白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

これからオーガニックで白髪染めをしようとする人に特徴を解説

オーガニック 白髪染め セルフ

自然由来の商品を生活に取り入れる動きが近年高まってきており、元々、白髪染めはしたいものの化学的な物質に抵抗があった人の間でオーガニックな白髪染めが注目されています。オーガニックな白髪染めはセルフで染めるのは難しいと思われる人もいるかもしれませんが、今では比較的簡単に染められる商品もあります。ここではオーガニックの白髪染めを試そうとしている人にオススメのオーガニックの白髪染めを紹介します。

オーガニックとは

オーガニック(organic)には様々な意味がありますが、一般的には「有機」という意味でつかわれることが多いのではないでしょうか。
化学的な物質を使用せずに育てられた農作物や水産業、畜産業に用いられることが多いこともあり、皆さまもオーガニックと言えば食品が思い浮かぶかもしれません。
オーガニックは食物だけでなく白髪染めでもオーガニックの商品はあり、化学成分を配合されていない白髪染めの商品が自然派の白髪染めを求めている人に注目されています。
さらに、セルフで白髪染めができるオーガニック商品も多く発売されているのでこれからオーガニックで白髪染めをしたいと考えている人には選びやすい環境になってきています。

オーガニックヘアカラーとは

オーガニックの白髪染めは自然由来の成分でできており化学的な物質を含まないので、頭皮のかぶれや髪のダメージが気になる人やアレルギーを引き起こす人にとって、セルフでも心配なく白髪染めのおしゃれを楽しむことができます。
オーガニックと表示してある商品はなんとなく安心だと思ってしまいますが、実際にどのようなものがオーガニックの商品になるのでしょうか。
セルフで白髪染めをすると一般的にはジアミン色素などアレルギーを引き起こす心配や、長期的に使用すると発がん性のある物質が入っているため、使用をためらう人もいます。
そこで自然の成分が配合されているオーガニックの白髪染めを検討する訳ですが、オーガニックと表示されているもの全てが自然な成分で出来ているのでしょうか。

オーガニックのヘアカラーの特徴

日本では食品ならオーガニックのものにはJASマークという認証マークが付けられていますが、化粧品などにはその基準がありません。
その為、1%であろうが100%であろうが自然の成分が含まれていればオーガニックの商品と表示することができます。
オーガニックの白髪染めはグレープシードオイル、フラックスシードオイル、シアバター、ローズマリー、キンセンカなどが含まれているものがございます。
オーガニックの白髪染めの色は赤・青・白など原色の色で白髪染めをしたい人には色の好みが合わないことがあります。
世界の中には自然派の商品に対して高い認識を持っている国もあり、世界でも最大の有機認証団体「エコサート」では商品の95%が天然成分であること、植物原料の95%がオーガニック成分であることなど大変高い基準を設けています。

通常のヘアカラーとの違い

オーガニックの白髪染めは自然の成分由来のものであるということがヘアカラーとの一番の違いにはなりますが、それ以外にはどのような違いがあるのでしょうか。
オーガニックの白髪染めは一般的なヘアカラーのように化学物質からでる嫌な刺激臭がありません。
通常のヘアカラーも刺激臭は抑えられた商品が発売されてはいますが、やはり完全に消すことはできません。
色のバリエーションはオーガニックの白髪染めに比べてヘアカラーの方が豊富になります。
また、セルフで行うにはオーガニックの白髪染めの方が手間のかかるものが多く、価格も一般的なヘアカラーの方が低くなる傾向があります。

オーガニックヘアカラーのメリット・デメリット

オーガニックの白髪染めをセルフで行う場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
白髪染めは体に影響を及ぼすものなので自身に合う商品かどうかはチェックをすることをオススメします。

メリット

セルフで白髪染めをするのなら長く続けていくためにもオーガニックの白髪染めの全般的なメリットを踏まえた上でそれぞれの商品の特徴をチェックしていくことが大切です。
それではメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

