白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト

Belle

白髪染め情報サイト
について

白髪染め情報サイト-Belle

Belle(ベル)はフランス語で「美しい」の意味を持ちます。
現美容師である私が白髪染めでよくある悩みの解決案をまとめています。
また、ランキングでおすすめの商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

運営者情報

最新白髪染めランキング

最新コラム

最新コラム一覧を見る

白髪染めと上手に付き合うために知っておきたいデメリット

白髪染め デメリット

白髪染めは白くなった髪に色を染めることで若々しい雰囲気を取り戻すことができると同時に化学物質によるアレルギーや髪が傷むといったデメリットもあります。 デメリットは嫌なものですが、上手く付き合っていくことであきらめていたお…[続きを読む]

初めて白髪染めをするタイミングはいつ?選び方や対処法についても解説!

白髪染め 初めて タイミング

初めて白髪が気になりだしてから、白髪染めをしようと思うのはどのようなタイミングなのでしょうか。 白髪が気になり始めてから、いつから白髪染めをしたらいいのか、あまり白髪染めはしたくないから少しでも先に延ばしていきたいと色々…[続きを読む]

白髪染めで黒くなりすぎる原因と黒く染めすぎたときの対処方法

白髪染め 黒くなりすぎる

白髪染めをセルフで行うと、イメージどおりにできないことがあります。 染めムラがあるときは染め直せば良いですが、黒くなりすぎてしまったときには、どうしたら良いかと悩まれる方も多いです。 今回は、そのような方たちのために、白…[続きを読む]

白髪染めをするとヒリヒリして頭皮が痛い!原因と対策をご紹介!

白髪染め 頭皮 痛い

白髪染めをしたらカラー剤が染みて、頭皮にヒリヒリとした痛みを感じてしまったという経験のある方は少なくありません。 一般的に市販されている一剤と二剤を混ぜ合わせて使用するタイプの白髪染めには肌への刺激が強い成分が含まれてい…[続きを読む]

最新商品

最新商品一覧を見る

                   

【木木と(もくもくと)】の評判はこちら

木木と 評判

白髪染めとトリートメントの木木と(もくもくと)は、使い続けることで髪にハリとボリュームがでてきます。 艶のある髪に仕上がれば、人に良い印象を与えられるでしょう。 また、アレルギー対策が万全なのもポイントです。 そのうえで…[続きを読む]

                   

【ヘンケル シュワルツコフ カラースペシャリストa】の評判はこちら

ヘンケル 評判

白髪染めの中でも、ヘンケルシュワルツコフカラースペシャリストaは、カラーリングが豊富で発色が良いことで知られています。 トリートメント付きで、アフターケアにも力を入れており、サロン帰りのような髪を実現できます。 刺激が少…[続きを読む]

                   

【ロレアルパリ エクセランス】の評判はこちら

ロレアルパリ 評判

自宅でもサロンの仕上がりが楽しめると評判のロレアルパリの白髪染めですが、初めて自宅で白髪染めを行う方や別のヘアカラー剤を使っている方にとっては髪の傷みや色持ちなど実際の使用感が気になるのではないでしょうか。 そこで今回は…[続きを読む]

                   

【ビゲン ポンプカラー】の評判はこちら

ビゲンポンプカラー 評判

ビゲン ポンプカラーは、100年以上の歴史があるヘアケアメーカー「ホーユー株式会社」が販売している白髪染めです。 泡タイプで気軽に白髪染めができるのが特徴で、テレビでCMを見たことがある方も多いのではないでしょうか。 今…[続きを読む]

白髪染めの悩みは100人いれば100通り、と言われるほど千差万別。
「1度で完璧に仕上げたい!」という方もいれば「これ以上のヘアダメージは耐えられない!」という方も少なくありません。
そこで本記事では、女性が抱えている白髪染めの悩みをピックアップし、それぞれの解決策をご紹介していきます。

白髪染めによくある悩み

長年にわたって美容師をしていると、お客様から白髪染めについて様々な悩みを相談されます。
世代や経験値、毛質や体質など人によって微妙に異なるのが白髪染めの悩みというモノ。
そこでここからは、ご自身のケースと比較しやすいように「初心者」と「経験者」に分けて、よくある白髪染めの悩みと解決策をご紹介します。
ご自身と合致している悩みがあったら、ぜひ参考にしてください。

白髪染め初心者の悩み

まずは、「そろそろ白髪染めを始めてみようかな…」「相談するのは恥ずかしいかも…」と思われている、初心者ならではの悩みについてご紹介します。

▼初心者の悩み

  • 白髪染めを始めるタイミングが分からない
  • どれくらいの頻度で白髪染めしなきゃいけないの?
  • 種類がたくさんあるけどどれがいいの?
  • 白髪染めで明るい色にできる?

