白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

ラジャスタンヘナの評判、メリットやデメリットについて

rajhastan-henna
価格 1,000円〜
タイプ ヘナ
色持ち 2週間〜1ヶ月程度
安全性
手軽さ 放置時間60分
カラー
バリエーション
2色

今まで白髪染めをして、頭皮の痒みやかぶれなどの症状で悩んだ人もいるかと思います。

天然植物だけで白髪を染めるラジャスタンヘナは、肌が弱い人でも安心して使用できます。

そのうえ、綺麗な髪色に仕上がることや美しく染まるとの評判も多く受けている商品です。

また、初めての人でも簡単に使用できます。

各種詳しく確認を行い、よりおしゃれかつ健康な髪の自分に出会いませんか。

公式サイトはこちら

 

ラジャスタンヘナの特徴

インド産の厳選したヘナを使用して商品の製造をしているラジャスタンヘナについて紹介します。

管理面を徹底し、高品質の商品を提供していることは、安心感を抱けるポイントです。

商品や成分の特徴

商品の基本情報

ラジャスタンヘナのカラーは、ブラウン系とオレンジの2種類です。天然ヘナをパウダー状に粉末しており、髪への浸透性の良さを体感できるでしょう。

ローソニアという白髪を染めてくれる染色成分が2.2%も含まれています

また、ヘナの品質ランクはAを取得しており、最高ランクの評価です。使用するヘナの原料は、インドラジャスタン州ソジャット産のヘナと木藍で、新鮮な状態で使用しています。

次に、カラーや使用量についての情報や白髪を綺麗に染めるためのコツを紹介します。

カラーと使用量について詳しく

ヘナ100%であれば、オレンジ系の1色しかできませんが、木藍を使用しているため、ブラウン色のバリエーションも。

特にラジャスタンヘナのミディアムブラウンであれば自然な髪色に近い濃い目のブラウンに染まります。

白髪染めをした際、最初は髪が緑~青色になりますが、時間が経てば黒茶色に染まります。

他には、ナチュラルブラウンやダークブラウンがあります。

明るめの色に仕上げたい人向けに、ナチュラルオレンジがあります。

少し控えめな色に仕上げたい人は、ブラウン系のヘナとブレンドして白髪染めをするのも良いでしょう。

ちなみにラジャスタンヘナの商品は1袋の中に100g入っており、ショートで約3回、髪が肩に掛かるくらいのミディアムで2回、ロングで1回の使用量が目安です。

2度塗りなら白髪が良く染まる?

天然のヘナを用いて製造したラジャスタンヘナは、2度塗りすることでムラなく染まる可能性を高めてくれます。

白髪染めをする場合に1色だけ使用するのもありですが、オレンジ系とブラウン系を混ぜながらに使い分けるのも良いでしょう。

なお、より効果を出したい場合は、ラジャスタンヘナで1度目の白髪染めをした後は、その直後若しくは翌日までに2度目をするのをオススメします。

品質管理や安全性の対策も徹底している

ヘナをパウダー状にして販売しているラジャスタンヘナ。

防腐剤や合成界面活性剤のような化学成分を使用していないうえ、純粋な植物原料で製造された新鮮な製品です。

これまで、製造者は無添加への拘りを持って商品開発をしました。

インドと日本それぞれで成分検査を実施しており、化学成分が検出されないための対策は欠かしていません。

特にインドの工場で入念な不純物の除去作業をしています。

なお、通常のヘアカラーであればキューティクルという保護膜を破壊して染めますが、ラジャスタンヘナなら膜を保護する効果を発揮します。髪を傷めるリスクが無いのも、安心感を抱ける理由です。

ちなみに、白髪染めを続けていくと白髪が目立たなくなるだけでなく、艶のある髪に仕上がります。

他には、商品を梱包する際にアルミパウチで密封しています。

湿気や日光による劣化を防げるため、長期間保存しても安心です。

 

ラジャスタンヘナはどんな人にオススメ?

