白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

【2023年】白髪染めは髪にダメージがある?傷まない白髪染め10選をご紹介!

髪が痛みにくい ランキング  

白髪は定期的に染める必要があるため、髪への傷みが気になるという方は多いです。
ご自身に合った白髪染めを選ぶことで、髪の毛を労わりながら白髪ケアを行うことができます。

この記事では、白髪染めが髪の毛にダメージを与える原因や、あまり傷まない白髪染めの選び方をご紹介していきます。
髪へのダメージを抑える方法も解説していますので、白髪ケアと同時に美しい髪をキープしたい方はぜひ参考にしてください。

白髪染めで髪が傷む原因

白髪染めによる髪の傷みを解決するためには、まずは原因を知ることが大切です。
白髪染めによって髪が傷んでしまう原因には主に以下の3つがあります。

刺激が強い化学物質

市販の白髪染めのうち、特に1剤と2剤を混合して使用するタイプの白髪染めには様々な化学物質が含まれています。
化学物質は身体に強い刺激を与えるものが多く、特にジアミンとアルカリ剤はダメージが大きい成分として知られています。

ジアミンは発色や着色を高めるために使われる化学物質です。
ジアミンにも様々な種類がありますが、特に「パラフェニレンジアミン」と呼ばれる成分は毒性が強く、髪の毛にダメージを与えるだけでなく、アレルギーを引き起こす原因にもなるため注意しなければなりません。

アルカリ剤は髪の毛のキューティクルを開くために使用されている成分です。
髪の毛の内側にカラー剤を染み込ませるためには、髪の毛を保護しているキューティクルを開く必要があります。
そのため、2剤式の白髪染めにおいてアルカリ剤は必要な成分として使われていますが、キューティクルが開いたままになることで髪の毛がダメージを受けてしまいます。
アルカリ剤もジアミンと同様に、人によってはアレルギー症状が出る可能性がある成分です。

白髪染めによるアレルギーに関しては以下のページでも詳しく説明していますので、ぜひこちらもご覧ください。

染める頻度が多すぎる

白髪は黒髪の色とのギャップがあることで伸びてきた部分が気になりやすく、つい頻繁に染めてしまう方も多いようです。

しかし、白髪染めを繰り返すことで髪の毛がダメージを受けるだけでなく、頭皮の健康も損なわれるため、結果的に白髪が増える原因にもつながる可能性もあります。

白髪の量や髪が伸びるスピードに個人差はありますが、髪へのダメージを考えると少なくとも1ヶ月は間隔を空けるのがベターです。

全体染めによる負担

白髪染めの方法として、伸びてきた根本だけを染めるリタッチと、全体を染めるフルカラーがあります。

セルフで白髪染めをする場合は全体を染める方が手軽にできることもあり、全体染め(フルカラー)を選ぶ方が多いように思います。
しかし、全体染めを繰り返すことで髪へのダメージが進んでしまうため注意が必要です。

全体染めは過去に染めた部分までカラー剤がついてしまうので、毛先になればなるほどカラーリングの回数が蓄積されていき、ダメージが目立ってしまいます。
全体染めには色ムラを改善できるといったメリットもありますが、全体染めによる髪への負担も考慮することが大切です。

ご自身の髪の毛の状態に合わせて、その時々で適した方法を選ぶと良いでしょう。

髪が傷みにくい白髪染めの選びかた

市販の白髪染めは髪が傷みやすいというイメージを持たれている方も多いですが、すべての白髪染めが髪に大きなダメージを与えるというわけではありません。
ご自身の髪の状態に適した傷みにくい商品を選ぶことで、ダメージを軽減することが可能です。

ここではなるべく髪が傷まない髪染めの選び方をご紹介します。

50代ならではの白髪染めの選び方や、セルフで綺麗に染めるコツを紹介した記事もあるので、こちらも是非ご覧ください。

配合成分をチェック

髪の毛に最も強いダメージを与えるのが、化学物質であるジアミンとアルカリ剤です。
そのため、白髪染めを選ぶ際には成分表を見て、このような化学物質が含まれていないかをチェックしましょう。

