白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

スカルプDボーテの評判、メリットやデメリットについて

スカルプDホーテ 評判
価格 2852円(通常購入)
2424円(定期購入)
タイプ トリートメント
色持ち 7日程度
安全性
手軽さ 放置時間10分
カラー
バリエーション
4色

国内には多くの企業があり、どこも素晴らしい白髪染め製品を輩出しています。

株式会社アンファーは1987年に創業した企業で化粧品やサプリメントの製造・販売を行っており、その中でもヘアケア・スキンケア事業に力を入れています。

今回ご紹介するスカルプDボーテに関しても心血を注いで開発した白髪染め製品です。

年齢を重ねた方の白髪の悩みもしっかりカバーしてくれるので、多くの方から支持、良い評判を得ています。

公式サイトはこちら

 

「スカルプDボーテ」の特徴

年齢と共に増える髪の悩みに対応

若い頃は全く気にしていなかったけれど、年齢を重ねるうちに髪の毛に関する悩みが増えた、という方が多くいらっしゃいます。

40代に差し掛かってから急激に増える髪の悩みの第1位は白髪、そしてボリュームになります。

白髪が少しあるだけで顔周りの雰囲気が一気に老けてみえるので、いくら服装や肌ケアをしても、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

特に白髪は毛髪に関係する細胞の劣化で起こる事なので、完全に止める事は出来ません。

 

白髪染めといえばサロンやカラー剤を使うのが主流ですが、スカルプDボーテは普通にトリートメントをしている様に簡単に使えるのが特徴です。

髪の悩みランキングの2位以下は抜け毛や分け目が目立つ、髪の毛量が少ないといったものでした。

これら全てを網羅する訳ではありませんが、スカルプDボーテを使うことでボリューム感とツヤ感もアップしてくれます。

使用者の声にも「髪のボリューム感があり指通りも滑らか」と悩みが解消されたという声があがっています。

薄毛に悩む方の4人に1人は薄毛対策として白髪染めをしているので、その悩みにピンポイントでケアしてくれるのがスカルプDボーテです。

独自の技術でムラ無く染まる

白髪染めトリートメントは何もスカルプDボーテだけではありません。

数多くの企業がリリースしていて、その効き目や成分も様々です。

そんな中スカルプDボーテが群を抜いて支持される理由は、初心者でも簡単に染められる独自技術を持っているからです。

スカルプDボーテは他製品に比べて染髪力を左右する成分を多く配合しています。

その為、髪の毛1本1本まで染料がしっかりと付着します。

 

さらに、カンゾウ根エキス・クチナシ果実エキスなど天然由来の浸透色素、浸透促進成分であるジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、カラーキープ成分の役割を果たすゼインを使っているので、しっかりと着色・定着するのが特徴です。

もちろんこれらの成分は人体にも優しく敏感肌の方や、オーガニックを好む方にぴったりです。

またスカルプDボーテの特徴として挙げられるのが髪のハリツヤと根元がふんわりする点です。

普通のカラー剤を使用し髪が傷み、髪の毛が細くなった、あるいはボリュームがなくなって貧相なイメージになった、とそんなお悩みをお持ちの方も多くいます。

その方々がスカルプDボーテ使う事でボリュームの悩みが解決します。

「スカルプDボーテ」はどんな人におすすめ?

 艶髪でアンチエイジングを狙いたい

男女共にいくつになっても、若々しく見られたいと思う方が大半です。

しかし年齢と共に様々な悩みや不具合が生じるため、うまくカバーしていかなければなりません。

髪も加齢とともに増える悩みの一つ。スカルプDボーテはそんなアンチエイジングをサポートしてくれる、心強い味方になってくれるでしょう。

 

髪の毛にハリ・コシがあると乾燥しにくくなるだけでは無く、若見え効果があります。

人の第一印象を感じるのは顔、次に髪の毛です。

スタイリングもそうですがパサパサの髪の毛や白髪は、見た目のアンバランスさや加齢をイメージさせてしまいます。

スカルプDボーテはハリ・コシのない髪の毛の悩みを解決してくれます。

特にトップがふんわりするため毛量が多く見えるのと同時に、自分に合ったスタイリングが可能になります。

スカルプDボーテは白髪染め効果が高いのに、価格が2852円とリーズナブルで経済的にも嬉しいアイテムです。

毎月美容院へ行くのが面倒、少しでも出費を減らしたい。

けれど白髪はしっかりと染めたい、いつまでも若々しく見られたい方におすすめの製品です。

オシャレな髪色にしたい!

