5,120円
タイプ トリートメント
染める時間 10分
カラー
バリエーション
2色

マイナチュレとは?

マイナチュレは、薄毛や抜け毛が気になる方にオススメの白髪染めトリートメントです。

カラーバリエーションはダークブラウンかブラウンの2色と少なめですが、一度染めると1ヶ月程色を保つ事ができるため、簡単に染めつつも色を保てる点が特徴です。

また、自然美容成分はもちろん、天然のアロマオイルも配合されてるため、匂いに敏感な方にもオススメです。

皮膚が弱い方でも使えるような成分は配合されているため、安心して使える点もメリットです。

メディアなどでも度々紹介されることもあり、人気商品であることがわかります。

 

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

デイラルカラー

デイラルカラー 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 7,260円
タイプ トリートメント
染める時間 3〜10分
カラー
バリエーション
4色

デイラルカラーとは?

デイラルカラーは、通販をメインに販売されている白髪染めトリートメントです。
カラーバリエーションは4色と少ないですが、ブラックやブラウンといった人気の高い色のため、困ることはほぼないでしょう。
白髪染めトリートメントは、最初は毎日使用しなければいけないですが、他のトリートメントと比べてとても染まりやすく、髪質をケアしながら白髪染めも染めたいといった方にオススメです。
また、デイラルカラーは数回使用するだけで約10日程(個人差はあります)色を保つことができるため、トリートメントとしては非常に色持ちの良い印象です。

ホホバオイル、シアバターなど11種類の潤い成分が入っているため、ゴワゴワになって髪がきしむのが嫌だ、といった方にもオススメです。

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

利尻カラートリートメント

利尻カラートリートメント 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 2,200円〜
タイプ トリートメント
染める時間 10〜20分
カラー
バリエーション
4色

利尻カラートリートメントとは?

利尻カラートリートメントは、フコダインと呼ばれる髪に良い成分が配合された白髪染めトリートメントです。

また、食用でもある昆布を使用しているため、健康に良い点は明確です。

トリートメントであるため、最初は毎日使用する必要がありますが、時間もそこまでかからないですし、髪のダメージを修復しながら白髪染めもできるため大人気の商品となっています。

なかなか色が染まらないといった口コミもありますが、継続的に染める事でかなり理想的な色になる印象です。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

LPLP(ルプルプ)

LPLP 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 3,300円
タイプ トリートメント
染める時間 30分
カラー
バリエーション
2色

LPLP(ルプルプ)とは?

LPLPは、海洋成分であるWフコダインや、天然色素であるベニバナやクチナシを配合している白髪染めトリートメントです。
また、幅広い女性層からの支持もあり人気の高い商品となっています。

しっかりと手順を踏んで使用すれば、数回使うだけで色を保つことはできますが、口コミでは、「染まらない」、「ドライすると髪がパサパサになる」といったものも目立ちます。
そのため、効果は個人差によりますが、私の中ではトリートメントとしては使いやすく染まりやすい印象を持っています。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

ROOT VANISH

ROOT VANISH 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 4,930円
タイプ トリートメント
染める時間 30分
カラー
バリエーション
3色

ROOT VANISHとは?

男女兼用の白髪染めトリートメントです。

家族で使用するトリートメントとしても活用できる点が特徴です。

染める際の放置時間が30分とやや長いですが、トリートメントをしっかりと浸透させるための時間となっています。
また、センブリやオタネニンジンなど髪にハリとコシを与えてくれる有効成分が22種類も配合されている点も人気の理由の1つです。

歳を重ねると、髪にツヤがなくなり、パサついてくると思いますが、いつまでも若々しい髪を保ちたい方にはオススメの商品です。

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

スカルプDボーテ

スカルプDボーテ 評判

おすすめ度 ★★★
価格 2,852円
タイプ トリートメント
染める時間 10分
カラー
バリエーション
4色

スカルプDボーテとは?

スカルプDボーテは、白髪染めトリートメントとして高い人気を誇っています。

こちらの商品は、トリートメントではありますが数回使用するだけで約7日程度色を保つことができます。

放置時間が10分と短いところが長所です。

また、白髪を染めつつツヤやコシも与えてくれるため、アンチエイジングを目指せる点も評判が高いです。

そして、根本をふわっとさせてくれる点も特徴です。

カンゾウ根エキスやクチナシ果実エキスなど天然由来の浸透色素が入っているため、敏感肌の方を考慮しつつしっかりと染めることができます。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

DHC Q10

DHC Q10 評判

おすすめ度 ★★★
価格 2,750円
タイプ トリートメント
染める時間 5~10分
カラー
バリエーション
4色

DHC Q10とは?

DHC Q10は、毎日の髪のケアに使える白髪染めトリートメントです。

このシリーズは2011年から販売されており、かなり人気の高い商品でロングセラー商品とされています。

Q10とはユビキノンとも呼ばれる保湿成分であり、Q10だけでなくオリーブバージンオイルなどが贅沢に配合されています。

そのほかにも、髪のキューティクルを保護する成分が入っているため、美しい髪をキープしたい方にもオススメです。

コームも専用のものがあり、かなり使いやすくなっているのも特徴です。

 

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

LABOMO スカルプアロマ

LABOMO スカルプアロマ 評判

おすすめ度 ★★★
価格 3,740円
タイプ トリートメント
染める時間 3~10分
カラー
バリエーション
3色

LABOMO スカルプアロマとは?

放置時間が最長3分ととても短い白髪染めトリートメントです。

また、よくアレルギーとしてよく耳にするジアミンが入っていないためアレルギー体質の方から高い評価を受けています。

その代わりに染毛力はやや低いです。トリートメントであるため最初は毎日継続的に使用しないと綺麗に染まりません。

ただ、長く放置したとしても10分程度であるため、お風呂で使用する際はほとんど手間と感じることはありません。

名前にアロマとついているように、匂いがとても良いところも特徴です。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

ホーユー シエロ ヘアカラークリーム

シエロ ホーユーヘアカラー

おすすめ度 ★★★
価格 720円〜
タイプ ヘアカラー
染める時間 15分
カラー
バリエーション
19色

ホーユーシエロ ヘアカラークリームとは?

長年白髪染めを専門としてきたホーユーが提供している商品になります。

最大の長所としては、長年の知識を生かした豊富なラインナップです。

デザイニングカラー、ヘアカラークリーム、ヘアカラーミルキーと主に3種類あり、数多くのカラーが用意されているため、ブラックやブラウンだけでなく、さまざまなカラーを楽しみたい方にはオススメです。

また、放置時間も15分と短いため、隙間時間で染めることができる点も特徴です。

初心者の方でも簡単に染められるようにコームが工夫されているため、使いやすい点も◎。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

関連する商品