白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

グラデーションカラーでおしゃれに白髪染めをするには

グラデーションカラー 白髪染め

白髪染めも今では白髪を隠すだけでなくおしゃれに染めることを求める人が増えています。
グラデーションカラーはそのようなおしゃれをしたい人から注目されています。

グラデーションカラーはおしゃれ染めでしかできないと思っている人もいるかもしれませんが、白髪染めでもグラデーションカラーのおしゃれを楽しむことができます。
ここではどのようにしてグラデーションカラーのおしゃれを楽しめるかをご紹介します。

グラデーションカラーとは

白髪染めをすることだけでもおしゃれになりますが、それだけでは物足りずワンステップ進んだ個性を出したいと考える人もいます。
今では白髪染めのカラーもバリエーションが増えているので、十分好みの色を見つけることができますが、さらに個性的なおしゃれを求める人はグラデーションカラーを選択する人もいます。
グラデーションカラーはおしゃれ染めのイメージがありますが、白髪染めでもグラデーションカラーにすることができます。
ここでは白髪染めでグラデーションカラーの特徴や方法を解説します。

グラデーションカラーとはどんなもの?

グラデーションとは色相・色彩・彩度・明度が連続した状態で変化していく色の配置の方法をいいます。
白髪染めの一般的なグラデーションカラーの染め方は根元を暗めにして毛先にいくほど明るくなっていく染め方が一般的な方法になります。
この染め方だと全体的なイメージが軽やかになり、欧米人の髪のようなおしゃれが楽しめます。
また類似した色合いでグラデーションカラーの白髪染めをすると合わせる色によってはとても個性的な髪の色になります。
このようにグラデーションカラーは合わせる色によって様々なおしゃれを楽しむことができます。

メッシュとウィービングとの違い

一言でグラデーションカラーと言っても様々な染める方法があります。
主なグラデーションカラーでの白髪染めの方法はメッシュ、ウィービング、ハイライトがありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

メッシュ

メッシュは好きな個所の髪を筋状に染めていく方法で規則性のないラインが入ってグラデーションになっていく白髪染めの方法です。
全体的に明るい部分と暗い部分が筋状に広がっているので、見た目としては白髪を隠すような髪型になっていきます。
髪全体の雰囲気が軽やかな仕上がりになり、メッシュは不規則な筋が並ぶため、より個性的で若々しい雰囲気を出すことができます。

ウィービング

ウィービングとメッシュはほぼ同じような染め方になりますが、メッシュとの大きな違いはウィービングの染め方は規則的な筋状に髪を取りながら染めていく方法です。
白髪を目立たなくする、軽やかな髪型になるということはメッシュと同じような効果が得られますが、規則的な筋状なのでより落ち着いた雰囲気になります。

ハイライト

ハイライトは白髪染めというよりはむしろ白髪隠しといった方がいいのかもしれません。
白髪以外の髪を明るくすることで白髪と黒髪の境目をなくしていくことによって目立たなくする方法がハイライトです。
ハイライトだと普通の白髪染めに比べて根元の白髪が目立ちにくく、明るめの色と暗めの色の組み合わせから髪にふんわりとしたボリューム感を出すことができます。
ただこの方法はくせ毛の人が行うとハイライトの部分がうねってしまい、きれいに仕上がりにくくなります。
ハイライトで白髪をぼかすメリットやデメリットなど詳しく書いた記事もございますのでぜひご覧ください。

グラデーションのやり方

グラデーションカラーの白髪染めではブリーチのやり方、染め方によって様々なヘアースタイルを楽しむことができます。
ブリーチはブリーチ剤を使って髪の色素を抜くことをいいます。
ブリーチをした後に色を入れると、ブリーチをしないで色を入れるよりは発色が良くなります。
グラデーションカラーで白髪染めをする時にはこのブリーチをしてから染めていくことがよくあります。
ただブリーチは色素を抜くので発色が良くなる反面、他の白髪染めより髪のダメージが気になります。
ここではグラデーションカラーで白髪染めをする時に、なりたい髪色になるにはどのようにするといいのか主な方法をご紹介します。

