白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

白髪で女性の印象は変わる?

白髪染め 印象

白髪はとても気になるものですが、最近はグレイヘアを選択する人もいて白髪染めって本当に必要なのかなと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ヘアスタイルを変えたりカラーリングをしたりしてイメージチェンジをするように、髪の毛は人の印象を左右するものです。
今回は白髪がどのような印象を持たれているかご紹介し、白髪対策について説明していきたいと思います。

白髪が気になりだすのはいつ?年齢別白髪の状態

実は髪の毛はもともと白色です。
白髪にメラニン色素が取り込まれて黒髪なりますが、さまざまな要因でメラニン色素が取り込めなかったのが白髪です。
加齢により白髪が増えるのはご存知のとおりですが、ここでは白髪の量や原因を年齢別に見ていきましょう。

10代から20代

10代20代は白髪がそれほど気にならない世代ですが、若白髪に悩む方もいらっしゃいます。
生活習慣の乱れやストレスが原因となることが多いので、ライフスタイルを見直すことで白髪を解決できることも少なくありません。

30代から40代

年齢を重ねるとメラニン色素が作られなくなり、白髪が生えてきます。
一般的に白髪の量が増えはじめるのは30代後半で、30代後半で約半数の女性に白髪が生えているといわれています。
30代40代は子育てで忙しかったり仕事で責任が増えたりして、ストレスを抱えやすい時期でもあります。
白髪染めによる対処も必要ですが、白髪を増やさないためにリラックスをする時間を持つように心掛けてみてください。

50代以降

50代になると白髪が生えている女性の割合は90%以上となるといわれているので、ほとんどの女性が何らかの対策が必要になります。
50代以降になると、髪のボリュームがなくなったり量が少なくなったりして白髪以外の悩みも増えてきます。
30代から白髪染めを繰り返している方のなかには、髪のダメージに悩まれる方も多いでしょう。
髪のダメージが気になる方は、 白髪染め剤を見直したり回数を減らしたりして、髪へのダメージが少ない白髪染めの仕方を考えることも必要です。

白髪の女性に対しての第一印象とは

人は外見だけでは判断できるものではありませんが、やはり第一印象はとても大事です。
白髪があると、どのような印象を持たれているかここでいくつかご紹介いたします。

疲れて見える

白髪の原因には遺伝や無理なダイエット、ストレスなどもありますが、やはり白髪は加齢や疲れのイメージを持っている人が多いのでどうしても疲れている・元気がない印象を与えやすいです。
元気がなく疲れた様子に見られると、相手にマイナスイメージを持たれる可能性もあります。

清潔感がないように見える

人によっては白髪染めをするのが身だしなみと思っている人もいますし、グレイヘアへ移行するにしてもそれまでにお手入れが必要です。
そのため、白髪染めをしていないと手入れを怠った印象と清潔感がないという印象を与えてしまいます。
清潔感がないのはビジネスシーンではマナー違反と思われ、仕事に影響が出ることも考えられます。
とくに接客業など人と関わる仕事をされている女性は、白髪の手入れはしっかりとしておいたほうがよいです。

年齢より老けて見える

白髪は加齢現象なため、白髪があるとどうしても年を取った印象に見えてしまいます。
見た目年齢に関するアンケートでは、白髪がある実年齢より4歳も老けて見えるそうです。
老けて見えると似合う色やファッションも限られてしまいます。
いろんなおしゃれを楽しみたい方は、印象をよくするためだけでなくファッションの幅を広げるためにも白髪染めをすることをオススメします。

白髪染めを始めるタイミング

白髪は生えていてもそれほど多くないため白髪染めをするか悩んでいる方は、他の女性はいつ頃から白髪染めを始めるか気になりませんか。
30代後半で生えはじめる人が多いので30代後半で始める人が多いですが、白髪染めを始めるタイミングは人それぞれです。
どうしても決められない方は次のタイミングで白髪染めを検討してみてください。

目立つところに白髪が生えてきた時

白髪が生えてくるところは人によって異なります。
例えば、髪の毛の内側に数本生えているぐらいであれば、美容院に行った時に根元から切ってもらえばよいのでわざわざ白髪染めをする必要もないです。
しかし、同じ数本でも分け目やフェイスライン、後頭部やトップの辺りにあると目立ちやすいです。
目立ちやすいところに白髪が生えてきても量が少ないのであれば、髪の毛全体の白髪染めは不要なので最初のうちは白髪かくしや白髪染めトリートメントなどを使うだけで十分です。

