白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

白髪染めのにおいが気になる!原因と対策を解説します

白髪染め におい

白髪染めをするときに発生する、ツンとする独特のにおいが苦手という方は少なくありません。
髪ににおいが残るのが気になり、染めるのをためらってしまったり、人と会うのを遠慮してしまったりする方もいます。
今回は、白髪染めをした時に発生するにおいについて、原因と対策を解説していきます。
においを軽減するためにおすすめの白髪染めもご紹介していますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

白髪染めのにおいがきつい原因とは

まず始めに、白髪染めのにおいがきつい原因として考えられるケースをご紹介していきます。

白髪染めの薬剤によるにおい

白髪染めのにおいがきつい一番の原因は、カラー剤に含まれているアルカリ性の化学成分によるものです。
髪の毛を内側からしっかりと染めるためには、このアルカリ剤の反応によって髪の毛のキューティクルを開いてからカラー剤を浸透させる必要があるため、市販されている多くの白髪染めで使われています。
さらに、アルカリ性の成分としてよく配合されるのがアンモニアで、これが鼻にツンとくる特有のにおいを発して不快に感じる要因となります。
特に白髪は黒髪よりも染まりくいため、白髪染めに含まれる成分が普通のヘアカラーよりも強力になっており、それに伴いにおいも強くなるのが特徴です。
カラー剤が髪の毛と反応することでにおいが発生するため、においが強いということはそれだけ効果が出ているとも言えますが、イヤなにおいは無いに越したことはありません。

ヘアカラーと染め方が異なる

普通のヘアカラーと違い、根元や生え際をしっかり染める必要がある白髪染めは、髪の毛だけでなく頭皮にもカラー剤が付着してしまうことが多いです。
特にセルフでカラーリングを行う場合はカラー剤の量が多くなりがちな上に、頭皮にもカラー剤がついたまま放置することになるため、髪の毛と頭皮の両方ににおいが付きやすくなってしまいます。

放置時間が長すぎる

セルフで白髪染めを行う場合、長く放置した方がよく染まるのではと思い、つい放置時間を取りすぎてしまうことがあります。
しかし、放置時間が長くなればなるほどカラー剤が髪の毛に浸透していき、においも残りやすくなってしまうので注意が必要です。
髪の毛の量や髪質によっては放置時間を長くした方が効果的な場合もありますが、カラー剤を長時間放置しすぎることでにおいが残りやすくなるのはもちろんのこと、髪の毛や頭皮にダメージ与え、見た目にも悪影響を及ぼしてしまいます。
そのため、セルフで白髪染めを行う場合は、基本的に説明書に記載されている放置時間を守る方がベターです。
髪へのダメージが心配な方やご自身の適正な放置時間を知りたい方は、ヘアサロンで相談に乗ってもらうのもよいと思います。

においが残りにくくするためにできる対策

髪の毛を染めるための有効成分が含まれている白髪染めでは、完全に無臭のアイテムを探すのは難しいこともありますが、少しでもにおいを残りにくくする対策を知っておくと安心してカラーリングができるでしょう。
ここではにおいが残りにくくするためにできるオススメの対策をいくつかご紹介していきます。

においが抑えられた白髪染めを選ぶ

白髪染めのアンモニア臭が強いということは、それだけ薬剤が反応して効果が出ているとも言えますが、不快なにおいが残ってしまっては仕上がりの満足感が半減してしまいますよね。
とは言え、1回でしっかり染めたい場合など、効果を重視してアンモニア成分配合の白髪染めを選びたいという方もいらっしゃると思います。
その場合は、できるだけにおいが抑えられた白髪染めを選ぶのがよいでしょう。
中にはアンモニア臭を抑えるために香料を加えているアイテムもありますが、アンモニア臭と香料のにおいが混じることでより不快に感じてしまう場合もあるので、選ぶ際には注意してください。

アンモニアが含まれていない白髪染め

においを抑えた白髪染めもあるとは言え、アンモニアが使用されている白髪染めはどうしても独特のツンとするにおいが発生してしまいます。
そのため、このような刺激臭が苦手な方は始めからアンモニアが含まれていないタイプの白髪染めを選ぶことで、においを気にせずカラーリングすることができます。
アイテムを探す場合には、ノンアンモニア、アンモニアフリー、ノンアルカリなどと記載されたものを選びましょう。
これらのアイテムは、多くの白髪染めのアルカリ剤として使用されるアンモニアの代わりにエタノール系の成分を配合しているため、においを感じることはほぼありません。

