白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

50代の女性を美しくするおすすめの髪色とは?

50代の女性 白髪染め

あなたは白髪に悩みを感じていませんか。
人目に付きやすい部分だからこそ、白髪を目立たなくしてより美しく見せられる髪色を探す参考にしていただければと考えています。
当記事では、白髪染めをされたことがない方もこの記事を読むことで白髪の悩みを軽減し、白髪染めを通してお洒落で若々しい色の選び方や探し方を一人でも多く、見つけていただきたいという想いで記載しました。
気になる方はご参考までにお読みください。

白髪染めのメリットとデメリットとは

白髪を染めると見た目が若返るように、髪は印象を左右する大切な要素になっていきます。
そんな大切な髪ですので、白髪染めのメリット・デメリットを知り、出来るだけご自身にあったやり方で白髪染めに向き合っていただきたいと思います。
以下に白髪染めのメリットとデメリットを記載しましたので、ご参考までにご覧ください。

メリット

何よりのメリットは若々しい美しい見た目をキープできることです。
実年齢に限らず、白髪があることで老けて見えることも。
髪もその人の印象に大きく左右するので、いつまでも若々しくいたいという方にはオススメです。
相手に清潔感を感じさせるのもメリットです。
白髪が混ざっていると、ヘアスタイルにボサボサ間が出て、きちんとお手入れしていない様な印象を与えてしまいます。
黒色以外にも今では様々な白髪染めカラーあるので、あなたらしいピッタリのカラーを選んで良い印象作り
1つの手段にしてみてはいかがでしょうか。

デメリット

白髪染めはどうしても費用が掛かり、時間と手間がかかってしまいます。
1回あたりの白髪染めの手間もですが、髪が伸びてくると生え際の白髪が目立ってしまうので、綺麗な状態をキープしたいならば、1ヶ月に1回など、定期的に染める時間を確保しなくてはいけません。
それに加え、一般的に市販されているカラー剤を使用すると髪と頭皮にダメージが少なからずかかります。
白髪染めを長く使用する方の中には、髪がきしむなどの症状に悩む方も多いです。
そのため、白髪染めの後はトリートメントもセットで行うようにします。

自身で染める場合のメリットとデメリットとは

白髪染めをする方法は、市販のカラー剤を使い自身で染める方法と美容室などで染めてもらう方法の2つがあります。
ここではご自身で染める場合のメリットとデメリットについて挙げていきます。

メリット

種類が豊富にある

たくさん市販されており、自由に商品を選ぶことが可能です。
白髪染め商品は多数のメーカーから販売されており、さらに自身にとって使い勝手のいいものを選びやすくなっています。
ヘアカラー、ヘアマニュキュア、カラートリートメントと染まりやすさ(髪へのダメージ)・染める頻度・使い方が異なるので、しっかり比較して選びましょう。
色も豊富で、髪色も楽しみたいというニーズも満たせる商品もあります。

コストを抑えられる

お店に行くよりも安く抑えられます。
美容院などで染めると1回あたり6000円~10000円かかりますが、市販の白髪染めでしたらお手頃価格のものなら1500円前後、サロン用の質のいいものなら3000円前後が相場です。
残った分は保存できるのか、1本あたりどれぐらい使えるのかなど、選ぶときはそういった部分も確認してみましょう。

自身の都合に合わせられる

美容院で白髪染め使用とすると、都合のいい日を確認し、予約しないといけません。
希望の日が空いていない時もあります。
このように、自身の都合だけでは決められません。
自身で染める場合、好きなタイミングで染められますので、美容院に行く時間がなかなか取れない方にも便利です。

デメリット

店によって品揃えが悪い

市販されているカラー剤はお店にもよりますが、メーカーや色の種類が限られ、あるものを購入するしかありません。
品揃えのいいお店が近くにないときは通販を利用するのもオススメ。
通販ですと、肌が弱い方でも安心して染められる製品も多数あります。
また、染めてみると思っていた色と違うということもあるので、口コミなども参考にしてみましょう。

