白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

ブローネワンプッシュカラーの評判、メリットやデメリットについて

ブローネ 評判
価格 723円(税抜)〜797円(税抜)
タイプ クリームタイプ
色持ち 3週間程度
安全性
手軽さ 放置時間15分
カラー
バリエーション
11色

今回は、市販で購入できる白髪染めのなかから、花王「ブローネワンプッシュカラー」について、その特徴や評判、オススメポイントをご紹介します。

「白髪が目立つたびに美容室に行けたら良いけれど、時間や費用的に難しい…」「市販の白髪染めのなかで、自分に合った商品を知りたい!」という方、ぜひ参考にしてみてください。

 

公式サイトはこちら

 

ブローネワンプッシュカラーの特徴

花王が発売している「ブローネワンプッシュカラー」。

ドラッグストアやスーパーなどで購入でき、お値段はオープン価格ですが、税込でおおよそ850円〜870円ほど。

白髪染めのために美容室に行って毎回カラーリングを行うことを考えると、大変リーズナブルな商品です。

ブローネワンプッシュカラーはクリームタイプの白髪染めで、カラーバリエーションは、ブラウン系9色、ベージュ系1色、アッシュ系1色の計11種類。

市販で買える他製品と比較すると、やや明るめの色展開が多い白髪染めです。

また、「ローヤルゼリーエキス(うるおい成分)」、「カモミラエキス(毛髪保護成分)」など、髪に優しい成分が配合されているところも、ブローネワンプッシュカラーの特徴です。

ワンプッシュで簡単

ブローネワンプッシュカラーの最大の特徴は、ワンプッシュで1剤と2剤が同時に出てくるというところ。

自宅で白髪染めを行う際、意外と面倒な薬剤を混ぜる手間を省き、すぐにカラーリングを行うことができます。

専用ブラシで、根元までしっかり染まる

ブローネワンプッシュカラーの付属品であるコームブラシは、ブラシ・クシ・ミニブラシが一本になっている優れものです。

ブラシ部分がとてもやわらかくなっているため、髪の間に入りこみ、根元までしっかりとクリームをいきわたらせることができます。

また、ミニブラシ部分を使用することで、耳元の細い毛や、生え際部分の短い白髪の染め残しを防ぎます。

やわらかブラシ部分で分け目や生え際の白髪を染め、ミニブラシ部分で短い白髪を染める。

そして、クシ部分で全体をとかして馴染ませる。こうすることで、白髪を残さず、ムラなく染めることができます。

ブローネワンプッシュカラーはどんな人にオススメ?

ワンプッシュですぐにカラーリングを行うことができ、やわらかブラシとミニブラシが自宅での白髪染めに便利なブローネワンプッシュカラー。

ここからは、そんなブローネワンプッシュカラーは、どんな人に特にオススメなのかをご紹介します。

白髪染め初心者はじめ、とにかく簡単に、しっかり白髪を染めたい人

ブローネワンプッシュカラーはその特徴から、とにかく簡単に白髪染めを行うことができます。

お値段もリーズナブルなため、継続して、簡単に、けれどしっかりと白髪染めを行いたいという人にオススメです。

また、白髪染めを初めて自宅で行うという、初心者の方にもオススメです。

セルフ白髪染め初心者は、「色むらが起きてしまう」というミスに陥りがちです。

色むらが起きる理由は、薬剤を均等に塗ることができていないから。

ブローネワンプッシュカラーでは、「ワンプッシュで薬剤が均等に出る」という特徴はもちろん、付属品の「髪の根元まで届くやわらかブラシ・細かい白髪にも対応できるミニブラシ」を利用することで、色むらをすることなく、白髪染めを行うことができます。

部分染めしたい人にもオススメ

ブローネワンプッシュカラーは、部分染めをしたい人にもオススメです。

別容器で薬剤を混ぜる手間が省けるうえに、クリームを塗ってからの放置時間目安も15分と短めですので、洗面所に1つ置いておけば、朝の時間に気づいた白髪をさっと染めることが可能です。

ブローネワンプッシュカラーのメリット・デメリットは?