ヘアマニキュア

発色が良くセルフでも簡単に染められるのが魅力的なヘアマニキュアには、一般的に酸性染料が使われていて鼻を刺激するアンモニアが含まれないため、においが気になる方にもオススメです。
髪の毛を内側からしっかり染める白髪染めと違い、表面をコーティングするタイプのカラーリングになるため、髪の毛へのダメージが少ないのが特徴です。
この特徴によって通常の白髪染めと比較すると色落ちのスピードが早いのがデメリットですが、髪の毛のコンディションを保ちながらカラーリングできるので、生え際が目立ちやすく、黒髪よりも染める頻度が高くなりがちな白髪染めに向いていると言えるでしょう。

植物由来の白髪染め

アンモニアの刺激臭や化学的なにおいが苦手な方には、天然成分のヘナを使用した白髪染めがオススメです。
ヘナやその他のハーブを使用したヘアマニキュアタイプの白髪染めは、ナチュラルな香りで癒されるだけでなく、髪や頭皮に優しい成分で作られているため髪の健康を守りながらカラーリングを行うことができます。
ただし、ヘナカラーの場合はアンモニアの刺激臭はないもののヘナ特有のハーブ系のにおいがあるため、人によって好みが分かれるかもしれません。
一般的にヘナカラーのにおいは数日たてば消えますが、苦手な方はヘナのにおいを抑えたアイテムを選びましょう。
もしくは、ヘナカラーを洗い流した後に紅茶で髪をすすぐひと手間を加えることで、においを軽減させることができます。
紅茶の中の成分「フラボノイド」がヘナのにおいを消してくれるのですが、シャンプーをした後に、濃く煮出した紅茶を髪にかけて軽く揉み込んで5分ほど放置します。
その後は洗い流さずに、そのままトリートメントをして完了です。
ヘナで白髪染めをしたいけどにおいが気になるという方は、ぜひこの方法を試してみてください。

シャンプーを変える

白髪染めのにおいをできるだけ残らないようにするためには、カラー剤を塗った後のすすぎが重要になります。
特にアンモニアを使用したにおいが強い白髪染めを使用する場合は、においを軽減する効果のあるシャンプーを選ぶのもオススメです。
サロンでも使用されることがある炭酸シャンプーは、炭酸ガスを含んだ細かい泡が出るのが特徴で、この泡が開いたキューティクルの隙間に入り込んで残ったカラー剤を洗い流す効果があります。
髪の毛だけでなく頭皮についた汚れやカラー剤もしっかり落とせるので、においが抑えられるだけでなく洗い上がりもスッキリします。
一般的な白髪染めを使ってカラーリングをした場合、含まれている成分によって髪の毛がアルカリ性に傾くため、そのままにしておくとダメージがかかりパサついてしまいますが、炭酸シャンプーを使うことによって弱酸性に戻るため、髪にツヤやコシが生まれ、色持ちもよくなります。
ただし、炭酸シャンプーの中でも特に炭酸濃度が高いアイテムは刺激が強く、人によっては肌荒れを起こしてしまう場合があるので、敏感肌の方は炭酸濃度が低めのアイテムを選び、万が一肌に違和感がある場合にはすぐに使用するのをやめるようにしてください。

洗い方を工夫する

染め終わった後、カラー剤がしっかり洗い流せていないとにおいが残ってしまうだけでなく、残った薬剤の働きによって髪にダメージを与えてしまいます。
そのため、効果的なシャンプーを使うだけでなく洗い方も工夫することが大切です。
シャンプーをする前に、まずはお湯でしっかりとほこりや汚れを落としていきましょう。
お湯の温度は、あまり熱すぎると色落ちの原因となってしまうので、37度前後のお湯で洗うのがポイントです。
シャンプーを付けなくても、お湯洗いがしっかりできていると髪や頭皮の汚れは約8割落とすことができるので、はじめの段階でなるべく丁寧にお湯洗いしておきましょう。
そして、カラー剤の洗い残しがないように、根元や襟足、耳の周り、首周りなども洗い流していきます。
お湯洗いで残っているカラー剤をしっかり流した後は、消臭効果のあるシャンプーで洗うことで、だいぶにおいが抑えられると思います。
ただし、強くこすると髪や頭皮を傷つけてしまうので、お湯やシャンプーを髪の毛の間に通すような感覚でやさしく洗っていきましょう。