慣れないと染めムラが

これはかなりの方が懸念されているのではないでしょうか。
鏡で見ながら染めても、頭頂部や後頭部は特に染めにくいですよね。
鏡を2つ以上使うと後ろも確認しやすいですが、ある程度慣れる必要もあるため何度か試してみましょう。
また、最近の商品では使い方の説明書だけでなく、動画を公開されているものもあるため、気になる商品の公式サイトを確認してみましょう。

髪にダメージが残りやすい

市販の白髪染めには強い薬剤が使われているものも多く、そのせいで何回も使っていると、髪がパサパサになったり、きしんだりする症状がでます。
市販の物の中にはトリートメント効果も合わさったものもあり、手間を省きたい方にオススメです。
お値段はやや高くなりますが、より安全に白髪を染めるならヘナタイプがオススメです。

お店で染める場合のメリットとデメリットとは

次はお店で染める場合のメリット・デメリットについて挙げていきます。
自身で染める場合よりも高額になりますが、お店では専門的な知識のあるプロのスタッフが対応してくれるので、それなりのメリットを感じられます。

メリット

色選びが的確

スタッフが調合をしてくれるので、色の種類が多く、あなたに合った色を選んでもらえます。
染めムラもプロが確かな技術で染めてくれるので心配ありません。

ダメージが最小限

髪に応じた薬剤を使いダメージを最小限にしてくれます。
髪の状態に応じて薬剤を使い分けてもらえ、さらに白髪染めのあとのトリートメントもしっかりとしてもらえます。

デメリット

どうしてもそれなりに料金がかかってしまうこと、そして好きなタイミングで染められないことです。
予約などをしないといけないことも多く、「今日染めたい」と思ってもできない可能性があります。
定期的に通う必要もあるため、その都度お店にいくための時間を空けないといけません。

白髪染めのお店の種類

お店で染める場合でも、大きく分けて2つ、美容室(美容院)と毛染めやヘアカラー専門店があります。
2つの違いを見てみましょう。

美容室(美容院)

美容室(美容院)はカットやパーマ、カラーリングなどの幅広い施術内容に対応しています。
白髪染めのついでにカットもしてもらうなども可能です。
費用としてはカラーやパーマですと10000円程、お時間もそれなりに掛かってしまいますので、できるだけスムーズに対応してもらうためにも予約をしてから行きましょう。

毛染め専門店

最近出てきた毛染め専門店ですが、生え際だけなど部分的染めも対応してくれます。
価格も比較的安価で、全体を染めた場合でも2500円~3000円ほどの相場です。
またカラーをする範囲によっても変動はしますが、施術時間が短い特徴があり、早い場合ですと40分ほどで終わります。
また、専門店であるため染める技術に特化しており、安心して染めてもらえます。
ただし、スタッフを指名することができないため、毎回決まったスタッフに担当してもらいたい方には不向きです。

似合う色を見つける方法

似合う色を探す上で必要なことですが、色には種類があり、その種類によってあなたの印象が変わります。
色重視・明るさ重視・髪質重視の3つのポイントから選ぶと決めやすいです。

色重視

肌の色をポイントにすると似合う色を選びやすいです。
暖色系と寒色系の2つに分けて選びましょう。
暖色系は赤色・オレンジ色・黄色などが当てはまり、肌の色がイエローベース(黄色)の方に、寒色系は灰色・青色などが当てはまり、肌の色がブルーベース(青色)の方にオススメです。
イエローベースとブルーベースをより詳しく知りたい方は以下のページで詳しく紹介しています。

▼参考コラム

色重視の場合は主にパーソナルカラーを考慮した選び方になりますので、一度ご自身に合うパーソナルカラーを知ることで、より一層美しくなるためのポイントを理解できます。

明るさ重視

明るい色の白髪染めは染まり方が弱まりやすく、色落ちが早い傾向があります。
一方で、暗い色の場合は白髪の染まり方が強く、色落ちが遅い傾向です。
以上のことより、色落ちを気にされる方・しっかりと染めたい方は暗めの色を選ぶとよいでしょう。
それでも明るめの色に染めたい時は、色落ち具合により調整する必要があるので、3日続けて染めるなどして好みの色に近づけましょう。

