白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

マイナチュレの評判、メリットやデメリットについて

価格 5,120円〜
タイプ トリートメント
色持ち 1ヶ月程度
安全性
手軽さ 放置時間10分
カラー
バリエーション
2色

薬学博士と毛髪診断士による共同開発により作られた女性専用の育毛剤マイナチュレは、2020年4月までに累計200万本の販売実績があります。

モンドセレクションで金賞を取得している実績があるのも、信頼度を測れるポイントです。

初めて商品購入を考える場合において、効果や使い方などの情報を知っておくと、自身にとって最適なものか判断しやすくなります。

上手に活用できれば、今よりも魅力ある自分に出会えるかもしれません。

公式サイトはこちら

 

「マイナチュレ」の特徴

手軽に綺麗に染めたい人にマイナチュレは選ばれています。

ほとんどが植物由来の成分という点も安心感が持てるポイントです。

安全面に配慮しているため、敏感肌の症状で悩みがちな人も安心して使用できるでしょう。

1回でもしっかりと染まる

2017年11月にマイナチュレを使用した人のアンケートによれば、96.1%もの人が良く染まると実感しています。褪色防止成分も配合しているため、綺麗な髪色が持続します。

しかも、マイナチュレはホホバオイルやアルガンオイルをはじめ、複数の美髪成分が配合されており、使用後は光沢のある髪になります。

主な美髪成分を見てみましょう。

マイナチュレには2種類のケラチンが配合されており、毛髪内部の隙間を2つのケラチンが補いながら修復へと繋げてくれます

また、ヒートプロテクトはドライヤー熱により髪を補修し、疑似CMCという細胞膜複合体はキューティクルの接着を行い、美髪成分の流出を阻止してくれます。

カラートリートメント業界初のオールインワンケア

白髪染めのマイナチュレは、オールインワンカラートリートメントで、1度に4つのケアをしてくれます。

染めた髪を綺麗に見せる効果と綺麗な髪色を持続させる効果による白髪ケア。

髪や頭皮へのダメージを与えることのない、スカルプケア。

他には、髪のダメージをケアするヘアケアと、加齢による頭皮のダメージや臭いを防止するエイジングケアがこの1つで完結します。

やさしさにも配慮

白髪染めのマイナチュレにはトリートメント効果があり、使う回数を重ねるごとに滑らかな指通りや艶が得られます。

効果があるといっても、刺激の強い薬品を使用しているわけではありません。

マイナチュレの原材料の約94%は植物由来で、髪や地肌にやさしい製品となっています。

また、マイナチュレは無添加処方で、合成着色料・シリコン・ジアミン系染料などを含んでいません。

頭皮に優しい成分のみ厳選しているので、皮膚が弱い人でも安心して使用可能です。

「マイナチュレ」はどんな人におすすめ?

2020年までの時点で累計200万本販売した実績を持つマイナチュレは、ヘアケアしながら白髪染めができる商品です。

数ある白髪染めの中でマイナチュレがどんな人におすすめなのかご紹介します。

白髪染めの回数を減らしたい人

2017年11月~2018年1月までに染まり具合のテストをした際、マイナチュレは色の違いを示す色差の数値で34という結果が出ました。

一方で、他社の白髪染めは軒並み30前後、開発責任者が美容師やカラーリストとしての経験を活かして、染まり方にこだわって成分の調節をしたおかげです。

1度でしっかりと染まるので、白髪染めの手間を減らしたい人にはぴったりです。

また、マイナチュレのモニター調査でも、染まり具合が96.1%、色持ちが85.5%と、高い満足度を示しています。

このことからも、染まりのよさ・マイナチュレの持続力の高さがわかります。

ヘアケアも一緒に済ませたい人

白髪染めは何回も使用するうちに髪がパサパサになるなど、髪にダメージが残るものも少なくはありません。

なので、白髪染めを行う人の多くはヘアケアも行っています。

マイナチュレには、HC染料や塩基性染料といった髪へのダメージが少ない成分のみ使用しています。

そのうえ、スカルプケアやエイジングケアの成分も含まれているため、ヘアケアも一緒に済ませたい人にはおすすめです。

 肌が弱い人

皮膚が弱い人・アレルギーがある人の場合、通常の白髪染めを使うと肌荒れや炎症を起こす可能性があり、特にアトピー性皮膚炎を持つ人は化学物質に弱い傾向にあります。

無添加の白髪染めを選ぶことで、このような肌トラブルを避けられます。

しかし、実際に使用しないとわからないケースはあるので、購入して肌に合わなかったら…と心配する人もいるかと思います。

マイナチュレは約94%が植物由来成分で、他の白髪染めと比較して刺激が少ないので安心です。

また、定期コースの申し込みで30日間全額返金保証もあるので、この期間に自分の肌に合うか・しっかりと染まるかを確認できます。

「マイナチュレ」のメリット・デメリットは?