白髪染めを始めるタイミングが分からない

女性が最初に抱えるのは、「いつから白髪染めを始めたら良いのか分からない」という悩みではないでしょうか。
白髪が生え始める時期には個人差がありますが、一般的には30代前半から気になり初める方が多いようです。
中には、鏡を見て白髪が生えていることに気付いた翌日から「周囲に気づかれるのでは?」と心配になり、人前で髪の毛を掻き上げる仕草を控えるようになった、という女性も少なくありません。
とはいえ、わすか数本程度で白髪染めを始めるのも大袈裟ですし、かといって自分で確認できない後頭部が気になるのも事実。
そんな悩みを抱えているお客様には、「鏡を見た時に、じっくり見なくても白髪が目立ってきたら白髪染めの始め時」とアドバイスしています。
ちなみに、本格的に急増する40代の半数は定期的に白髪染めを行っているようです。

どれくらいの頻度で白髪染めしなきゃいけないの?

まだ白髪染めに慣れていない方の多くは「適切なペースが分からない」という悩みを抱えています。
日本人の髪の毛は1日に0.4mm、1ヵ月に1cmほど伸びるのが平均的です。
この点を踏まえると、美容室で一般的な白髪染めを行う頻度の目安は下記の通りとなります。

▼白髪染めを行うペースの目安

  • 30代前半:1ヵ月に1回、気になる箇所の部分染めのみ
  • 30代後半~40代:1ヵ月に1回、リタッチと全体染めを交互に行う
  • 50代、60代(白髪が少ない方):40代の方と同じ頻度
  • 50代、60代(白髪が多い方):3〜4週間に1回のペースで全体を染めるのが理想的

ただし、白髪が目立つ程度は分量やコントラストに影響する地毛の濃さによって異なります。
白髪が多くても地毛が栗色なら目立ちませんし、量が少なくても地毛が真っ黒なら目立ってしまうので、臨機応変に対応しましょう。

種類がたくさんあるけどどれがいいの?

一昔前より選択肢が増えた分、「どれを選べば良いのか分からない」という悩みは多くの女性が抱えています。
詳しくは後述しますが、長持ちさせたい人や特殊なカラーに染めたい人なら薬剤で脱色してから染める一般的な白髪染めが、健康志向の高い人にはヘナなどの薬剤を使わないオーガニック製品がオススメです。
一方、自宅で手間をかけずに白髪を染めたい人には、カラートリートメントやカラーシャンプーが選ばれています。

白髪染めで明るい色にできる?

「しっかり白髪を染めつつオシャレも楽しみたい!」という女性からよく相談されるのが、「明るい色に染まるのか?」という悩みです。
結論から言うと、明るい色合いに仕上がるのは美容室で多用されているケミカル系の白髪染めだけ。
ヘアマニキュアやカラートリートメントなど、脱色作用がない白髪染めは表面に染料を塗布する仕組みになっていますので、メラニン色が残っている黒髪を明るい色に染めることは基本的に出来ないのです。
ただし、ごく一部ではありますが明度の高い色合いに染まるカラートリートメントも登場していますので、ヘアダメージが気になる方には一般的なケミカル系の白髪染めより、こちらの方が適しています。
ちなみに、白髪染めとオシャレを両立したいなら、アッシュカラーや明るめのブラウンといった白髪を目立ちにくくする色、あるいはパーソナルカラーを選ぶのもオススメです。

白髪染め経験者の悩み

続いて、白髪染めの経験者が抱えている悩みについてご紹介します。

▼経験者の悩み

  • お金がかかる
  • 手間や時間がかかる
  • 染めてもすぐ白髪が生えてくる
  • セルフだと上手に染められない

お金がかかる

ほとんどの美容室では、全体白髪染め1回につき1万円ほどの価格を設定しています。
さらに部分染めのリタッチを半額の5,000円と仮定し、前述した白髪染めを行うペースに沿って年代別に年間コストを算出してみましょう。

▼白髪染めの年代別コスト(年間)

