白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

白髪をセルフでリタッチしたいけどどうすればいい?

白髪染め リタッチ

白髪染めの液剤にも様々な種類があり、誰でもセルフで染めやすくなっているので、最近では自宅で白髪染めをする方も多いようです。
白髪染めには、全体染めだけでなく部分染めといった方法もあります。
今回は、セルフで白髪染めのリタッチをするにはどうすれば良いのかを中心に解説します。
また、効率よく部分染めする方法や、リタッチのメリット、カラー剤の選び方なども紹介するので、セルフで行う際の参考にしてください。
 

白髪染めでもリタッチできる?

最近ではカラー剤の種類が豊富なうえ、質がよくなっていることから、白髪染めもセルフでされている方が増えているようです。
そこで気になるのがリタッチについて。リタッチもセルフでできたら、白髪染めがぐっと楽になりますよね。
ここでは白髪染めのリタッチについて解説したいと思います。

リタッチとは

結論を言うと、セルフで白髪染めのリタッチをするのは可能です。
リタッチとは部分染めのことで、はじめに白髪が目立ちやすくなる根元や生え際の部分のみを染め直すことです。
白髪が生え始めると、どうしても気になるのがフェイスラインの生え際。このあたりに白い髪が見えると、目立ちやすく、老けて見えがちです。
こまめにリタッチしておくと、白髪も気になりにくくなります。
毎回自身で白髪染めする以外にも、全体的なカラーリングや白髪染めは美容院で、その間白髪が気になったらセルフでリタッチを、といった染め方をするのも一つの方法です。
 

根元だけ部分染めするメリット

白髪染めで根元のみ染め直すことには、いくつかのメリットがあります。ここでは、リタッチしたほうが良い理由を解説します。

コストパフォーマンスが良い

根元の白髪だけ部分染めする場合、カラー剤を根元部分に塗布するだけで済みます。
そのため、液剤の使用量が少なく抑えられるのがメリットとして挙げられます。残った液剤は次回に使いまわせるため、経済的です。
またリタッチのみの場合、白髪染めに要する時間が短縮できるのも特筆すべき点でしょう。
セルフでリタッチする場合は、自分が気になった時や、時間があるタイミングですぐにできるのも大きなメリットです。
このように、セルフで白髪染めのリタッチを行うことは、経済的・時間的にコスパが良いと考えられます。

髪が傷みにくい

白髪染めは、おしゃれ染めのカラーリングと同様に、髪の毛へのダメージがあります。
全体染めを何度も繰り返していると、髪に負担がかかり、傷んでしまいます。
髪の毛にダメージがありツヤがなくなると、いくら白髪染めをしていても美しい髪とは言えません。
体質によっては、頭皮にトラブルが生じることもあるでしょう。
そこでリタッチカラーを利用すると、髪への負担を軽減できます。
気になる根元や生え際部分のみを染めるので、髪へのダメージは最小限で済みます。
特に傷みやすい毛先まで塗布する必要がないため、白髪を染めつつ、きれいな髪を維持することが可能です。
 

セルフでリタッチする方法

生え際や根元部分だけ染めるリタッチは、市販の液剤を使えば誰でも手軽にできます。しかし失敗すると色ムラになることがあるので、しっかり手順に沿って行う必要があります。
ここでは、リタッチするときの流れと、効率良く染めるコツを紹介します。

リタッチの3ステップ

白髪染めのリタッチについて、基本の流れは以下のとおりです。

  1. 髪を乾かす
  2. 前頭部、左右の生え際、後頭部の順に液剤を塗る
  3. 塗り忘れがないかチェックする

きちんと染めるためには、髪の汚れを落とすために洗髪し、なおかつしっかりドライヤーで乾かしてから行います。
そして液剤は、最初に前頭部の根元と左右の生え際から塗り始めます。
塗りムラが出ないように、根元にたっぷり液剤をつけるのがポイントです。
目安としては、「白髪+1cm」まで塗ると良いでしょう。その後、同様の手順で後頭部に塗布していきます。
すべて塗り終わったら、必ず全体をチェックしましょう。
白髪が目立ちやすい前頭部の生え際や分け目の塗り忘れには要注意です。
また、特に後頭部は自分で確認するのが難しいので、可能であれば他の人に見てもらうのがオススメです。
この塗り忘れチェックを入念に行うことが、きれいに仕上げるために重要なステップといえます。

根本だけを染める効率的な方法は?