髪に優しい白髪染めとしてマイナチュレは認知されており、今日まで多くの人から利用されています。

メリット・デメリットについて見てみましょう。

メリット

 安全性の高さ

マイナチュレは安心して使えるよう、3つのテストをしっかりと行っています。

この3つのテストは皮膚科医専門医が厳しくチェックしているもので、安全性の高さを消費者が確かめる指標となります。

皮膚の炎症反応を示すパッチテストでは皮膚に炎症が起こるかを判定します。

カラートリートメントを塗り、24時間放置しても赤身や腫れがないことが証明されています。

RIPT試験では染料塗布を連続で行い、アレルギーが出るかを判定します。

スティンギングテストは敏感肌の人を対象にしたテストです。

敏感肌の人にカラートリートメントを塗り、かゆみが出るか、痛みがでるかを確認します。

1回の染めるだけでも綺麗に染まりやすい

マイナチュレは、色の違いを示す色差の数値で他社よりも高い評価が出ています。

白髪の量などで個人差は出ますが、1回だけでも綺麗に染まりやすいです。

ただし、1回あたりの使用量が少ないとムラができやすいので注意しましょう。

1回あたりの使用量は、髪型がショートなら30g、セミロングは35g、ロングは40gが目安です。

詳しい使い方は後ほどご紹介します。

デメリット

 返金保証を受けるには条件がある

使用をしてみて効果が感じられないなどの理由で返品を希望する場合、返金保証制度が受けられます。商品注文日から30日以内に返金保証窓口へ連絡をしてください。

返金してもらうには、定期コース初回注文時からの商品の容器と明細書、指定の質問に答えたアンケート用紙の3点を提出する必要があり、どれか欠けると返金保証を受けられません。

さらに、返金申請書が届いた後14日過ぎた場合でも、返金保証を受けられないので注意しましょう。

アンケートを答える場合、どのような使用を行ったかなど、明確な回答をするようにしましょう。

また、アレルギーが出たり肌に合わなかったりした場合でも、可能であれば写真を添付するのも1つの方法です。

顔など肌につくと落ちにくい

マイナチュレの染料は、乾燥した肌には特に色が残りやすい傾向にあります。

製品と一緒に専用の手袋が付いてくるので、必ずこの手袋を使用しましょう。

予め手袋装着や使用前にハンドクリームやオイルを用いて保湿を行うと、着色の予防効果がより高まります。

万が一染色が付着した場合は、できるだけ早く石鹸やシャンプーなどを使用して洗い流してください。

「マイナチュレ」の評判・口コミは?

マイナチュレは、今日まで多くの人に利用されてきました。実際に使用した人の評判・口コミも、商品選びの参考に活用をしてみましょう。

髪が傷みにくい

白髪染めなのに、マイナチュレは頭皮・髪に優しい成分が配合されているので、髪の傷みが少なくて済むとの声が挙がっています。

開発責任者は15年間美容師勤務の実績を生かし、髪の傷み軽減を考慮しながら開発したそうです。

しかも使うほど、髪の質が良くなるとの声もあります。

コスパがいい

実際に使用している人の中には、ヘアサロンでカラーリングをする頻度が減った方もいます。

染まりがいい上、髪の質をよくしてくれるので、ヘアサロンに行く回数が自然と減るようです。

白髪染めの用途で美容院に行くと、1回あたりの施術料金が高額になりがちですが、マイナチュレであれば費用面の節約もできるでしょう。

マイナチュレ1本あたりの使用回数は、ロングの人で約5回分となるので、髪が長い人でも1ヶ月は十分使えます。

生え際に白髪が多い人には効果薄い?

生え際に白髪が多い人が白髪染めやヘアカラーをしても、効果が薄いと感じて敬遠してしまう場合があります。マイナチュレも白髪が軽度の人であれば、1回の白髪染めで効果が出るようです。

しかし、口コミなどを見ていると、頭頂部の白髪で悩む人で、マイナチュレ1回の使用では染まりきらなかったという人も見られました。1回で綺麗に染まるといっても個人差はあるようです。

公式サイトでは、1回で好みの色にならなかった場合、3~5日間連続で使用し、好みの髪色になったら週1~2回のペースで使用することをおすすめしています。

定期コースに加入すれば、7大特典の1つである毛髪診断士と美容師が考案した使い方の冊子と動画が届きますのでそちらも是非参考にしましょう。

「マイナチュレ」の使い方は?

正しく使い、綺麗に染められるよう、使い方のポイントを紹介します。

5ステップで簡単!

髪や地肌に優しいマイナチュレですが、より効果的な使い方をするためのポイントを確認しましょう。

シャンプーをした後に付属の手袋を装着してから、髪を複数のパーツに分けて塗ってください。

マイナチュレを手に取る量が1回5gとすれば、ショートで6回、セミロングで7回、ロングで8回が目安です。

生え際やつむじなど気になる部分から先に塗っていくと、髪に馴染みやすく、美しく染まりやすくなります。

色ムラの予防や染色を良くするために、髪をかき上げて全体に馴染ませてから10分間置きます。

ロングなど髪が長い人は髪留めでまとめておくと、身体や服に色がついてしまうのを防げます。

色を落とす前に、洗面器にお湯を溜めておきます。

少量ずつ手に取り、髪に染みこませるようにして、髪についたマイナチュレとお湯を混ぜ合わせて、ヌメリを落とします。

完了したら、シャワーなどで色が出なくなるまですすいでください。

タオルで水気を拭き取り、ドライヤーで内側までしっかりと乾かすと、服などに色移りするのを防げます。

これで白髪染めが完了となります。

お風呂場を汚さないコツ

マイナチュレによる白髪染めをする場合、お風呂場ですると浴槽や鏡などを汚してしまう可能性があります。

できるだけ汚れを防ぐためのポイントをお伝えします。

マイナチュレをはじめカラートリートメントは、水分が含まれると色落ちをしやすくします。

浴槽や鏡など染料で汚したくない場所は、染める前に水で濡らしておきましょう。特に心配な場所があれば、洗剤を掛けておけばより染料がつきにくくなります。

もし浴槽や鏡などに染料がついてしまった場合、できるだけ早く洗い流してください。

 

公式サイトはこちら

 

関連する商品