  • 30代前半:リタッチ12回=6万円
  • 30代後半~40代:全体染め6回+リタッチ6回=9万円
  • 50代、60代(白髪が少ない方):全体染め6回+リタッチ6回=9万円
  • 50代、60代(白髪が多い方):全体染め17~26回=17~26万円

これだけ高額になるのですから、特に40代以上の女性にとっては深刻な悩みと言えるでしょう。
ちなみに、「白髪染めの費用を節約したい!」というお客様には下記の方法を提案しています。

▼費用を節約するコツ

  • 2回に1回はリタッチのみで対応
  • 日常的に使うシャンプーやトリートメントを、白髪染め用に切り替える

手間や時間がかかる

手間や時間がかかるのは、白髪染めの普遍的な悩みと言っても過言ではありません。
特に働いている方や子育て中の30~40代にとっては、大きなストレスになっているようです。
まずは、おおよその目安として4つのケースについて手間や時間を比較してみましょう。

▼時間や手間の比較

  • 美容室(一般的な白髪染め):お任せで済むが、全工程を含めると1回3時間ほどかかる
  • 美容室(ヘナ):お任せで済むが、全工程を含めると1回4時間ほどかかる
  • 自宅用の白髪染め:30分ほどで染まるが、手間がかかる
  • 自宅用の白髪染めシャンプー:5分ほどで済むが、基本的に毎日使う必要がある
  • 自宅用のヘアカラートリートメント:15分ほどで染まり、数日に1度でOK

上記の通り、手間を省きたいなら美容室で、時間をかけたくないなら自宅用の白髪染めシャンプーがオススメです。
一方、手間も時間も省きたい方には自宅用のヘアカラートリートメントが選ばれています。

染めてもすぐ白髪が生えてくる

40代以上の女性で最も多かったのが「染めてもすぐ白髪が生えてくる」という悩みです。
成人女性の毛髪は1ヵ月で1cmほど伸びるため、生え際だけ白髪が密集しているように見えてしまいます。
中にはあまりの煩わしさに、まるで「イタチごっこをしているようでウンザリする!」と嘆いている方も少なくありません。
そんなお客様には、下記のようにアドバイスしています。

▼生え際の白髪を目立たなくする方法

  • 濃い色で染めるほど目立つので、明るめのカラーを選ぶ
  • アッシュカラーなど、目立たせないお洒落カラーを選ぶ
  • 伸びた分だけリタッチする

セルフだと上手に染められない

「セルフだとムラなくキレイに染まらない」「襟足やこめかみに染料がついてしまう」という悩みは初心者に限ったことではありません。
自分では見えない後ろ側は手探りで染めるしかありませんし、生え際のリタッチはちょっとしたミスで地肌に染料がついてしまいます。
参考までに、染まりにくいフェイスラインや頭頂部のリタッチについて、いくつかコツをご紹介しましょう。

▼リタッチのコツ

  • 肌に染料がついても簡単に落とせるよう、ワセリンやクリームを塗っておく
  • 満遍なく染まるよう、ブロッキングしておく
  • 最後にラップを巻いて、軽く押さえつける

フェイルラインや頭頂部には短い白髪が多く、1本だけピンと立っていることも珍しくありません。
ラップを巻いて上から軽く押さえると周りの髪の毛と馴染むので、「1本だけ染まらなかった」という失敗を防ぐことができるのです。

白髪染めで生じるリスク

白髪染めに関する悩みは大小さまざまですが、決して軽視できないのがリスクについてです。
ほんの些細な症状が、深刻な疾患を知らせるサインかもしれません。
参考として、お客様から寄せられた自覚症状の中から代表的な3つをご紹介します。

▼白髪染めで生じるリスク

  • においが残る
  • 髪の毛が傷む
  • 白髪染めで生じるリスク

においが残る

なぜ白髪染めの匂いは、しつこく残ってしまうのでしょうか。
その原因として下記の3点が挙げられます。

▼匂いの原因

  • アンモニアなど、刺激臭の強い薬剤を使用している
  • 頭皮に付着したカラー剤を放置している
  • 放置時間が長すぎる

特にアンモニアの配合量が多い白髪染めは強烈な刺激臭を放つため、頭痛や目眩を訴えるお客様もいらっしゃいます。
美容室で白髪染めを行う場合は、できるだけ刺激臭の少ない薬剤をリクエストしましょう。
一方、自宅用の白髪染めを使用する際に注意したいのが、使用量と放置時間です。
しっかり染めようとするあまり薬剤を大量に使うと頭皮に付着しやすくなり、軽くシャンプーした程度では落としきれない事もあります。
つまり、取り扱い説明書に書かれている指示を守らず、使用量や放置時間を自己判断で超過させると匂いが残りやすくなってしまうのです。

