白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

アレルギー体質でも大丈夫?ノンジアミンカラーの白髪染めを解説

白髪染め ノンジアミン

一般的に市販されている白髪染めや美容室で使われている白髪染めの中には、ジアミンと呼ばれる成分が含まれている場合があり、強い刺激によってアレルギー反応が出てしまう方もいます。

今回は、ジアミンカラーの基本的な知識から、アレルギー体質の方でも安心して白髪対策ができる方法とオススメのノンジアミン商品をご紹介していきます。

ジアミンカラーとは

ジアミンカラーとは、ヘアカラーを作る際に「ジアミン」と呼ばれる染料を配合したヘアカラーで、一般的に売られている1剤と2剤を混合して使用するタイプのヘアカラーの多くがそれにあたります。

ジアミンにも様々な種類がありますが、中でも「パラフェニレンジアミン」と言われるジアミン化合物で作られた酸化染料が含まれているカラー剤が多いことから、美容業界ではジアミンといえばパラフェニレンジアミンを指すことが一般的です。

白髪染めをはじめとするヘアカラーは、パラフェニレンジアミンと過酸化水素水の化学反応を起こして酸化することで、髪の毛の内部に色を定着させる働きがあります。

簡単にしっかり染められるというメリットもあり多くの商品が売られていますが、最近では毒性が強い化学成分であることがわかってきており、身体への悪影響を懸念してヨーロッパの一部の国では使用が禁止されています。

ジアミンアレルギーが起きる原因

白髪染めに含まれているジアミンによってアレルギーを発症したケースは、これまでに多く報告されています。

ジアミンによるアレルギーがなぜ起きるのかといった原因は明確には判明していないものの、食べ物や花粉、薬物など、その他のアレルギー症状と同様に、もともと人間に備わっている免疫が過剰に反応することによって引き起こされます。

これは、身体のジアミンに対する許容量のオーバーや、体質の変化や体調不良によることが原因として考えられています。

そのため、カラーリングをしてすぐにアレルギー反応が出る人もいれば、数時間、半日後に反応が出る人、あるいは何度もカラーリングを繰り返していくうちに症状が出てくる人もいます。

これまで数回の使用では問題がなかった人でも、突然アレルギーが現れる場合もあるため注意が必要です。

全てのジアミンがアレルギー反応を引き起こすわけではありませんが、一般的なヘアカラーに含まれていることが多いパラフェニレンジアミンは、特にアレルギーを起こしやすいと言われていますので、注意しましょう。

その他にアレルギー反応が出る可能性があるとされる化学物質は、パラフェニレンジアミンと化学構造が似ている「パラアミノフェノール」、「メタアミノフェノール」、「トルエン-2,4-ジアミン」などです。

ジアミンアレルギーの原因物質となる種類や刺激の程度に違いはあるものの、いつ、誰にアレルギー反応が起きるかは予測することができません。

そのため、白髪染めを行う際にはジアミンカラーによるアレルギーのリスクを知った上で対策を心がけることが大切です。

ジアミンアレルギーを回避するためには

ジアミンアレルギーが出てしまったけれど白髪をそのままにしておくのは抵抗があり、なんとか白髪対策をしたいという場合もあるかと思います。

ここでは、そのような方のためにジアミンアレルギーを回避するための方法をご紹介します。

頭皮に薬剤が触れないようにする

ジアミンを配合しているヘアカラーは、しっかりと染めることができて色持ちが良いというメリットもあることから、使いたいと考える方も少なくありません。

どうしてもジアミンカラーを使用したいという場合は、頭皮に薬剤が触れないように注意して染めていきましょう。

また、染め始める前に顔まわりの生え際や耳などに保護クリームや油性クリームを塗っておくと、刺激が軽減されるだけでなく、万が一肌にカラー剤が付いてしまった時に落としやすくなります。

とはいえ、白髪の多くは目立ちやすい生え際を染めるケースが多く、特にセルフカラーで行う際は頭皮に付かないように染めるのが難しいため、あまり現実的な方法とはいえません。