リタッチを効率良く行うためのポイントをいくつか紹介します。
段階別に見ていきましょう。
まず事前準備の一つとして、生え際付近の肌や耳まわりなどに、ワセリンやクリームを塗っておくことです。
肌にカラー剤がついても染まる心配がないので、塗布しやすくなります。
そしてカラー剤を塗るときは、毛先を持って髪を軽く引っ張りながら、ブラシなどで手早く塗ります。
少し多めに感じるぐらいの量を均一に塗っていくのがポイントです。
カラー剤を塗り終わったら、頭にラップを巻いて美容室で時間を置きましょう。
ラップを巻くことでカラー剤の乾燥が防げるので、髪に浸透しやすくなりムラなく染めることができます。
ちょっとしたひと手間をかけることで、白髪染めのリタッチがよりきれいに仕上がるので、結果的には効率良く染めることにつながります。
 

リタッチの頻度は?

白髪染めのリタッチをどれくらいの頻度で行うべきかというと、個人差はありますが2週間〜2か月程度が目安です。
髪の毛が伸びるスピードは、遅い方で1か月に約1センチ、早い方だと約2センチほどだと言われます。
白髪は根元から生えてくるので、髪の毛が生えるスピードと同じく、白髪が生えることになります。
ただし、フェイスラインや生え際部分に白髪があると目につきやすく、もっと早い段階で気になり始める方も多いでしょう。
また、白髪の全体的な量によっても頻度が変わってきます。
白髪染めをしなければ、髪全体の半分以上が白髪になるほどであれば、2〜3週間でリタッチするのが良いでしょう。
白髪が髪全体の3割以下ほどであれば、1〜2か月に1回リタッチすれば気にならない程度ではないでしょうか。
ただし白髪染めの頻度については、全体的な白髪量以外にも、個人の主観が大きく影響します。
本人がどれくらい気にしているかによってもベストな頻度は異なるためです。
「自分が気になり始めたらリタッチする」というのが、実は最も分かりやすいタイミングかもしれません。
そして、そのタイミングに合わせてすぐにリタッチできるのが、セルフ染めならではの利点といえます。
 

カラー剤選びのポイント

各種メーカーから、いろいろなタイプやカラーの白髪染めが発売されています。
種類が豊富な分自分に合ったものが手に入りますが、選択肢が多くてどれを買えば良いか迷うこともあるでしょう。
ここでは、カラー剤選びのポイントを紹介します。

カラーやトーンで選ぶ

髪色に合わせて、カラーやトーンを選びます。
仕上がりのイメージによって適したカラー剤は異なります。
たとえ同じ「ダークブラウン」でもメーカーや製品によって色味が違うので、パッケージ裏の写真などで比較してみましょう。
ただし、髪のダメージ状態や髪質によっても仕上がりが変わってきます。
髪が傷んでいる場合は、染まりやすい反面色が抜けやすいのが特徴です。
髪が柔らかく細い方は比較的染まりやすいのが特徴です。カラー剤の色味が出やすいので、しっかり染めた感じにしたくない場合は、ワントーン明るめにしておくとよいでしょう。
ダークな色味の場合、イメージしているよりもさらに暗めに仕上がります。
一方、髪が太く硬い方は染まりにくく、カラー剤の色味が出にくい特徴があります。
そのため、仕上がりのイメージよりもワントーン暗めの色を選ぶのがポイントです。

成分を比べる

髪への負担を考えると、成分もチェックしておきたいところです。
特に白髪染めやリタッチは、繰り返し行うことになるので、なるべくダメージが少ない製品を使う方が良いでしょう。
またフェイスラインあたりを染めることが多くなるため、肌に触れても安心なものを選ぶのがベターです。
例えばヘナカラーの白髪染めだと、自然由来の成分のみ使用されているので安心でしょう。肌が弱い方にもオススメです。

カラー剤のタイプ・種類で選ぶ

カラー剤には、さまざまな種類やタイプがあります。

種類 特徴
1、2剤を混ぜて使うアルカリカラー 一番しっかり染まる
ヘアマニキュア 髪の表面を染めるのでダメージが少ない
カラートリートメントより染まりやすい
カラートリートメント 髪に優しい
髪質によっては染まりにくい
ヘナ 自然の成分で髪に優しい
粉を水で溶いて使用するので少し面倒

最近では髪へのダメージを抑えた製品が増えていますが、種類別に見ると、ヘアマニキュアタイプが最もバランスがとれた製品といえます。ヘアマニキュアは表面にカラー剤が付着するため、髪にかかる負担が少なくなります。
タイプには以下のようなものがあり、上から順に、リタッチ向けとなっています。

  • クリームタイプ
  • ワンプッシュタイプ
  • 粉タイプ
  • ミルキー、乳液タイプ
  • 泡タイプ

部分染めの場合は、生え際や根元にのみ塗布しやすいクリームタイプかワンプッシュタイプが使いやすいでしょう。
反対に、髪に揉みこんで使う泡タイプなどはリタッチには適していません。
 

関連する商品