「ノンジアミン」や「ノンアルカリ」と記載されている商品だと比較的髪の毛へのダメージは少なくなります。
ただし、その他の化学物質も髪にダメージを与える場合があるので、よりダメージを抑えるためには自然由来の成分で作られている商品などを選んでおくと安心です。

色持ちの良さ

傷みにくい成分で作られている白髪染めであっても、全くダメージがないわけではありません。
そのため、すぐに色落ちしてしまう白髪染めを使用した場合は頻繁に染める必要が出てくるため、結果的に髪が傷んでしまいます。

髪へのダメージを避けるためには、できるだけ色持ちの良いタイプを選ぶようにしましょう。

以下のページでは、色落ちしにくい白髪染めについてご紹介しています。

リタッチができるタイプ

定期的な白髪染めにおいて、全体染めは毛先が傷みやすいのがデメリットとなります。

伸びてきた部分だけをリタッチできるタイプだと、本来染める必要のない部分を避けて染められるのでダメージを抑えることができるでしょう。

ただし、ムラのないきれいな仕上がりにするために全体染めが適している場合もあるので、白髪染めを選ぶ際には全体染め・リタッチどちらにも対応しているタイプだと使い分けができて便利です。

例えば、1ヶ月に1回程度の間隔で伸びてきた部分のリタッチを行い、3ヶ月に1度を目安に全体の色を整えるために全体染めをするなど、バランスよくカラーリングをすることで髪の毛をダメージから守りつつ、きれいな色も維持できるようになります。

ダメージ別の白髪染めタイプ

全く髪の毛が傷まない白髪染めはありませんが、できるだけ傷みにくい白髪染めを選ぶことで髪の健康を守ることができます。
それぞれの特徴を知った上で、ご自身に合ったタイプを選ぶことが大切です。
以下でそれぞれの白髪染めタイプを見ていきましょう。

2剤式ヘアカラー

市販の白髪染めで一般的に知られている、1剤と2剤を混合させて使用するタイプです。
染色力が高いため1回でしっかり染まるのはメリットですが、髪の毛へのダメージはその他の白髪染めに比べて最もダメージが大きいため、極力避けるべきタイプだと言えます。

2剤式ヘアカラーは髪の毛だけでなく頭皮にも悪影響を与える成分が多く含まれており、アレルギーを引き起こす危険性もあります。
敏感肌やアレルギー体質の方だけでなく、今は健康な方でも継続して使うことで反応が出る恐れもあるので注意が必要です。

泡カラー

ポンプ式の容器で、カラー剤が泡の状態で出てくるタイプの白髪染めです。
泡で髪全体を染めるタイプなので、基本的にはリタッチができません。

2剤式ヘアカラーに比べればダメージ度は低いものの、泡カラーには界面活性剤が含まれているため繰り返し使用することで髪が傷む可能性があります。
また、敏感肌の方は頭皮の乾燥が気になる場合もあるでしょう。

ヘアマニキュア

アルカリ剤不使用で、キューティクルを開く作用がないため比較的ダメージが少ないのがヘアマニキュアです。
髪の毛をコーティングするように染められるため、使用直後はツヤ感や指通りの良さを実感できるのが特徴です。

ただし、ヘアマニキュアにはベンジルアルコールが含まれており、このアルコールの作用によって時間の経過とともにパサつきが気になってくることがあります。
表面だけに色をつけるタイプなので、色持ちに関しては他のアイテムよりも劣ります。

ヘアトリートメント

使うたびに少しずつ白髪が染まっていくタイプがヘアトリートメントです。
トリートメントと名前が付いているだけあって、髪の毛を労わりながら白髪を染められます。

色を維持するためには継続的に使用する必要があるので、普段あまり時間をとれない方は扱いにくいタイプと言えるでしょう。

ヘナ

植物成分でできているため髪へのダメージが低く、安全性も高いのがヘナです。

ヘナ本来の色素はオレンジ系ですが、その他の植物成分を配合することによって様々なカラーバリエーションを揃えた商品も出ています。
使用する分量を調節できるので、リタッチと全体染めの両方ができるのも特徴です。