毛先をブリーチしてグラデーションにする

毛先だけをブリーチすると一番明るくしたい毛先が脱色し、根元に向かって毛先の色と馴染ませていく方法が毛先をブリーチしてグラデーションにする方法です。
この方法なら毛先が明るくなり、毛先からのグラデーションカラーをポイントカラーとしてそれほど色の変化を滑らかにしなかった場合は個性的な髪型になり、人とは違ったおしゃれを楽しみたい人にオススメです。
また、ダメージが気になってきたときにも毛先だけを切ることでダメージを目立たなくすることができます。

全体をブリーチしてグラデーションにする

全体をブリーチしてから、グラデーションカラーに白髪染めをしていくという方法です。
全体的にグラデーションカラーにしていくので、毛先だけをブリーチしてグラデーションをするより、落ち着いた印象の髪型にすることができます。
また発色がよく、より軽やかに染めることができます。
ただ、全体的にブリーチをしてしまうので髪へのダメージはどうしても他の白髪染めよりも強くなってしまいます。

ブリーチをせずにグラデーションにする

ブリーチをしないでグラデーションカラーに白髪染めをすると、髪の元の色そのままで染めていくので、ブリーチをしてから染めるよりは発色は控えめになりますが、自然な仕上がりとなるので一般的に試しやすいグラデーションカラーになります。
またブリーチをしないため髪のダメージも抑えることができるので、髪を守りながらおしゃれを楽しむことができます。

白髪染めを使用したグラデーションカラーの作り方

グラデーションカラーでの白髪染めの方法をご紹介しましたが、ブリーチをする方法によってはグラデーションがしっかりと出てしまい、職場などで馴染むには難しい髪の色になってしまうことがあります。
このようなことにならないためにはどのようにすると自分好みのグラデーションカラーの白髪染めができるのでしょうか。

セルフでグラデーションカラーにする

ブリーチを利用したグラデーションカラーに白髪染めをするには全体的にブリーチにするか、明るくしたい部分を部分的にブリーチして洗髪をします。
その後にカラーを入れていきますが、一色で自然なグラデーションの髪型を作るか、ピンクやブルーなど自然な色と2色を合わせていくことで個性的な髪型を作るかを選んでいきます。
染める時に放置時間を変えていくことでグラデーションに仕上げ洗髪します。
最後にブリーチをしているのでトリートメントなどで髪をしっかりとケアしておく必要があります。
またブリーチをしないで白髪染めでグラデーションカラーをしていく場合には放置時間を調整して染めていきます。

美容院でグラデーションにする

セルフでロングヘア―のグラデーションカラーの白髪染めをしようとすると、毛先が色を吸い込みすぎて髪の中ほどが明るく上下が暗くなってしまうこともあります。
またブリーチでグラデーションカラーをすると髪が傷み、セルフでケアが上手くできていなければさらに髪が傷んでしまい清潔感がなくなります。
ショートヘアでもグラデーションではなく、まだらな仕上がりになってしまうこともあるので、自信のない人は慣れてくるまでは美容院で相談をしながらグラデーションカラーにしていく方が最善かもしれません。

グラデーションカラーのメリット・デメリット

髪型は顔の印象を決める大切なパーツでもあります。
髪型が思うようにいかないとどうしても気分も乗らなくってしまったり、人に会うのが恥ずかしくなったりしてしまいます。
ほんの少しの間と思っても中々、我慢ができないものです。
このように髪型がどう決まるかは大切なポイントですから、グラデーションカラーで白髪染めをしようとする前にメリット・デメリットをチェックしておくことをオススメします。