ここからは、ブローネワンプッシュカラーのメリットに加え、デメリットもお伝えしていきます。

メリット:数回に分けて使用可能

前述した特徴に加え、ブローネワンプッシュカラーは、ボトルに残ったクリームを保管することができるというメリットがあります。

数回に分けて使用が可能なので、次回白髪染めを行う際にも利用できます。

市販の白髪染めは、薬剤の保管が不可能で一回だけの使い切りタイプが多いなかで、経済的にもとても魅力的なポイントです。

デメリット:容量が少ないかも?ロングの人は注意

ブローネワンプッシュカラーの容量は1剤と2剤合わせて計40g。

花王公式サイトによると、ショートヘアの方が髪全体を染めるのにちょうど1回分の容量となっています。

そのため、部分白髪染めを行う際には全く問題ありませんが、全体を染める時には、髪の長さによって容量の注意が必要です。

特にロングヘアの方が、髪全体をブローネワンプッシュカラーで染めたいという際は、クリームが足りなくなる可能性が大いにありますので、2つ購入しておくなど、事前に対応しておきましょう。

ブローネワンプッシュカラーの評判・口コミは?

ここからは、実際に使用した人による評判・口コミをみていきましょう。

髪質・肌質・年齢によって、使用に関する感想に個人差はありますが、購入する際のひとつの検討要素として参考にしてみてください。

プラスの口コミ・評判

・「混ぜる手間がないので、不器用でもラクにセルフ白髪染めを行うことができた!」
・「ミニブラシがついているので、細かい部分にも使いやすい。」
・「クリームが垂れない!付属ブラシゴムになっていてとかしやすい。」
・「残ったクリームは取っておけるし、思い立った時にちょこちょこっとできるのが良い。」
・「ワンプッシュするだけで1剤と2剤のクリームが同時に出てくるので簡単便利!」
・「やわらかブラシで使いやすく、ミニブラシが付属しているので耳の脇などにも便利でした。」
・「残ったものを取っておける!その後に、また使えるっていうのが経済的で嬉しいですね。」

と、やはりその手軽さや、残ったクリームをとっておけるという特徴をプラスとしている評判が多数ありました。

染まりやすさについて

・「私は髪質的にちょっと染まりにくいタイプですが、それでも規定の時間+5分程度で、きれいにカラーリングできました。」
・「15分ほど放置すれば染まるので、その間に家事をしています。」
・「部分染め待ち時間15分ですが、その合間に家事をして30分くらい経ってしまいましたが染め具合はバッチリ!」
・「染め上がりも綺麗で、色あせしにくいように思います。」

ブローネワンプッシュカラーは、比較的染まりやすいという評判が多いようでした。

髪のきしみ、地肌の痛みについて

・「染めた後、きしみや傷みも感じられませんでした。匂いもあんまり気になりません。」
・「ブローネワンプッシュカラーの一番の良い点は、使用後に髪がサラサラになったことです。これまで、これほどサラサラになった毛染めはなかったので驚きました。」
・「髪の毛も傷むことなく2週間ほどは目立たない状態を保てたので助かりました。」
・「髪の傷みも特になさそうですし、嫌な匂いもありません。」

クリームタイプの白髪染めであること、髪に優しい成分が配合されていることもあって、こちらもプラスな評判が多くありました。

マイナスな口コミ・評判

プラスな意見や評判が多い一方、やはりマイナスな評判も。いくつかご紹介しておきます。髪質や肌質、使い方によって、感じ方は様々あるようです。

・「2度シャンプーをしましたが、カラーリング特有の臭いがします。翌日もう一度シャンプーすると、だいぶ気にならなくなりました。」
・「残量が見えないところが少し使いにくい。あとどのくらい残っているか分からないので、量の調節ができません。クリームが残れば問題ありませんが、途中でなくなったら嫌だなと……」
・「残量がわからないので、あと何回使えるのか気になっています。」
・「仕上げた後、やや髪がバサバサになってしまいました。潤いがないというか、生え際の髪のコシがなくなりました。」
・「クリームは混ぜる手間がなく楽だし、やわらかくて髪に塗りやすかったのですが、やや垂れてきました。」
・「液は時間が経つと垂れてきます。」

ブローネワンプッシュカラーの使い方は?