肌が弱いのを理由に白髪染めを諦めた人には、ラジャスタンヘナの使用はオススメです。

また、商品のカラーバリエーションについても確認してみましょう。

肌が弱い人にオススメ

これまで白髪染めの使用で肌のかぶれや痒み、アレルギーなどの症状を経験した方もいるかと思います。

ラジャスタンヘナは、100%の天然原料のヘナだけを使用しているうえ、防腐剤や着色剤のような化学物質が含まれていません。白髪染めをした際に頭皮に塗ってしまった場合でも、頭皮汚れを洗浄できるうえ、皮膚の引き締め効果も得られます。

ただし、白髪染め剤を長時間放置しても皮膚が褐色に染まるかもしれないので、必要以上の放置は避けましょう。

他には、使用により植物アレルギーが出る可能性があるため、使用前のパッチテストはしてください。

初めてラジャスタンヘナを購入する人向けに、送料無料・税込880円からのお試し価格で商品の販売をしています。

かゆみやアレルギー反応が出た場合は、商品到着5日以内に連絡をすれば全額返金保証が受けられます。

白髪を自分にぴったりの色に染めたい人

混ぜて使ってもOK

ラジャスタンヘナの白髪染めの種類について確認をしましょう。黒に近い濃い目の茶色にしたい人はダークブラウン、白髪が多めの人はナチュラルブラウン、自然な褐色系の髪色にしたい場合はミディアムブラウンがオススメ。

より明るい色に白髪染めしたい人向けには、ナチュラルオレンジを販売しています。

一色ずつで染めるのも良いですが、慣れてきた段階で2つのカラーを混ぜて白髪染めすることも可能です。

使い続けることで、自分に合った髪色が見つかります。または1度目と2度目で色を変えて染めている方もいらっしゃいます。

なお、200gずつ入っている2袋セットを購入すれば、1袋あたりの値段がお得になります。

黒色に近い色に染めたい時は?

ヘナと木藍を基に製造しているラジャスタンヘナ。

白髪染めをする際に黒色に染めたいと考える人はいるかもしれませんが、純粋な黒色に染めることはできません。

なぜなら、製造する際に木藍の割合を増やすと、トリートメント効果を失う原因になるためです。

ダメージが出てしまうことで、仕上がりにもマイナスの影響が出やすくなります。

黒色に近い髪色にしたい場合は、ダークブラウンを選べば濃い目の黒茶色に仕上がるので、それを選ぶようにしましょう。しかし、仕上がりには個人差が出るので注意してください。

 

ラジャスタンヘナのメリット・デメリットは?

ラジャスタンヘナのメリットとデメリットを比較すれば、更に商品のイメージを抱きやすくなるでしょう。

メリット

使い続けると短時間で染まる

ラジャスタンヘナの使い始めでは、浸透させるために最低1時間は置くようにします。

しかし、使い続けると髪色だけでなく髪艶の良さも体感できます。

その場合は、40分置いただけで十分な効果が得られるため、白髪染めに掛かる時間は短縮します。

ただし個人差はあるので、40分で染まらないなら放置時間を長くしてみましょう。

関連商品を購入しなくても効果を高められる

折角ラジャスタンヘナを使用するなら、より効果を高めたい所。塗った後に髪全体をラップで覆ったうえで保温させましょう。

温かなタオルの使用やドライヤーで髪を温めることで高い効果が見込めます。

髪の根元は隙間ができやすくヘナが乾燥すれば染まりにくくなります。気になる人は、できるだけ根元に多めに塗ることをオススメします。

他には、ヘッドマッサージをした後にラジャスタンヘナを塗れば頭皮の血行促進効果が出て、髪に色が付きやすくなります。

デメリット

軋みが出てしまう?

ラジャスタンヘナの使用をすれば、軋みが出たと感じるかもしれません。

しかし、ヘナによる引き締め作用の効果を発揮している状態なので安心してください。

最初は不安に感じるかもしれませんが、使い続けることで髪艶の良い状態を実感できるでしょう。

色が落ちやすい?