ご自身の白髪の量や白髪が目立つ箇所にもよりますが、リスクを避けるためにもジアミンカラーを使用する場合は美容室に相談するのがオススメです。

ノンジアミンカラーを使用する

ジアミンアレルギーを回避するためには、ジアミンが含まれていないノンジアミンカラーを選ぶことが最も確実な方法と言えるでしょう。

ノンジアミンカラーといっても様々な種類があり、具体的には、ヘナカラー、ヘアカラートリートメント、ヘアマニキュアなどがあります。

ここではそれぞれの基本的な特徴をご紹介していきます。

ヘナカラー

ヘナカラーはインドや中東、アフリカに自生する植物のヘナから作られた粉と水を混ぜ合わせてペースト上にしたものを髪に塗ることで色付けをしていくヘアカラーです。

植物由来の成分を使用しているためジアミンアレルギーの心配がなく、安全性が高いのが特徴。
い草のような香りには癒し効果もあり、ナチュラル志向の方にもオススメです。

ただし、人によってはヘナやインディゴの植物による草木かぶれを起こす場合もあるため、事前のパッチテストは必ず行うようにしましょう。

ヘナ自体はオレンジ系の色が特徴ですが、ヘナにインディゴによるブルー系を加えて濃い目の色を出す商品も多いため、白髪染めに向いています。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、名前の通りトリートメントにヘアカラーの要素が加わったアイテムで、シャンプーの後に使用することで少しずつ髪の毛が着色されていきます。

ノンジアミンであることはもちろん、安全性の高い成分で作られている商品が多いため、アレルギー体質の方でも白髪対策が可能です。

ヘアカラートリートメントは染色力があまり高くないのがデメリットですが、繰り返し使用することでしっかり染まっていくため、自然に白髪染めをしたい方にオススメです。

トリートメント効果によって、髪の毛を内側から補修する効果も期待できるので、白髪染めと同時に髪の美しさを保てるのも魅力です。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは髪の毛の表面のみをコーティングするように色をつけていくタイプのヘアカラーです。
マニキュアという名前の通り、ヘアマニキュアはネイルのマニキュアとほとんど同じ仕組みです。

ジアミンが含まれていないため頭皮にやさしいだけでなく、髪の毛のキューティクルを保護する効果もあるため、髪が傷みにくいというメリットもあります。

ただし、頭皮や肌に付いてしまうと落とすのが難しいため、頭皮にカラー剤をつけないように気を付けなければなりません。
そのため、セルフカラーに自信がない方は美容室で行うのがオススメです。

ヘアマニキュアはカラーバリエーションが豊富なので、白髪染めとおしゃれ染めどちらにも適しており、好みのカラーを楽しめるのが特徴です。

ノンジアミンカラーは色持ちが悪い?

ノンジアミンカラーを取り入れてみたいけど、ジアミンが配合されていないヘアカラーは色持ちが悪いのではと心配される方もいらっしゃいます。

一般的なヘアカラーの色持ちは一般的に2、3ヶ月と言われているのに対して、ノンジアミンカラーの色持ちは3、4週間程度が目安です。
そのため、ノンジアミンカラーを使用する場合は色落ちの状況によってはカラーリングの頻度が高くなる場合もあるでしょう。

ジアミンカラーとノンジアミンカラーはそもそもの仕組みが異なるため、色持ちに差があるのは仕方のないことでもあります。

ジアミンカラーの色持ちが良いとは言え、アレルギー症状が出てしまうのは辛いですし、強い刺激による髪へのダメージはノンジアミンカラーと比較してかなり高くなります。

せっかくの白髪染めで綺麗に見せたいと思っても、薬剤の効果によって髪の毛がパサついていたり、ツヤ感が失われていたりしたら逆効果になってしまうでしょう。

ノンジアミンカラーは、ジアミンカラーと比べれば色持ちは悪いと言えますが、色落ちするまでの期間は使用する商品の種類や髪質、染める時の髪の毛の状態によっても大きく変わってきます。