髪の毛が傷む

結論から言うと、ジアミン系(酸化染毛剤)の白髪染めを使用する場合は、ある程度のヘアダメージを覚悟しなければなりません。
ジアミン系は多くの美容室で使われている最もポピュラーが白髪染めですが、染毛力と持続性を高めるためにキューティクルを強制的に開かせる作用があるのです。
キューティクルが開くと毛髪内部の水分が体外へ放出されるため、乾燥してパサパサになってしまいます。
ヘアダメージを避けたい場合は、ジアミン系以外の白髪染めを選びましょう。

頭皮が痒くなる

「白髪染めの後に頭皮の痒みが酷くなった!」というケースは決して珍しくありません。
主な原因は下記の4点ですが、体調が悪い日に白髪染めの施術を受けて頭皮が痒くなった方もいらっしゃいます。

▼頭皮が痒くなる原因

  • 敏感肌
  • 薬剤による刺激
  • 化学薬品に対するアレルギー
  • 草木アレルギー

あらかじめパッチテストを受けて予防するのが最善の方法ではあるものの、実際に頭皮が痒くなった時は下記の3ステップに沿って対処しましょう。

▼頭皮が痒くなった時の対処法

  1. 白髪染めの使用を、直ちに中止する
  2. 患部をムリに擦らず、よく水で洗い流す
  3. 医療機関に受診する

知っておいて欲しい白髪染めの危険性

これだけ市販品が大量に流通していると、うっかり見落としそうになるのが白髪染めの危険性です。
カラーリングを楽しむ中学生もいるくらいですから、大人の女性が軽視することもあるでしょう。
しかし実際には、白髪染めによって深刻な障害を負ってしまうケースも報告されているのです。

▼白髪染めの危険性

  • アレルギー症状の原因及び悪化させるものになる
  • 妊娠中のリスク
  • 白髪が増える原因になる

上記以外に、乳がんや不妊といった女性特有のリスクも立証されていますので、ご興味のある方は下記の記事をご一読ください。

アレルギー症状の原因及び悪化させるものになる

白髪染めによる皮膚障害の事例は、毎年コンスタントに200件ほど報告されています。
特筆すべきは、人体の免疫システムが過剰反応するアレルギー障害の事例が含まれているという点でしょう。
アレルギー障害が発症するリスクの程度は白髪染めの種類によって異なりますが、多くの医療関係者から特に危険視されているのが医薬部外品に分類されている「酸化染毛剤」です。
酸化染毛剤は一般的に「ジアミン系の白髪染め」と呼ばれており、アレルギー性接触皮膚炎を誘発する酸化染料が主成分になっています。

ジアミンアレルギー

ジアミン系(酸化染毛剤)の白髪染めは、薬剤の名称が由来になっている「ジアミンアレルギー」を引き起こす原因の1つです。
なぜ白髪染めには危険なジアミン(正式名称:パラフェニレンジアミン)が含まれているのか、その理由は「発色」や「色持ちを持続させる効果」を備えているから。
その反面、1度発症すると完治しないジアミンアレルギーの誘発物質でもあるのです。
さらに、ごく稀ではあるもののジアミンアレルギーが重篤化し、アナフィラキシーを発症した事例も報告されています。

アトピー

アトピー性皮膚炎の症状を悪化させるのも、ジアミン系(酸化染毛剤)の白髪染めが持つ大きなデメリットです。
そもそもアトピー性皮膚炎とは、体質的にアレルギーを起こしやすい人や肌のバリア機能が低下している人が患う病気ですから、化学薬品の刺激によって悪影響を受けるのは当然と言えるでしょう。
ただし、ほとんどの美容室では個人情報などを考慮して直接お客様に「アトピーはないですか?」と質問することは、ほぼありません。
アトピーの方が美容室で白髪染めの施術を受ける場合は、たとえ症状が治まっていたとしても必ず自己申告して下さい。