白髪の量が増えた時

白髪の量が増えてくるとカットする方法では対処しきれなくなってきます。
白髪隠しや白髪染めトリートメントは効果が薄いので、白髪染めを始めた方が良いです。
白髪染めの仕方は、「美容室で施術をしてもらう」か「白髪染め剤を購入してセルフで行う」のいずれかになります。
白髪染め剤には、複数の種類があるので選び方も重要です。白髪染め剤の種類については次項で詳しく説明します。

白髪染めをするメリットとデメリット

これから白髪染めを始める方は、始める前に白髪染めに関する知識も深めていたほうがよいです。
ここでは白髪染めのメリットとデメリットについて解説します。

メリット

白髪染めは白髪を隠せるだけでなく、それ以外にもメリットがあります。主なメリットは次の2つです。

髪の毛の色を均一にできる

白髪は必ずしも均一に生えてくるとは限りません。
髪の毛の色がまばらであると見た目がよくないですし、ある一部分だけに白髪が生えてくると白髪がとても目立ちやすいです。
白髪ではなくても金髪や茶髪が生えていて、もともと髪の毛の色がまばらな方もいらっしゃいます。
カラーリングをしている人も、時間が経過すると色落ちがおき、さらに白髪の色も加わるので、髪の毛の色がまばらになりやすいです。
髪の毛の色がまばらだと、お手入れを怠っているように見えて不潔な印象を与えがちです。
白髪染めを定期的に行うことで、色を均一にすることができます。

印象を変えることができる

白髪染め剤はカラーリング剤と同様にカラーバリエーションが豊富です。
好みの色の白髪染め剤を選べば、白髪の悪い印象を払拭するだけでなく、もともとの印象を変えることができます。
白髪が生えてくることは女性にとって喜ばしいことではないです。
それでも、白髪染めをして印象を変えたり、白髪が目立ちにくいハイライトを入れて今までしたことのないヘアスタイルにしてみたりすることは、おしゃれを楽しむよいきっかけともいえるでしょう。

デメリット

白髪染めは白髪を隠し、ヘアスタイルを美しく保つことができますが、いくつかのデメリットもあります。
これから白髪染めを始める方は、以下の点にご注意ください。

定期的に白髪染めを続けることになる

白髪染め1回したからといって、白髪から開放されることはありません。
新しく生えてくる可能性もありますし、黒く染めた白髪も伸びればまた白くなります。
定期的に染めることで生じる主なデメリットは次の2つです。

時間を削られる

最近の白髪染めはスピーディーに染められるものも多いですが、それでも定期的に時間を作らなくてはいけなくなります。
美容室で白髪染めをする場合、きれいに染めてもらえますが、施術時間が長くなってしまうので忙しい方にとっては負担に感じることもあるでしょう。

出費が増える

美容室で白髪染めを依頼すると1回にかかる費用の相場は6000円~1万円ぐらいです。
伸びた部分だけ染めるリタッチにすれば多少は費用を安くできますが、年間で考えると数万円の出費が増えます。
市販の白髪染め剤を使ってセルフで染めれば、費用は1/10ぐらいに減らすことは可能ですが、それでも出費が増えることには変わりはありません。

髪の毛が傷んでしまう

市販の白髪染め剤には、着色や発色・染め上がり・色持ちをよくするために、さまざまな化学物質が含まれているため、繰り返し染めると髪が傷んでしまいます。
市販の白髪染めで髪が傷んでしまうメカニズムは次のとおりです。
市販の白髪染めは髪の毛の表面を着色するのではなく、髪の内側に染料を染み込ませて白髪を黒くします。
染料を染み込ませるためには、髪を保護しているキューティクルを開かなくてはいけません。
キューティクルを開く役割をしているのがアルカリ剤です。
キューティクルは白髪染めをした後に徐々に閉じていきますが、開いたままになってしまうと水分が失われ髪がパサつきます。
もうひとつ、髪にダメージを与えるのがジアミンです。ジアミンは染め上がりや発色をよくする化学物質ですが毒性が強く髪と頭皮を傷めます。
白髪染めにより頭皮が環境を悪化すると、髪の毛にも元気がなくなってきます。

条件別オススメの白髪染め

白髪染め剤はいろいろあるので、 白髪の量や使いやすさなどを比較して自分に合った白髪染め剤を見つけることが大切です。
ここでは、ご自身に合ったものを見つけやすいように、条件別にオススメの白髪染め剤をご紹介いたします。