ただし、ヘナカラーの中にも化学成分が含まれているタイプやヘナ自体の質が悪い商品は髪の毛にダメージを与える可能性があるので、選ぶ際には注意してください。

白髪隠し

白髪隠しは、白髪染めとは仕組みが異なりますが、髪を傷めずに白髪をケアできるタイプです。
白髪隠しにはマスカラ、ファンデーション、スプレータイプなど様々な種類がありますが、いずれもシャンプーで簡単に落とすことができます。

髪の毛へのダメージが少ないのはメリットですが、毎回塗り直す必要があるため面倒に感じる方もいるでしょう。

傷みにくい白髪染めを選ぶメリット

なるべく髪が傷まない白髪染めを選ぶことは見た目の美しさはもちろんのこと、それ以外にも様々なメリットがあります。
どのようなメリットがあるのか、ここでは具体的にご紹介していきます。

美しい髪を維持できる

まずは何と言っても、髪の毛をダメージから守ることで美しい髪の毛を維持できるというのが最大のメリットです。
せっかく白髪を染めても、髪の毛にツヤやハリがなく老けたイメージになってしまっては意味がありません。
白髪ケアと同時に、髪の毛の健康を保てる白髪染めを選ぶことが大切です。

アレルギーリスクを軽減できる

髪の毛が傷むということは、頭皮も同様にダメージを受けているということになります。

特に化学物質が含まれた白髪染めによってアレルギーを発症する恐れもあり、継続的に使用することによってある日突然アレルギー症状が出てしまう場合もあります。

そのため、今は特に症状がないという方でも、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶことでアレルギーのリスクを軽減することができます。

アレルギーは一度発症しまうと基本的には治すことが難しいだけでなく、場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こし、命に関わる危険性もあります。

頭皮の健康を保つことは髪の毛の健康にもつながり、白髪の増加を防ぎ、美しい髪の毛の維持にも効果的です。

ダメージを抑える方法

白髪染めの種類によってはカラーバリエーションが少なく、どうしてもダメージが大きい白髪染めを使用したいという方もいるかと思います。
ここではそのような方にオススメの、髪へのダメージを抑える方法をご紹介します。

染める頻度と範囲に注意する

染める頻度が多ければ多いほどそれだけ髪が傷んでしまうので、なるべく間隔をあけるように気をつけましょう。

また、毎回全体的にカラー剤を塗ることによって、重複した部分のダメージが進んでしまいます。
リタッチや部分染めを取り入れながら、できるだけ髪への負担が少ない状態で行なっていくのがオススメです。

頭皮にカラー剤が付くことも髪の健康状態の悪化につながるため、カラー剤を塗る際にはできるだけ頭皮に直接付かないようにすることもダメージから守るコツです。

ただし、セルフで作業をするにはテクニックが必要なので、ご自身で行うのが難しい場合は美容室に相談するのが良いでしょう。

乳化とすすぎ

カラー剤を塗り、放置時間が経過した後に少量のお湯を付けてカラー剤を髪全体に揉み込む作業を乳化といいます。

乳化は色の定着を高め、色持ちを良くする効果があります。
色持ちを良くすることで染める頻度を減らせるため、髪のダメージを抑えたい方にはぜひ取り入れていただきたいテクニックです。

また、染めた後にカラー剤のすすぎがしっかりできていないことも傷みの原因の1つ。
カラー剤が残っていると傷みが進んでしまうだけでなく、頭皮のトラブルにもなりかねません。

乳化をしたらたっぷりのお湯ですすぎ、その後は泡立てたシャンプーで優しく洗い、カラー剤をしっかり洗い流しましょう。

ヘアケアもしっかり

傷みにくい白髪染めを選ぶだけでなく、日頃のヘアケアもしっかり行うことで髪の毛をダメージから守ることができます。

そのため、普段使用しているシャンプーやトリートメントなどのヘアケアアイテムが髪に優しい成分でできているかチェックすることも重要なポイント。
カラーケアシャンプーなど、髪の毛の補修成分が配合されているタイプだと髪を守りながら色持ちアップにもつながるのでオススメです。