花王の公式サイトから、ブローネワンプッシュカラーの使い方をご紹介します。

自宅で白髪染めを行う際に気をつけておくべきことも合わせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはパッチテスト(皮膚アレルギー試験)を

ヘアカラーを行う前に、必ずパッチテスト(皮膚アレルギー試験)を行いましょう。

ブローネワンプッシュカラーの場合、下記の手順でパッチテストを行います。

・ボトルをプッシュして、クリームを小皿などに出す
・クリームを綿棒で混ぜ合わせる
・混ぜ合わせたクリームを10円玉ほど取り、腕の内側に塗って、自然乾燥させる
・48時間(2日間)放置する
・クリーム塗布後30分、48時間経過後の計2回、テスト部位を観察する

上記の手順を行い、なにも起こらなかった場合は白髪染めに進みましょう。

万が一、テスト部位がかぶれる・発疹が出るなど、皮膚に異常が現れた場合は、直ちにテスト部位を洗浄し、白髪染めを行うことは中止しましょう。

パッチテストを行うことで、ヘアカラーにかぶれてしまう体質かどうかを調べることができます。

人間の体質は日々変化しています。

今まで、他の市販の白髪染めを使った際・美容院でのカラーリングの際にかぶれたことがないという人でも、必ずパッチテストを行いましょう。

ブローネワンプッシュカラーの使い方

・付属の手袋をつけて、ブラシ部分にクリームを出します。
・ブラシ部分にクリームをつけたら、乾いた髪に塗っていきます。
・ブローネワンプッシュカラーのブラシは、ブラシ部分・ミニブラシ部分・クシ部分に分かれています。ブラシ部分で白髪が気になる部分や、髪全体を塗り、ミニブラシ部分で生え際や細かい毛などを塗っていきます。最後にクシ部分で髪をとかして、塗った部分を馴染ませます。
・クリームを塗る時間はトータル20分以内におさめるようにしましょう。
・塗ってから放置する時間は約15分です。
・放置時間が過ぎたら、髪をよくすすぎます。
・すすぎ終わったらシャンプー・トリートメント等をして、髪をよく乾かします。この時、シャンプーはいつもより丁寧に、2回ほど行いましょう。

事前準備はしっかりと行おう

自宅で白髪染めを行う際に注意しておきたいこと。

それは、事前準備です。

事前準備を怠ると、どんなカラー剤を利用してもうまく白髪を染めることはできません。

髪をブロッキングしよう

前述したパッチテストを行うことはもちろん、白髪染めには「ブロッキング」が重要です。

ブロッキングとは、髪をいくつかの毛束に留めて、部分わけを行うことを指します。

多少時間がかかり、面倒ではありますが、特に全体の髪を白髪染めしたい時には、ブロッキングを行うことによって、白髪染め剤を塗りやすくなることはもちろん、色むらや塗り残しを防ぐことができます。

また、白髪染め剤の塗り過ぎによる髪の痛みを防ぐこともできますので、髪全体を塗るときには必ずブロッキングを行うようにしましょう。

油分の多いクリームで皮膚を守ろう

また、白髪染め剤を塗る前に、おでこや生え際に、ワセリンなどのクリームを塗っておくことも重要です。

パッチテストで皮膚に影響がなかった場合でも、白髪染め剤を塗ることによって、かぶれが起こってしまったり、かゆみが出てしまうこともあります。

万が一を備えておきましょう。

また、クリームを塗ることによって、皮膚への色移りを防ぐこともできます。

ただし、保護クリームは髪についてしまうと、染める力を弱めてしまうこともあるので、髪につかないギリギリのラインで塗るようにしましょう。

白髪染めを行う際に必要なアイテムを揃えよう

前述したクリームはもちろん、汚れてもいい服やタオルの準備も忘れずに。

「気をつけていたのに、白髪染め剤が飛んで服が汚れてしまった……」ということは、白髪染めを行う際でよく起こるハプニングです。

白髪染め剤は洗濯してもなかなか落ちないことがありますので、汚れてもいいタオルや洋服を使って、白髪染めを行うようにしましょう。

しっかりと準備して、自宅での白髪染めを成功させましょう。

 

公式サイトはこちら

 

関連する商品