ラジャスタンヘナは、ケラチンという毛髪の主成分が反応することで髪全体が茶色やオレンジに変わる仕組みの白髪染めです。

一度色が変わった場合は白髪にはなりませんが、新陳代謝のアップの効果が出たり、洗髪を繰り返したりすると、染まった色が薄くなる傾向にあります。

特に温泉のお湯や水道水を用いて洗髪をしたときは、水に塩素が含まれている分、色落ちに影響を及ぼしかねません。

色落ちが気になる場合は、2週間~1ヶ月の間隔で白髪染めをしてください。

 

ラジャスタンヘナの評判・口コミは?

これまでに様々な人がラジャスタンヘナを使用してきました。掲載中の評判や口コミを元に、商品について詳しく説明を行います。

生え際が染まらないのを心配する人へ

たとえ全体の髪色が綺麗に染まっても、生え際に白髪が残ってしまう場合があります。意外と目立つのでしっかりと根本まで染めたい所。

ラジャスタンヘナを長年使用している人は、生え際を多めに塗っており、少なくても2度塗りするのがオススメです。

また、白髪染めをする前にドライヤーや温かなタオルの使用をすれば、生え際も染まりやすくなるようです。

根元が浮いてしまうと肌に付くかもしれませんが、化粧用コットンやティッシュで押さえておくと防げます。肌に付いてしまった場合は、できるだけ早めに洗い流しや拭き取り作業をしてください。

あまり効果が出ない?

ラジャスタンヘナの使用者の中には、1度目で説明書通りに使用しても効果が出なかったとの口コミがあります。

しかし、効果には個人差があるため、白髪が多い人は1度で綺麗に染まらないかもしれません。

他には、最初の方は置き時間を2時間以上にするのも1つの方法です。

さまざまな方法で複数回試しきながら使い続けると綺麗に染まるとの声もあるため、先ずは2~3回続けてみてはどうでしょうか?

他には、新陳代謝上がり髪が早く伸びたり、毎日洗髪をしたりすれば、短期間で色落ちが出るかもしれません。

しかし、複数回使用すれば頭皮から髪色が浸透するはずです。

また、紫外線によるダメージを受けて色落ちする可能性も。

日差しが強い日に外出するなら、帽子や日傘を被るなどの対策をしてみましょう。

 

ラジャスタンヘナの使い方は?

初めてラジャスタンヘナを購入する人は、上手に白髪染めできるかについて不安を抱くかもしれません。

使い方のコツを紹介するので、参考にしたうえで白髪染めをしてみてはいかがでしょうか。

染める際の流れ

ラジャスタンヘナを使用する場合、ヘナパウダーをボウルに入れて40℃程度のお湯を入れて混ぜます。柔らかなペースト状になるまで混ぜていきましょう。

混ぜ終わった後は、髪全体に塗っていきます。

生え際が気になる場合は、2度塗りをし、量を多めにするのがポイント。

髪全体をラップや温かなタオルで覆い、ラップの上から空気を出すように押さえましょう。

最初は最低でも1時間程度置くと良いですが、複数回使用した人は40分でもよく染まるようになります。

洗い流しを行い、タオルドライをした後自然乾燥をすれば白髪染めは完了です。

より効果を出すためのポイントと注意事項

1度で白髪染めの効果は出るかもしれませんが、白髪が多い人や仕上がりに不安がある人は2度染めをしてみましょう。

より発色効果が高まるうえ定着しやすくなります。トリートメント効果も得られるため、綺麗な髪艶になるでしょう。

毎日シャンプーやリンスを用いて洗髪をする人は多いですが、それらにコーティング剤が含まれている場合があります。

ヘナの効果を下げてしまい、綺麗な白髪染めができない可能性が高まります。

ラジャスタンヘナで白髪染めをするなら、無添加シャンプーやコーティング剤が含まれていないシャンプー・リンスの使用をオススメします。

頭皮や髪にやさしいとされる石鹸シャンプーをお使いの方もいらっしゃるかもしれません。

石鹸シャンプーは洗浄力が強いので、ヘナの色落ちを早めてしまいます。白髪染めの頻度を上げるなどで対応しましょう。

また、美容院でカラーやパーマの施術をした人は、髪がコーティングされており白髪染めの効果を下げます。

施術後最低でも1週間以上の間隔を空けてから白髪染めを行いましょう。

 

公式サイトはこちら

 

関連する商品