髪質重視

髪質は硬毛と軟毛の2種類に分けられ、それぞれに特徴があります。
硬毛は通常よりも硬めで太い毛になり、特徴としては熱の影響が受けにくいため、髪型をセットする時に厄介な毛でもあります。
また、硬毛を染める場合は色が出にくいという特徴もありますので、イメージされている明るさよりも1トーンほど明るいものを選ぶことをオススメします。
軟毛はキューティクルが少ないため、保湿力が弱く、毛が切れやすく摩擦や引っ張られるような力が加わることで枝毛にもなりやすい特徴があります。
ただ、軟毛は染まりやすい毛なので色が出やすく、パッケージや見本にある色通りの色に染めやすいです。

色による効果とおすすめのヘアカラー

ここからは50代女性におすすめのヘアカラーは、グレージュ系、ベージュ系、アッシュ系、ブラウン系の4種類です。
ただし、アッシュ系+ベージュ系といった2種類の色を合わせて染めることもできるため、カラーバリエーションは豊富で様々な方にも合わせやすくなっています。
また、印象に違いが出る要素としては髪型や髪の長さ、骨格や顔の造りによっても見え方や印象に違いがでますので、決められないという時はプロの方に相談してみるのもいいでしょう。

グレージュ系

グレーとベージュを混ぜ込んだカラーで、2種類のカラーの割合を変える事により様々なグレージュカラーを出せるのが特徴となっています。
暗めの髪色の方に透明感を出せる上落ち着いた色ですので、上品に見せたいと思われている方や髪色を明るくできないオフィスで働く女性にもオススメです。
また、ブリーチを入れてからグレージュ系で染めると髪を明るめに染められ、逆にブリーチなしだと落ち着きのある色になります。

ベージュ系

明るめの髪色になり、柔らかさとふわっと感が出しやすくそれでいて上品さも出してくれるという特徴があります。
そのため、髪のボリュームを気にされる方、髪の明るさによって肌のくすみが和らぐという効果から肌を綺麗に見せたい方にオススメです。
また、ベージュ系はバリエーションも多いです。
誰にでも似合う色として年齢問わず好まれており、明るめの色を試してみたい方にも挑戦しやすいでしょう。

アッシュ系

灰色っぽい髪を演出してくれて、くすみのある色で、髪の赤みが気になる方にオススメです。
アッシュとベージュを組み合わせることで上品さを高めることもできますし、若々しさを出したい場合にはアッシュとブラウンを組み合わせると良いでしょう。
また、ブリーチなしでも色も透明感も出しやすく、バリエーションも豊富なことから、暖色と寒色を取り入れることで印象を変えられます。
色落ちしていくと元の色味に戻っていきます。
ブリーチを入れた場合は色落ちしていくと黄色っぽく、金髪に近い状態になります。
色落ちに楽しみを感じている方は、一度美容師さんに相談されて色落ちの経過を楽しまれても良いでしょう。

ブラウン系

定番の人気色で日本人の肌と相性が良いのが特徴です。
初めて白髪染めをする方はブラウン系から始めてみても良いでしょう。
また、ブリーチなしでもしっかりと色が出やすく、ブラウン系は硬めの髪質の方に対しても柔らかな印象に変わりやすいです。

まとめ

白髪染めを自身でする場合とお店でする場合、それぞれのメリット・デメリット、似合う色の見つけ方、そして50代女性にオススメの髪色についてご紹介しました。
白髪染めに躊躇されている方や白髪染めで綺麗な髪色にするのを諦めかけていた方は是非参考にしてみてください。
これから始める方も上手くご自身の髪の毛とお付き合いをして、楽しいライフスタイルを送ってください。

関連する商品