白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

デイラルカラーの評判、メリットやデメリットについて

デイラルカラー 評判
価格 単品購入 7,260円
定額購入 2,178円
タイプ トリートメント
色持ち 10日程度
安全性
手軽さ 3〜10分
カラー
バリエーション
4色

白髪染めを選ぶポイントは「髪を傷めたくない」「色はしっかり染めたい」「手間はかけたくない」など、白髪染めを探す人ならきっと考えますよね。

公式サイトやCMをみると、とてもいい商品のように思ってしまいますが、何を基準にして選んでいいのかわからなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

豊富な白髪染めの中から、デイラルカラーを買ってみようかなと考えた時に是非参考にしてください。

公式サイトはこちら

 

「デイラルカラー」の特徴

デイラルカラーは、店頭での販売というより、通販での販売(サブスクリプション含む)が中心となっています。その為、初めて名前を聞く人も多いかもしれません。

知る人ぞ知る白髪染めで現在、売り切れることもあるデイラルカラーにはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは基本的なポイントをまとめてみました。

ヘアカラートリートメント

デイラルカラーは髪を染めながら、トリートメントも同時に行うことができる白髪染めです。

手間をかけずに髪に潤いを与えられるので、忙しい人でもケアをしながら白髪を染めることができます。

ヘアカラーのように一度でしっかりと染まるわけではありませんが、3回ほど連続して使用すると白髪がしっかりと染まります。

 一回ずつの購入か定期購入(サブスクリプション)がある

デイラルカラーは通信販売がメインで、必要な時に1回ずつの購入も可能ですが、1本/月のペースで定期購入することもできます。

また定期購入であっても自身の使うペースと合わなくなっている時には1回購入を休んだり、本数の追加や色の変更をしたりもできるので、自身のペースに合わせて使用できます。

プロのサロンのオーナーが監修

プロのサロンのオーナーが監修をし、サロンと比べても遜色のない品質を目指して作られた商品です。

白髪を染めるというだけでなく、パーマをした時などの色の変化にも注意を払い、髪に優しくなるように考えられています。

また、見た目や色合い、手触りにも拘った商品です。

 ph値が中性にできている

髪を傷めたくないなら、酸性の白髪染めを選べばいいのですが、それでは髪の色が染まりにくくなります。

しかし、しっかりと白髪が染まるアルカリ性を使用すると髪が傷んでしまいます。

デイラルカラーはph値を中性にすることによって髪に色を定着させつつ、傷むのを抑えることができます。

国内で製造している

デイラルカラーはキューティクルを保護するヒマワリ種子エキスや、髪の根本を活性化するマヨナラ葉エキスなど美容成分を93%配合しています。

国内で製造するなど白髪を染める機能だけでなく、品質にもこだわった白髪染めです。

 

「デイラルカラー」はどんな人におすすめ?

通販が主な販売経路となっているデイラルカラーは、店頭で販売している大手メーカーのものと比べて近くで目にすることや話題に上る機会が少ない商品でもあります。

興味はあっても実際に購入することには迷ってしまう方も多いかもしれません。

そこで、このデイラルカラーはどのような人にお勧めできる商品なのか、見てみましょう。

ヘアカラーをしたいけど髪を傷めたくない

白髪が気になって染めたいと思っても髪がきしんでくる、切れ毛が増えるといった白髪染めによく聞く悩みを考えると二の足を踏んでしまうことはありませんか?

白髪を隠すか、白髪でも艶のある髪のままでいるのか、といった選択をせずにどちらも可能になるのがヘアトリートメントです。

デイラルカラーは髪を保護する成分を多く配合しているため、より髪を傷めずに白髪染めができるようになります。

エイジングケアも一緒にしたい

年齢を重ねた人に出ることが多い白髪ですが、デイラルカラーは特に年齢による白髪に対応できる商品です。

白髪染めをしながら、ハリ・ボリュームがなくなって、ヘアスタイルに年齢を感じている人の悩みを解消することができます。

もちろん若年性の白髪にお悩みの人でも使用は可能です。

抜け毛の予防

血行促進の効果のあるオタネニンジン根エキスや毛根をケアするマヨナラ葉エキスが配合されており、頭皮と毛根をケアすることで抜け毛の予防につながります。

健康な頭皮を保つことは健康な髪の成長を助けるために大切な要素です。

時間はないけど白髪染めはしたい

洗髪するのと同時に白髪染めができる上に、放置時間は3~10分程度なので短い時間で白髪染めができます。

最初は色を定着させていく必要があるので、連続して使用する必要がありますが、定着すれば気になったタイミングでの使用で問題ありません。

定期的にデイラルカラーを使用することによって、より手間が省けるようになっていきます。

 

「デイラルカラー」のメリット・デメリットは?

できれば長年付き合える白髪染めと出会いたい。その為にはそれぞれの白髪染めのメリット・デメリットを知る必要があります。

それではデイラルカラーにはどのようなメリット・デメリットあるのでしょうか。

メリット

デイラルカラーはサロン仕様のクオリティを目指して作られているということが第一のメリットになりますが、その他にはどのようなものがあるのでしょうか。

11種類の髪の潤いを守る成分が入っている

白髪が気にならなくなっても髪がゴワゴワになってしまい、きしんでいってしまうと、メリットが薄れてしまいます。

デイラルカラーはそのような心配にも配慮し、ホホバオイル、シアバター、ツバキオイルなど髪の潤いを保つのに役立つ成分が11種類も入っています。

このように白髪染めをしつつ、髪の潤いを保てます。

キューティクルを開かない

白髪染めのシステムとしてキューティクルを開き、薬剤を浸透させて色を定着させていくので、ずっと染めていると、どうしてもキューティクルが傷んで髪がきしむ原因になってしまいます。