また、白髪染め商品の中には専用のシャンプーやトリートメントを扱っているものがあるので、併用して使うのも効果的。
日々のヘアケアを積み重ねて、健康で美しい髪をキープしましょう。

参考URL:mokumokuto STORE

傷みにくいオススメ白髪染め10選

以下で髪が傷みにくいオススメの白髪染めをご紹介していきます。
ダメージを与える度合いから色持ちの良さ、カラーバリエーションなど様々な種類がありますが、それぞれの商品の特徴を知り、ご自身に合った白髪染めを選ぶことが大切です。

一覧表の下に商品詳細ページ、または公式サイトのリンクがありますのでそちらもぜひご覧ください。

 

※左右にスライドしてご確認ください。

商品名 木木と(もくもくと) 利尻昆布ヘアカラートリートメント LPLP(ルプルプ) パーフェクトハーブヘナ グリーンノートヘナ マイナチュレ デイラルカラー ROOT VANISH ロレアルパリ エクセランス スティーブンノル カラークチュール
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
価格 3,600円〜 2,200円〜 3,300円 1,980円〜 1,650円〜 5,120円 7,260円 4,930円 1,540円〜 1,200円〜
染める時間 45分 10分 30分 40分〜90分 45分 10分 3〜10分 30分 30分 25分
カラー
バリエーション
7色 4色 2色 5色 8色 2色 4色 3色 19色 12色

木木と
(もくもくと)

木木と 評判

おすすめ度 ★★★★★
価格 3,600円
タイプ ヘナ
染める時間 45分
カラー
バリエーション
7色

木木と(もくもくと)とは?

木木と(もくもくと)は髪のダメージが気になる方や予防したい方、若々しい髪に戻りたい方に特にオススメです!

白髪を染めるだけでなく、修復効果により髪にハリやコシ、ツヤが出ます。

またクレンジング効果もあり、毛穴の汚れや詰まり解消なども期待できる商品です。

カラーも7種類あり、バリエーションも豊富です!

ダメージを気にして白髪染めを諦めていた方も、ぜひお試しください!

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

利尻カラートリートメント

利尻カラートリートメント 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 2,200円〜
タイプ トリートメント
染める時間 10〜20分
カラー
バリエーション
4色

利尻カラートリートメントとは?

利尻ヘアカラートリートメントは安全性の高い成分を使っているのでどんな年代の方でも使いやすくなっております。

フコイダンという成分が髪にハリとコシを与えるとともに、髪のダメージ修復をしてくれます。

こちらの商品はトリートメントであるため、時間もそこまでかからず、ダメージを修復しながら白髪染めができるため、大人気の商品となっております。

髪の表面に付着し、中を染めることはないので使用する際は、注意が必要です。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

LPLP(ルプルプ)

LPLP 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 3,300円
タイプ トリートメント
染める時間 30分
カラー
バリエーション
2色

LPLP(ルプルプ)とは?

LPLPは植物由来の天然色素を使用しており、肌に触れても大丈夫なほど優しい成分で作られています。

皮膚が弱い人やアレルギー症状のある人でも安心して使用しやすく幅広い女性層から支持されております。

また美髪への効果が期待できる有効成分が複数配合されており、ダメージ補修はもちろん、育毛効果を促してくれる成分も配合されており、薄毛で悩む人にもオススメです!

シャンプーの成分によって染まり具合が悪くなりかねないので考慮が必要です。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

パーフェクトヘナ

パーフェクトヘナ 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 1,980円〜
タイプ ヘナ
染める時間 40〜90分
カラー
バリエーション
5色

パーフェクトヘナとは?

パーフェクトハーブヘナはオーガニックヘナであり、有機栽培されたヘナで、科学肥料や農薬を使用せずに作られているため、敏感肌やアレルギーの方でも安心して使いやすい白髪染めと言われております。

ローソンという成分が含まれており、髪の表面をコートし、傷んだ髪でもツヤやハリを出してくれます。

審査の厳しい認証を3各国で取得しており、信頼性の高い商品です。

自然由来の成分からできているため、染めてすぐに見本のような色にはならないので注意しましょう。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

グリーンノートヘナ

グリーンノートヘナ 評判

おすすめ度 ★★★★
価格 1,650円〜
タイプ ヘナ
染める時間 45分
カラー
バリエーション
8色

グリーンノートヘナとは?