今は染めていない方の中には過去に白髪染めで失敗した、自分のスタイルに合わないと考えている方も多くいらっしゃいます。

確かに従来の白髪染めはブラックやダークブラウンのみで、ラインナップが少なくオシャレさを求める方には敬遠されていました。

スカルプDボーテは、ナチュラルブラック・ダークブラウンだけなく明るい髪色にも対応出来るナチュラルブラウン・ライトブラウンがあります。

特にライトブラウンは従来の白髪染めに比べるととても明るく、柔らかな印象を与えてくれます。

明るい上にしっかり白髪染め効果もあるので「使ってみたけれど全然染まらない」というケースもほとんどありません。

もちろん使い続けていく内に色が定着し、深みがましていくので使えば使うほどキレイな髪の毛になっていきます。

 

また、成分に関しても厳しい審査をクリアしているので、従来のカラー剤では肌トラブルが出てしまう方にも安心です。

年齢を重ねてもオシャレを諦めたくない方、自分のスタイルを大切にしている方にスカルプDボーテは支持されています。

「スカルプDボーテ」のメリット・デメリットは?

なんといっても放置時間が短い!

スカルプDボーテは、何といっても放置時間が短いのが大きなメリットです。

カラー剤やカラートリートメントは20分ほど放置する必要があり、その間待機していなければなりません。

ヘアキャップをすればある程度動けますが、液垂れの心配もあり、結局スマホを見ながら時間を潰している方も多いのでは無いでしょうか。

 

スカルプDボーテの放置時間は5~10分程度。スキマ時間に白髪染めが出来るので小さなお子さんがいて目を離せない、仕事や家事の合間にサッと白髪染めをしたい、という方々からとても人気です。

ここまで放置時間が短いとうまく染まらないのでは?と思う方がいるかも知れません。

しかし、スカルプDボーテは潤いを与えながら深部まで染めてくれるので心配無用、もちろん色持ちも良く、普段のヘアケアと同じ感覚で使用できます。

 

使用感については、ややさっぱりした洗いあがりで、ドライヤーをした後はトリートメント効果でハリ・コシが出てきて自然なボリュームアップに繋がります。

髪の毛の自然なツヤは肌をキレイに見せてくれるので、若々しく見えるなど、アンチエイジング効果もあり一石二鳥です。

床や服に着色しちゃう?

スカルプDボーテは独自の技術を使って染まりやすく、且つ浸透しやすくなっています。

一見大きなメリットに見えますが、ケースによってはデメリットにも繋がります。

 

白髪染めやヘアケアは基本的に浴室で行います。

スカルプDボーテはトリートメントタイプなので、液垂れの心配はさほどありませんが、髪の毛に乗せている量によっては壁や床に付着する可能性があり、付着跡が黒く残ってしまうリスクがあります。

また衣類に付着すると落ち無いため、染まりやすいのはメリットである反面、注意をしないとデメリットにもなってしまいます。

しっかりと髪の毛をすすいでいない場合にも色のついた水が落ちてきてしまい、自宅を汚してしまうので注意して下さい。

すすぎを十分に行わないと頭皮の健康にも良くありません。

頭皮の皮脂や汚れ、染毛料が残り毛穴に詰まると十分な栄養が髪へ行き渡らなくなり、進行すると薄毛や抜け毛の原因となります。

スカルプDボーテは白髪染めだけでは無く、髪の毛を健やかに保つ効果もあるので、効果を十分に発揮させる為にもデメリットに注意して使っていきましょう。

「スカルプDボーテ」の評判・口コミは?