デイラルカラーはキューティクルを開かずに外側に色を定着させているため、キューティクルを傷めず染めることができます。

30日間返金のシステムがある

体に触れるものですから商品の優劣に関わらず、アレルギーなど使えない人も出てきます。

また、使い心地が納得いかない場合もあります。

1本/月の定額コースで申し込んではみたものの、今後続けていくのが難しいと判断した時には、30日以内なら全額返金の対応をしてもらうことができます。ただし返金には条件があるので事前に確認をしましょう。

連続して使用できる

染まり方が弱いから連続で使用したいと思っても、髪や頭皮のことを考えると連続での使用には躊躇してしまいます。

デイラルカラーは髪や頭皮に優しい成分を配合しているので連続して使用でき、髪を自身の好みの色合いに近づけることができます。

短い時間で染めることができる

それほど技術が無くても簡単に使用でき、放置時間は3~10分と、とても短いです。

忙しい人でも入浴中にトリートメント感覚で使えるので、手軽に染めることができます。

デメリット

デイラルカラーのデメリットは市販の白髪染めと比較して価格が高めで、カラーバリエーションが少ないことになります。

 多少高めの価格設定

初回こそ約2,000円と大手のドラッグストアで購入する価格より多少高めの価格となりますが、2回目で約5,000円、単品購入では7,000円越えとなり、日常的に使用するには少し考えてしまう人もいるかもしれません。

また白髪染めとは、いえヘアカラーほど色もちがよくはないので自然と費用がかさんできます。

色が4色でバリエーションが低い

「白髪染めでもおしゃれを楽しみたい」「まだ若いけど白髪が目立つから白髪染めで染めたい、でも若さは保ちたい」といった様々なニーズがあり、メーカーもできるだけ希望に応えようとします。

デイラルカラーは4色でブラック、アッシュグレー、ブラウン、ダークブラウンと基本的な色が揃ってはいますが、さらにおしゃれを楽しみたいという人にとってはもう少しバリエーションが欲しいところかもしれません。

「デイラルカラー」の評判・口コミは?

デイラルカラーについての口コミ・評判は概ね好意的なものが多いようです。具体的に見てみましょう。

良い評判

デイラルカラーのいい評判は主に髪の傷み具合によるものが多いようです。

まとめると下記のような内容になります。

髪が傷みにくい

白髪染めの中でもヘアカラートリートメントは、ヘアカラーに比べて髪に対する負担は少ないと言われています。

デイラルカラーはヘアトリートメントになるのでそもそも髪への負担は低いことは確かですが、その中でも口コミでは好意的に書かれています。これは髪を保護する成分が豊富に含まれているからだと思われます。

「髪がきしまなくて手触りがいい」「髪がサラサラになった」「使う前よりも髪の質が良くなったように感じる」といったような内容が多く見られます。

アレルギー反応が少ない

「他の商品では頭皮にかゆみが出ることがあったがデイラルカラーではかゆみが無くて使いやすかった」「染めている間も自然な香りで気にならなかった」といった書き込みがありました。

アレルギーに関しては特に千差万別であり、口コミはあくまで個人的な内容になるので参考程度にとどめておくことをお勧めします。

色がよく染まる

ヘアカラートリートメントは色が一度では染まりにくいのと同時にすぐに色が落ちてしまうと言われています。

商品の性質上、髪に色を浸透させている訳でなく、色を上から塗っているようなものなので、色が落ちることは避けられないことです。

その中でもデイラルカラーは白髪の染まり具合は概ね好評と言えます。

 悪い評判

悪い評判は料金に関すること、色の種類に関することが主に書かれているようです。

返金の請求に手間がかかる

返金を希望する場合、送料負担で商品を返送することが必要になりました。

これは転売防止の為ではありますので、悪い評判と言ってしまうと言葉が違うかもしれませんが、手間がかかるという点ではどうしても評判としては悪くなります。

料金が割高

これに関しては個人的な見解になります。

ただ料金を割高だと考える人の中には単純に料金の設定だけでなく、コストパフォーマンスを考えて投稿していることもあるので、参考にするのであれば内容もしっかりと確認した方が良いでしょう。

色の種類への評価

4種類のうちアッシュグレーとブラックに対する評価は芳しくありません。

4種類で2種類の色の評価が芳しくないとすると少し考えものです。

髪の質をキープしたいのと同じくらい、髪の色を希望通りの色にしたい人は多いはずです。

後悔のない色選びをしたいものです。

 

「デイラルカラー」の使い方は?

簡単に白髪染めができるデイラルカラー。ここでは基礎的な使い方を解説します。

パッチテスト

デイラルカラーはヘアカラートリートメントなので基本的にパッチテストなしで使用できますが、敏感肌の人や妊娠中・授乳中の人は念のためパッチテストをすることをお勧めします。

これはデイラルカラーだけでなく、どの商品でもあてはまる内容です。

シャンプー後にトリートメントを塗る

シャンプー後にタオルドライをしてから髪にムラにならないようにしっかりと塗ります。

デイラルカラーは乾いた髪にも使用可能ですが、よりムラなく綺麗に染めるに、シャンプー後の少し濡れた状態の髪に使用することを勧めています。

またこの時にトリートメントの量が少ないと上手く染まらない可能性が出てきますので、特に最初はしっかりと塗るようにする方がいいでしょう。

放置時間

3~10分ととても短い放置時間でできるので、手軽に使用することができます。

時間が経過するとお湯に色が入らなくなるまでしっかりと洗い流し、髪を乾かして終了です。

デイラルカラー自体にトリートメント効果があるので、この後ヘアケア製品を使用しなくても問題はありません。

公式サイトはこちら

 

関連する商品