グリーンノートヘナは日本のメーカーとして初めてオーガニック認証を取得した商品です。

天然素材を主原料とした体に優しいカラー剤で、髪へのダメージはもちろん、肌のこともとことん考えられた商品となっています。

オーガニックヘナであり、髪へのダメージが少ないだけでなく頭皮の負担も少ないため、頭皮環境が整い髪の毛が元気になり、ハリやコシが戻ってきます。

高品質で評判の高いグリーンノートヘナですが、ヘナ独特の匂いがあるので、知っておく必要はあると思います。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

マイナチュレ

マイナチュレ 評判

おすすめ度 ★★★
価格 5,120円
タイプ トリートメント
染める時間 10分
カラー
バリエーション
2色

マイナチュレとは?

マイナチュレには2種類のケラチンが配合されており、毛髪内部の隙間を補いながら修復してくれます。

HC染料や塩基性染料といった髪へのダメージが少ない成分のみを使用しており、傷みにくい白髪染めとなっております。

また1回でしっかりと染まるため、白髪染めの回数を減らすこともできるため、髪へのダメージが少なくなると言えるでしょう。

実際に染めるときにマイナチュレは色が残りやすいため、汚れた際はすぐに拭き取りましょう。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

デイラルカラー

デイラルカラー 評判

おすすめ度 ★★★
価格 7,260円
タイプ トリートメント
染める時間 3〜10分
カラー
バリエーション
4色

デイラルカラーとは?

デイラカラーは白髪染めトリートメントなのでカラーをしたいけど髪を傷めたくない人にオススメです。

カラーバリエーションは少ないですが、短い時間で染めることができるため、結果的にダメージを抑えることにもつながります。

また頭皮に優しい成分を配合しているため、連続して使用することができるのもオススメできるポイントです。

定期購入ができるが、万が一効果がない際の返金請求に手間がかかるので、注意が必要です。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

ROOT VANISH

ROOT VANISH 評判

おすすめ度 ★★★
価格 4,930円
タイプ トリートメント
染める時間 30分
カラー
バリエーション
3色

ROOT VANISHとは?

ROOT VANISHは男女兼用で気軽に使いやすい白髪添めトリートメントです。

髪と頭皮の健康を考え原材料にこだわりを持っており、髪を大切にしたい方にオススメです。

ROOT VANISHは22種の有効成分が配合されており、白髪を染めるだけではなく、髪を労わりながら美しい状態を維持します。

他の白髪染めと比べ価格が高いため、よく検討して購入しましょう。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

ロレアルパリ エクセランス

ロレアルパリ 評判

おすすめ度 ★★★
価格 1,540円
タイプ トリートメント
染める時間 30分
カラー
バリエーション
19色

ロレアルパリ エクセランスとは?

ロレアルパリ エクセランスは、ロレアルパリ史上初のトリプルケア成分配合のクリームタイプのヘアカラーです。

トリプルケア成分を配合しており、紙のダメージを抑え、潤いとツヤを与えてくれます。

付属品も充実しており、初めてセルフの白髪染めに挑戦する方にもオススメです。

他の白髪染めに比べて色落ちが気になるとの口コミもあるので、注意が必要です。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

スティーブンノル カラークチュール

スティーブンノル 評判

おすすめ度 ★★★
価格 1,200円〜
タイプ クリーム
染める時間 25分
カラー
バリエーション
12色

スティーブンノル カラークチュールとは?

スティーブンノル カラークチュールは、サロン監修の評判が高い商品となっております。

髪へダメージをアタセルアルカリ成分をできるだけ減らして作られているので、髪へのダメージを軽減できます。

色むらがなく髪が傷みにくいとの口コミも多く、オススメできる商品のひとつです。

2種類の薬剤を混ぜて使用するため、他の商品より手間がかかると思われるかもしれません。

 

詳しくは商品詳細ページへ

公式サイトはこちら

関連する商品