根本までしっかり染まるのが嬉しい

コンプレックスである白髪を1度でしっかりと染めてくれる点は、スカルプDボーテの大きな利点であり、しっかりとした染具合に対する口コミは多数上がっています。

いくつもの白髪染めを試した上でスカルプDボーテを使用したところ、本当に求めているものに出会えたという口コミもあります。

またスカルプDボーテはいくつもカラーがあるので自分に合ったスタイルを探しやすく、年齢を感じさせない髪の毛にしてくれます。

臭いも無く、カラー剤の様に髪の毛を傷める成分が配合されていないので、使い続けても頭皮や髪の毛に負担がかからずツヤツヤする、というのもスカルプDボーテが高い評価を受ける理由の一つです。

石鹸洗いは絶対?

白髪染めをする際に手袋を使って行いますが、それでは細部まで染まらずムラが出てしまう。

人によっては手袋の感覚が苦手という方もいますし、フリーハンドで塗った方がキレイに仕上がるという声もあります。

カラートリートメントの多くはフリーハンドでも使える様に肌に優しい成分を使っていますが、スカルプDボーテに関しては、染髪力を突出させているのでそれがネックとなります。

 

成分的には肌に優しく刺激はありませんが、手や皮膚に付くとしっかり洗わないと落ちにくくなります。水洗いだと数回洗う必要があるので、石鹸を使うのがベストです。

既にトリートメントが浸透してしまった場合は、ブラシを使って洗う必要もあります。

特に爪は着色しやすいのでネイルをしている方は必ず手袋を着用して下さい。

また4つのカラーを展開しているのですが、ライトブラウンやマロンブラウンはかなり明るめになっているので白髪が染まり過ぎて驚いたという口コミもあります。確かに思った以上に染まり過ぎる事もありますので、放置時間など注意してください。

自分の髪質やスタイルを吟味した上で使えば不安な部分は解消されます。心配な方は一気に染めるのではなくパッチテスト同様に少しずつ染めていくとリスクを抑える事が出来るでしょう。

「スカルプDボーテ」の使い方は?

放置時間が短く、染まりすいと言われているスカルプDボーテですが、使い方もシンプルです。

油分を落とす

一般的なトリートメントと同じ様にまずシャンプーで髪の毛や頭皮の汚れを落とします。この時に油分を洗い流しておかないと仕上がりに大きく影響するので注意して下さい。

気になるところに塗布する

スカルプDボーテは濡れた髪の毛にも使えますが、より深く色を入れたい場合は乾いた髪に塗ると良いでしょう。白髪の気になる部分に重点的に塗ったら後は5~10分待つだけでOKです。

ヘアキャップを装着する

この時ヘアキャップをしていると保湿効果が高くなり、髪に浸透しやすくなります。1度に使用する量はセミロングの場合、50gほどなので1本で4回程度使えます。サロンと比較してもかなりコスパが良い事が分かります。

しっかりと洗う

髪の毛に浸透させたらしっかりとすすぎましょう。

始めの内は紫色の水が流れて驚くかも知れませんが、それが無くなるまですすぎ、乾かせば完了です。念の為、タオルは色移りしても問題が無いものにして下さい。

 

よりうまく染めるコツ

これまでにカラートリートメントを使ったけれど、うまく染まらなかった。スカルプDボーテを含むカラートリートメントは従来のカラー剤とは違い、いくつかのコツがあります。

まず準備するものですがスカルプDボーテにはビニール手袋と本体しか入っていません。これだけでも白髪染めは出来ますが、色移りしても良いコームと底が浅く、口の広い容器があると尚良いです。

 

コームは髪の毛に塗る際に均一となり、ムラを防ぎます。なれない状態のまま手でつけるとムラになってしまい、美しく仕上げられません。

容器については無くても良いですが、あらかじめ容器に使う分のトリートメントを入れておくと、服や床・壁を汚さなくて済みます。

スカルプDボーテはセミロングであれば1本につき、4回ほど使えますが、髪の太い方や、染まりにくい方は少し多めに使うと効果を感じやすいです。

スカルプDボーテを使う頻度ですが、最初の内は3日に1度、白髪にカラーが定着してきたら週1でも問題ありません。スカルプDボーテは何といっても放置時間が短いので毎日のルーティンに入れやすく、それが長続きのコツです。

 

公式サイトはこちら

 

関連する商品