中にはしっかり染められるものや、色持ちが良いものもあるので、ご自身に合った商品を選ぶことが大切です。

また、ノンジアミンカラーは一般的なヘアカラーとは異なり表面の色が少しずつ落ちていくため、自然な色落ちによって伸びてきた部分が目立ちにくいのもメリットです。

もしノンジアミンカラーによってカラーリングをする頻度が増えたとしても、ノンジアミンカラーの場合は髪の毛や頭皮に与える負担を大幅に軽減できるため、白髪対策をしながら髪の美しさもキープでき、安心して使えるヘアカラーとしてオススメです。

ジアミンアレルギー対策にオススメの白髪染め

次に、ジアミンアレルギー対策にオススメしたい、髪の毛や頭皮にやさしい白髪染めをご紹介していきます。

ヘナカラー 木木と(もくもくと)

木木と 評判
 

詳細はこちら

 
木木と(もくもくと)は、厳選したハーブ原料が配合された自然由来のヘナカラー。

ジアミンを使用しておらず、さらに人体にリスクがあるとされる医薬部外品原料基準に含まれる原料も使用していないため、アレルギー反応が出るリスクがかなり低い商品です。

コラーゲン配合で保湿効果にも優れているため、白髪染めはもちろんのこと、トリートメントとして使用することもできます。

ヘナの葉に含まれているローソニアという成分には頭皮のクレンジング効果もあり、健康で清潔な毛穴を保つことで白髪の予防にもつながります。

木木とのカラーバリエーションは7種類で、特に白髪染めには黒茶、焦茶、赤茶がオススメです。
明るめのカラーにしたい場合や、ダメージが気になる場合は金茶を選ぶとよいでしょう。

また、関連商品のシャンプーとトリートメントにはヘナエキスが配合されており、ヘナカラーで染めた色持ちをよくする効果や、髪と頭皮の健康状態を保つ効果が期待できます。

カラートリートメント 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント
 

詳細はこちら

 
利尻ヘアカラートリートメントは、普段使用しているトリートメントに置き換えることで少しずつ白髪が染まっていくタイプのカラートリートメントです。

天然由来の自然色素を使用しているため、髪と頭皮をいたわりながら白髪ケアをすることができます。
ノンジアミンというだけでなく、ノンシリコーンや無鉱物油、パラペン不使用と無添加処方になっているのも安心感があります。

カラーバリエーションは明るめのライトブラウン、ナチュラルブラウンから、自然なダークブラウン、ブラックまで、ご自身の髪色に合わせて選べる全4色の展開です。

ヘアマニキュア サロンドプロ ヘアマニキュア スピーディー

ヘアマニキュア サロンドプロ ヘアマニキュア スピーディ
 

詳細はこちら

 
サロンドプロ ヘアマニキュア スピーディーは、髪の表面に色を定着させていくヘアマニキュアタイプの商品です。
ジアミンを使用せず自然由来のトリートメント成分を配合しているため、繰り返し使用しても髪の毛の負担が少ないのが特徴。

放置時間が5分と短いため気軽に染められるのが便利ですが、地肌や手などに付いてしまった場合、数日間は取れなくなってしまうので注意が必要です。

また、染めた後も色落ちをしやすいため、特に髪が水や汗などで濡れている場合は寝具や洋服などに色移りしてしまうことがあるので気をつけましょう。

サロンドプロは一般的なヘアカラーのような使い切りタイプとは異なり、ショートヘアの方や部分的な白髪染めに使いた場合は残ったカラー剤をとっておけるのも便利です。

カラーバリエーションは、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、アッシュブラウン、ダークブラウンの4色で、ブラウン系のナチュラルな白髪染めをしたい方にオススメ。

まとめ

白髪対策をしたいとは思っていても、ジアミンアレルギーの方やアレルギー体質の方にとって、頭皮へのリスクが高い白髪染めをするかどうかは悩ましい問題です。

一度アレルギー症状が出てしまった場合、体調などによってその程度に波はあるものの基本的に治すことは難しく、症状を抑えるためにはアレルギーの原因となる成分を避けるしかありません。

今回ご紹介したヘナカラーをはじめとするノンジアミンカラーの商品を選ぶことで、頭皮や髪への負担をできるだけ抑えながら白髪染めをすることが可能です。

アレルギーだからと諦めてしまう前に、ぜひご自身に合ったヘアカラーを見つけてみてはいかがでしょうか。

関連する商品