グラデーションカラーのメリット

グラデーションカラーで白髪染めをすると元々色が一定ではないので白髪が目立ちにくく、そのため通常のカラーで染めるよりは長い期間染めなくても目立たないようになります。
おしゃれを楽しみたいということもですが、忙しくて中々手入れができない人にとっては嬉しい話です。
それ以外にグラデーションカラーのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

明るいカラーの白髪染めが楽しめる

白髪染めは基本的に白髪を隠すために染めるものなのでどうしても暗めの色のカラーが多くなります。
最近、明るめの色の白髪染めも販売されていますが、おしゃれ染めのような明るい色でおしゃれをしたいと思っている人にとっては少し物足りない色になってしまいます。
そういう人にとってグラデーションカラーで染めると明るめの色と暗めの色で白髪を目立ちにくくしているので、全体を明るい色で染めたのと同じような軽やかな髪の色のおしゃれを楽しむことができます。

ヘアカラーのバリエーションが増える

グラデーションカラーは一色で色を変化させていくことや、2色以上を使って色を変化させていくことができるので、一色で染めるよりは色のバリエーションは豊富になります。
根元をブラウン系で毛先にいくにしたがってピンク系やアッシュ系を入れてみたり、根元に黒をいれてブルー系やブラウン系を入れてみたり、さらに色々な色と組み合わせることで新しい魅力的な髪の色が作れるようになります。

白髪染めをしていてもできる

グラデーションカラーは白髪染めをしていても、どのような髪型であってもすることができます。
白髪染めの薬剤を使用するのであれば放置時間を変えることでグラデーションカラーになりますし、ショートやロングの髪型でもチャレンジできます。

グラデーションカラーのデメリット

グラデーションカラーで白髪染めをするとおしゃれな髪型を作ることができますが、その反面、押さえておかなければいけないデメリットもあります。
どのようなデメリットがあるのでしょうか。

髪が傷みやすい

白髪染めでグラデーションカラーにするには最初にブリーチをすることがよくあります。
ブリーチは先ほど解説をしたように薬剤で色素を抜くのでどうしても髪に無理をさせてしまっています。
また通常の白髪染めよりもダメージが強くなることが多く、セルフで白髪染めの後にトリートメントなどでケアをしてもダメージを完全に補修することが難しくなる場合があります。
セルフでもグラデーションカラーに染めることはできますが、時には美容院でしっかりとケアしてもらうことをオススメします。

料金が高くなる

グラデーションカラーにするためにはブリーチをして、色を複数使うようなグラデーションカラーの場合、どうしても通常の白髪染めよりは料金が高くなることが多くなってしまいます。
また一色でグラデーションカラーにする場合でもブリーチ剤を使って白髪染めをすると、同じく料金は高くなってしまいます。

染める時間が長くなる

ブリーチをせずに白髪染めだけでグラデーションカラーに染める場合には、時間がそれほど変わることはありませんが、ブリーチをしてグラデーションカラーをした場合、ブリーチの時間の分だけどうしも時間が長くかかってしまいます。

グラデーションカラーが色落ちを防ぐ対処法

グラデーションカラーは通常の白髪染めよりも色落ちが早くなります。
せっかくきれいなグラデーションカラーにしても一週間ほどで色落ちが目立ってきます。
ピンク系やアッシュ系など明るめの色素量の少ない色ほど早く、洗髪のし過ぎやブリーチで髪が乾燥して傷んでいるためさらに早くなります。
これを防ぐためにはまず、素早くしっかりと乾かしてキューティクルを閉じる必要があります。
ただ色素は熱で分解されて落ちてしまうので、長い時間をかけずに素早く熱をあてて乾かすことが大切です。

まとめ

白髪染めも今では白髪を隠すだけでなく、おしゃれな髪型に染めていくことを求める人が増えています。
そのため色々な商品が販売されており、セルフでも手軽にできるようになりました。
白髪染めでグラデーションカラーをするにはそれなりにコツも必要なので、最初のうちは専門家と相談しながら自身に似合う髪型、髪の色を探しておしゃれを楽しんでいきたいものです。

関連する商品