有害な化学物質が含まれていない

一般的な白髪染めにはジアミンなど有害な物質が含まれていますが、オーガニックであれば自然の成分で出来ているので、頭皮のかゆみや髪のパサつきが抑えることができます。
また自身の体に影響があるということは地球の環境にも少なからず影響を及ぼします。
オーガニックの白髪染めであれば自然の成分であれば環境への影響も少なくなります。

自然な色に仕上がります

オーガニックの白髪染めは自然にある色素で染めるため、セルフで染めても髪の色がある程度自然な色に染まります。
そのため、職業的に派手な色が向いていない人や、明るめの色で染めるのが苦手な人にオススメです。
オーガニックの白髪染めが発売された当時には色のバリエーションがあまり選べませんでしたが、現在ではバリエーションも豊かになっているのである程度の色のニーズにこたえることができるようになっています。

色もちが良く艶やかな髪になります

最初の数回は一般的な白髪染めと色もちは変わりませんが、使い続けていくうちにセルフでも色もちが良くなっていきます。
また化学物質で髪や頭皮が傷むことが無いので髪の健康を保つことができ、健康的で艶やかな髪になっていきます。
どうしてもセルフで白髪染めを行うと髪が傷むような印象がありますが、オーガニックの白髪染めであればセルフで白髪染めをしても髪を傷める心配がなくなります。

デメリット

セルフで行うオーガニックの白髪染めは自然由来の成分で出来たもので髪が傷むこともアレルギーの心配もなくなるとなればといいことばかりのように感じてしまいますが、やはりいい事ばかりではありません。
デメリットとはいえ自身にとって問題のない事であれば使用することができるのでしっかり確認をすることが大切です。

色のバリエーションが少ない

セルフで出来るオーガニックの白髪染めの色のバリエーションが増えたとはいえ、やはり一般的な白髪染めと比べるとやはり色のバリエーションは少なくなります。
白髪染めで個性的なおしゃれをしたいと考えている人にとっては少し選択の幅が狭くなってしまうかもしれません。

一般的な白髪染めに比べて比較的価格が高い

セルフで続けていくためにも価格は大切な要素になります。
一般的な白髪染めに比べて価格が比較的高くなる傾向はありますが、それほど大きく変わるわけではないので、髪と自身の健康を考えて長期的に考えると決してそれほど高額ではないと思える人もいるのではないでしょうか。

オーガニックの白髪染めを扱う美容院が少ない

オーガニックの白髪染めをセルフではなく美容院でしてもらおうとすると、まだ取り扱っている美容院はそれほど多くありません。
近くで美容院をみつけることができればオーガニックの白髪染めについて相談ができますが、もしなければセルフに頼るしかなくなります。
セルフのオーガニックの白髪染めの商品も取り扱いのあるドラッグストアなどでも購入できるので、使い方をしっかりと確認をし、セルフで続けていくこともできます。

オーガニックの白髪染めの注意点

オーガニックの白髪染めをセルフで行っていくには、注意する点がいくつかあります。
安心して使い続けていけるように、是非確認してみてください。

アレルギーの心配が全くないわけではない

一般的な白髪染めはジアミンなどアレルギーを引き起こす成分が入っているため、必ずパッチテストを行ってから使用する必要があります。
オーガニックの白髪染めは植物由来の成分でできているので心配がないと思われがちですが、実際には含まれている植物の成分にアレルギー反応が出る人もいます。
使う時には必ずパッチテストをしましょう。

全てのオーガニックの白髪染めが100%植物由来とは限らない

前の章で解説したように日本では白髪染めにオーガニックと表示をすることに高い基準を設けているわけではありません。
その為、わずかでも植物由来の成分を含んで入ればオーガニックの白髪染めとして販売することができます。
そのような商品は100%植物由来の白髪染めとは違い、ジアミンなど一般的な白髪染めに含まれているような成分が含まれていることがあります。
アレルギーや敏感肌が理由で心配な人は購入前に成分表示などを確認しておく必要があります。