におい対策にオススメのアイテムをご紹介

最後に、白髪染めのにおい対策にオススメの商品をご紹介しています。

木木と ハーブトリートメント

木木との「ハーブトリートメント」は、ヘナをはじめ、様々な植物性の成分で作られた髪と頭皮に優しいヘアカラートリートメントです。
染める時にヘナのにおいはありますが、他のヘナカラーに比べると穏やかで、何よりも化学的なツンとくるにおいがないのでナチュラルな香りを楽しむことができます。
また、一般的なヘナカラーを使用した場合に髪にヘナ特有のきしみを感じることがありますが、木木とのハーブトリートメントはローソニア皮膜やコラーゲン配合によるトリートメント効果によって、きしみ感が抑えられ、ツヤのある髪に仕上がるのが特徴です。
カラーは全部で7色展開となっていますが、特に白髪染めの場合は黒茶、焦茶、赤茶が自然に馴染むためオススメです。
ベースの髪色が明るめの方は金茶を選ぶとよいでしょう。

サロンドプロ 無香料ヘアカラー 早染めクリーム

サロンドプロの無香料ヘアカラー「無香料ヘアカラー 早染めクリーム」は、アンモニア不使用で無香料タイプの白髪染めです。
ツンとしたにおいの原因であるアンモニアを使わずに、独自のコネクター成分によって髪の内部までカラー剤が浸透する工夫がされているため、しっかり染めることができます。
においが気にならないだけでなく、クリームタイプで生え際やこめかみにも万遍なくカラー剤を塗ることができるので、仕上がりが綺麗なのも特徴です。
また、クリームタイプだけでなく泡タイプのアイテムも展開しているため、お好みで選んでもよいですし、全体的に白髪がある方は泡タイプを使うと簡単に染められるかと思います。
カラー展開は全19色と豊富で、標準的なブラウン系だけでも7種類の中から選べるため、ご自身に合った色を見つけることができるでしょう。

ナプラ ジュエライズ

ナプラの「ジュエライズ」は、6種類のハーブが配合された酸性ヘアカラーです。
アンモニアが含まれていないためキツイにおいがなく、ナチュラルハーブの香りが癒しを与えてくれます。
脱色をせずに髪の表面に染着させるヘアマニキュアタイプなので、髪へのダメージが少なく、発色がよいのも魅力です。
ジュエライズは白髪染めだけでなく普通の髪にも使用でき、カラー展開は26色とかなり豊富なのが特徴です。
そのため、色にこだわりがある方はブレンドして使用することも可能です。
カラー剤は程よいクリームタイプなので比較的扱いやすいですが、顔など皮膚についてしまうと取れにくくなってしまうので、セルフで行なう場合は注意して染めていきましょう。

ドクターシーラボ 簡単ひと塗り白髪カバー

番外編としてご紹介したいのが、ドクターシーラボの「簡単ひと塗り白髪カバー」です。
クシ付きのハンディタイプになっている白髪隠しで、白髪が目立つ部分から髪全体までを手軽に染められるアイテムです。
カラー剤を塗る時に若干のにおいはありますが、ツンとする刺激臭はほとんどなく、乾くとほぼ無臭になります。
植物由来の着色成分を配合しているため髪や頭皮へのダメージが少なく、洗い流す必要がないためお出かけ前や外出先などでも気軽に使えるのが便利です。
また、使用回数を重ねるごとに少しずつ染まっていくので、違和感なく白髪を染めていきたい方にもオススメです。
カラー展開はダークブラウンとソフトブラックの2種類ですが、使い続けることで徐々に染まるため色の調整をしやすく、初めての方や、市販のカラー剤でうまく染められないという方にも扱いやすいアイテムです。

関連する商品