白髪が少ない場合

市販の白髪染め剤は髪の毛にダメージを与えることもあるので、白髪が少ないうちは髪の毛を美しく保つために極力避けたほうがよいです。
それでも気になる場合は、白髪隠し、白髪染めトリートメントを使って隠すのがオススメです。

白髪隠し

気になる白髪に色を付けて白髪を隠すものです。
なかには少しずつ色が付いていくものもありますが、基本的に洗うと色落ちします。
目立ちやすいフェイスラインや分け目の白髪に使いやすいです。

白髪トリートメント

髪の毛をトリートメントしながら染めできます。
あくまでもトリートメントなので、一度できれいに染めることはできませんし、使うのをやめれば色も落ちていきます。

白髪がかなり増えてきた場合

白髪の量が増え目立ってきたら、しっかりと染まる市販の白髪染め剤を使用し始めるタイミングです。
白髪染め剤を購入して自宅で染めるか、美容院に行って白髪染めを依頼します。
どちらにするかはそれぞれの特徴を理解して選んでみてください。

市販の白髪染め剤

価格が安いクリームタイプ、ポンプタイプ式などがあり、カラーバリエーションも豊富です。
セルフで染めると色ムラや色落ちが生じたり、薬剤を付けたまま放置しすぎて髪の毛にダメージを与えてしまったりする可能性があります。

美容室

費用は高くなりますがプロが染めるので、きれいに仕上がります。
部屋が汚れる心配がなく道具の準備や後片付けも不要です。
行く手間や施術時間が気にならない人にもオススメ。

白髪染めをして印象を変えたい場合

白髪を生かしたカラーリングをしたり、ハイライトをしたりして白髪を目立たなくする方法もあります。
白髪染めをして印象を変えたい人は、カラーリングやハイライトを試してみてください。

カラーリング

白髪は清潔感がない印象を与えるので、白髪を生かしたカラーリングもうまくやらないとだらしなく見えてしまいます。
白髪を生かしたカラーリングを希望される方は、美容室で施術を受けたほうが安心です。

ハイライト

髪全体のカラーを明るくすることで、白髪を目立たなくします。
ハイライトも高い技術が必要なので、美容室に依頼したほうがよいでしょう。
白髪が伸びてきても目立ちにくいメリットもあります。

髪の毛を傷めずに白髪染めをしたい場合

白髪染め剤にはアルカリ剤やジアミンが含まれていないものもあります。
髪に優しい白髪染めの種類とそれぞれの特徴は次のとおりです。

ヘアマニキュア

髪の内側でなく髪の表面に色をつけて白髪を隠します。
美容室で依頼できますが、ヘアマニキュアを購入してセルフで行うことも可能です。

ノンジアミンやノンアルカリの白髪染め剤

ジアミンとアルカリ剤が使用されていないので髪の毛が傷む心配がないだけでなく、アレルギー体質の方や敏感肌の方も安心して使えます。

ヘナ

ヘナという植物を原料とした天然素材100%の白髪染め剤です。
頭皮環境を整える効果も期待できるので、使うごとに髪にコシやボリュームが戻ってきたという口コミ情報も多いです。

髪の毛にダメージが少ない白髪染め剤をご紹介しましたが、一番オススメなのはヘナです。天然素材100%なので髪の毛へのダメージとアレルギーの心配が少なく、環境にも優しいので安心して使うことができます。
※人やその日の体調によってはアレルギーが出ることもあるので、使用する際は念の為パッチテストを行ってください。

下記の記事で「髪へのダメージを抑えたい人」向けのランキングが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

また条件別でオススメの白髪染め剤をご紹介いたしましたが、市販の白髪染め剤を使用する際の注意点などについては下記の記事をご覧ください。

まとめ

男性の白髪はロマンスグレイなどといわれ良い印象を与えることもありますが、女性の場合は男性と比較するとよい印象を持たれないことが多いです。
髪の毛が黒い日本人は白髪が目立ちやすいので、若々しく見られたい、元気な印象を持たれたいという方は、白髪染めはしたほうがよいでしょう。
白髪染めは定期的に行わなくてはいけないので面倒ではありますが、印象を変えてファッションを楽しめます。
白髪染めをご検討中の方は、ここでご紹介した情報を参考にご自身に合った白髪染めの仕方を見つけてみてください。

関連する商品