使い方が難しいものがある

セルフでオーガニックの白髪染めをしようとすると使い方やうまく染めていくことが難しい商品もあります。
使い方が難しいと長い間使っていきたいと思っても中々続けられなくなります。
中には一般的な白髪染めほどではなくても使いやすいオーガニックの白髪染めもあるので、自身と相性のあう商品を探していくと納得いく商品と出会えるのではないでしょうか。

オーガニックの白髪染めの種類

オーガニックの白髪染めといっても様々な種類がございます。
セルフで白髪染めを検討する場合には違いをよく理解した上で、自身にあう種類を選ぶことをオススメします。
ここでは代表的なオーガニックの白髪染めの種類をご紹介します。

オーガニックヘアカラー

オーガニックヘアカラーはヘアカラーにオーガニックの成分が含まれているものをいいます。
オーガニックの種類に特別指定がなく、シアバターやホホバオイルなど自然の成分が少しでも入っていればオーガニックヘアカラーと呼ばれます。
全てのオーガニックヘアカラーが100%自然由来の成分でできているわけではないので、完全なオーガニックの白髪染めを希望する人は注意して選びましょう。
また、オーガニックヘアカラーは化学的な成分が入っている場合も多いのでアレルギーを引き起こす心配のある人は特に注意が必要です。
日本には厳格な基準がないので、選ぶ際は海外のオーガニック認証を受けているか、どの認証を受けているかを参考にしてみましょう。
色はオーガニック成分が多いと明るい色が出にくいということはありますが、一般的なヘアカラーに比べてセルフで染めても髪や頭皮が傷むという事が比較的抑えられます。

ヘナカラー

ヘナカラーはインドや中近東などで多く自生しているミソハギ科シコウカという植物を粉末にした白髪染めです。
このシコウカは古来より爪や手足などを染めるために使用されており、近年、白髪染めとしても広く知れ渡るようになりました。
自然の植物を使用しているため限られた色で明るめの色に染めることはできませんが、自然な仕上がりで使い続けていくと髪がより艶やかになっていきます。
しかも、最近ではインディゴなどの他の植物成分を配合することで、選べるカラーが増えてきています。
また頭皮に与える影響も少ないのでより健康的にセルフで白髪染めをすることができます。
一般的なヘアカラーと比較して、セルフでヘナカラーを使用する場合、染めるのに少し手間がかかる、上手く染められるようになるまで少し時間がかかるかもしれません。
注意したいのは、ヘナカラー商品の中には化学成分を含むものがあるということ。ヘナカラーだからどれでも安心ということではないので、成分表や品質表示など、しっかりと確認しましょう。

ハーブカラー

ハーブカラーは文字通りハーブの成分が含まれている白髪染めです。
一般的な白髪染めにハーブが含まれています。
またオーガニックカラーとハーブカラーは同じものとして捉えられることが多く、ハーブカラー=100%オーガニック成分というわけではありません。
ハーブの成分に特に指定がなく、ローズマリー、カミツレエキス、セージなどが含まれています。
一般的な白髪染めに比べてハーブの成分が含まれているため、セルフで白髪染めをしても髪や頭皮へのダメージは抑えることができ、刺激臭も強くはありません。
ハーブカラーは一般的な白髪染めと似ている商品になるのでアレルギーを引き起こす可能性があります。
使用前にはパッチテストをしましょう。また他のオーガニックの白髪染めと同じく髪の色を自然な色に染めることはできますが、明るい色に変えることは難しいです。

まとめ

オーガニックの商品は食品や化粧品、白髪染めといった商品で注目を浴びています。
白髪染めでオーガニックは様々な特徴を持った商品があり、それぞれ自然由来の成分の含まれる割合などが違います。
また、オーガニックの白髪染めと表示することに特に規定が無いため、実際にはジアミンなど化学的な成分が含まれているものもあります。
その中でもヘナカラーは100%自然の成分でできているものが多くあります。
ヘナカラーは粉末を溶かして使用するので、一般的な白髪染めと比べて慣れるまでは少し時間がかかるものではありますが、髪や頭皮の健康を保つためにはオススメの商品です。
実際にヘナの「木木と」を使った記事があります。
そちらもご覧ください。

関連する商品