妊娠中のリスク

妊婦さんには、使用できる白髪染めと使用できない白髪染めがあります。

▼妊婦の白髪染め選び

  • 妊娠中に使える白髪染め:ヘナカラー/カラートリートメント/ヘアマニキュア
  • 妊娠中に使えない白髪染め:ジアミンやパラアミノフェノールなどが含まれているタイプ

ジアミン系(酸化染毛剤)の白髪染めには環境ホルモンという体のホルモンバランスに影響を与える成分が含まれていますので、子宮収縮や女性ホルモンのバランスが乱れる要因になるのです。

白髪が増える原因になる

一般的な白髪染めには、白髪の増加を促進させる作用があります。
ジアミン系の白髪染めには活性酸素を発生させる作用があり、使用期間が長いほど体内に蓄積されて行きます。
この活性酸素こそが、白髪を増加させる主要ファクターなのです。
一方、オーガニック製品として注目されているヘナカラーには活性酸素を体外へ排出するデトック効果があるため、白髪の増加を抑制してくれます。

自分に合った白髪染めを選びましょう

ご自身にとって最適な白髪染めを選ぶには、種類ごとのメリットとデメリットを比較してみるのが一番の近道です。
ここでは、ニーズの高い4種類についてご紹介しましょう。

▼白髪染めの種類

  • 一般的な白髪染め
  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント
  • ヘナ

一般的な白髪染め

一般的な白髪染めとはジアミン系(酸化染毛剤)を指しており、「1回でしっかり染めたい」「明るい色に染めたい」という方に適しています。

▼一般的な白髪染めのメリット

  • 1回で染まり切る
  • 色持ちが良く、2〜3ヵ月ほど続く
  • 明色から暗色まで、カラーバリエーションが豊富
  • カラーチェンジが自由自在にできる

一方、「髪を傷めたくない」「肌が弱い」という人には向いていません。

▼一般的な白髪染めのデメリット

  • 髪の毛や頭皮への負担が大きい
  • アレルギーのリスクが高い
  • 妊娠中は使えない
  • 薬品の刺激臭が強い
  • 薬剤が床や服に付着すると、簡単には落ちない

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、「安全性を優先したい」「柔らかい髪質をセットしやすくしたい」という方に適しています。

▼ヘアマニキュアのメリット

  • 髪の毛や頭皮への負担が少ない
  • アレルギーリスクが少ない
  • 髪にハリやコシが生まれる
  • コーティングによって髪に艶が出る

一方、「根本までしっかり染めたい」という方には向いていません。

▼ヘアマニキュアのデメリット

  • 長持ちしない
  • 生え際がしっかり染まらない
  • ヘアカラーに切り替えでも、コーティングが残っていると染料が浸透し難い

カラートリートメント

カラートリートメントは、「自宅で手軽に白髪を染めたい」「ダメージケアも同時に済ませたい」という方に適しています。

▼カラートリートメントのメリット

  • 白髪を染めながら、同時にヘアダメージも補修してくれる
  • 表面を染めるだけなので、髪の毛への負荷が少ない
  • 手軽に自宅で染められる
  • 素人でも色ムラができにくい

一方、「明るい色に染めたい」「長持ちさせたい」という方には向いていません。

▼カラートリートメントのデメリット

  • ごく一部を除き、1回では染まらない
  • 色落ちが早い
  • 明るい髪色に染まりにくい

ヘナ

ヘナの白髪染めは健康志向の高い女性に選ばれていますが、ただの流行りではありません。
その根拠となっているのが下記のメリットです。

▼ヘナのメリット

  • デトックス効果
  • 抗真菌作用
  • 活性酸素を発生させない抗炎症作用
  • パーマとの相性が良い

つまり、ヘナは「白髪を増やしたくない!」「ケミカル系が体質に合わなかった!」という方に適しているのです。
一方、デメリットとしては下記の3点が挙げられます。

▼ヘナのデメリット

  • 色が落ちにくいのでカラーチェンジが難しい
  • 匂いが独特
  • 植物性アレルギーのリスクがある

色の落ち難さはヘナのメリットであると同時にデメリットでもあるのです。

まとめ

ほとんどの女性は、白髪染めについて何等かの悩みを抱えています。
1つだけ言えるのは、全員の悩みを漏れなく解決してくれる万能型の白髪染めは存在しません。
要は、「何を優先し」「何を諦めるか」のバランスなのです。
このサイトでは、白髪染めに関する役立つ情報を美容師の視点で解説していますので、ぜひお役立て下さい。