白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

白髪染めで注目のアッシュカラーってどんな色?

白髪染め アッシュ

最近、白髪染めは白髪を隠すだけでなくおしゃれを楽しみたいというニーズも増えています。
今では白髪染めもカラーバリエーションがどんどん増えておしゃれ染めから違和感なく白髪染めに変えることができるようになりました。

そして最近、おしゃれさんが注目しているのがアッシュカラーです。
自然な明るさと透明感がだせるアッシュカラーとはどんな色でしょうか。初めてチャレンジする時のポイントをご紹介します。

アッシュカラーとは

白髪染めを買いに行って色を選ぶ時に「アッシュピンク」「アッシュブラウン」「アッシュグリーン」といったような色を見つけることがあります。
アッシュというのは「くすみがかった灰色」「青みのある灰色」と表現される色。
くすみがかったと言っても、実際には透明感があり、通常の白髪染めよりも明るい印象に仕上げることができます。

このアッシュもおしゃれ染めと白髪染めでは少し違いがあるのでご紹介しましょう。
白髪染めは白髪を染めることが目的のため、ブラウンが配合されています。
どの色のアッシュカラーにもブラウンが配合されているので、どうしてもおしゃれ染めアッシュで出せるような透明感はどうしても出にくくなります。

それならおしゃれ染めで白髪を染めれば、よりアッシュの特徴を活かしたおしゃれを楽しめるのではと思うかもしれませんが、おしゃれ染めでは色素が抜けてしまっている白髪を染めることができません。

また、白髪染めはおしゃれ染めと比べてアッシュのカラーバリエーションはそれほど多くありませんが、一般的に使いやすい色が揃っているので、白髪染めの方が白髪を目立たせずに十分、アッシュのおしゃれを楽しむことは可能です。

アッシュカラーにすると何がいいの

白髪を染めたいのにアッシュの色が入っていると全体的にグレーっぽく仕上がって逆効果になると心配するかもしれません。
しかし「黒」や「ブラウン」で染めるとべったりした感じに仕上がってしまいますが、アッシュが混ざっていることで自然で透明感のあるおしゃれな色にすることができます。
人とはちょっと違うおしゃれを楽しみたい人にオススメのカラーです。

白髪が目立ちにくい

白髪染めを使っていて面倒になるのが、白髪が出てくるたびに気になって常に部分染めをしたりリタッチをしたりする手間です。
黒や濃い目のブラウンで白髪染めをすると、白髪が生えてくるたびにすぐに目立ってしまいますが、アッシュ系のカラーで白髪染めをすると白髪が生えてきてもそれほど目立たずに染める回数を減らすことができます。

白髪染めの回数を減らすことは面倒がないだけでなく、髪が傷みや化学物質の悪影響を減らすメリットもあります。

おしゃれがしやすい

髪は顔の周りにあるため顔の印象が決まりますし、同時に選ぶ服の雰囲気や色にも影響します。

おしゃれ染めであれば豊富なカラーバリエーションから選べ、なりたいイメージに合わせて髪色や、それに合わせたファッションを楽しむことができます。
しかし、白髪染めの場合どうしても黒やブラウンといった暗めの色が多くなりがち。
「白髪染めの黒やブラウンだと重たい印象に見える」「もっと明るい色を楽しみたい」と感じていた人もいるのではないでしょうか。

アッシュの白髪染めであればカラーバリエーションが豊富なので、髪色を楽しめるだけでなく、おしゃれの幅を狭めずにコーディネートを楽しめます。

明るい仕上がりになる

以前の白髪染めはただ白髪を染めるためのものなので黒なら黒、ブラウンならブラウンといった風に単調な色に仕上がっていました。

白髪を隠したいと思うとどうしても暗い色を選びがちですが、アッシュであれば明るい色でありながら白髪が目立ちにくくなります。
明るく軽やかな雰囲気に仕上がるのでエアリーな髪型を楽しむことが可能です。

アッシュカラーの白髪染めを選ぶポイント

今、人気のアッシュカラーは色々な白髪染めのタイプ、カラーバリエーションが販売されています。
アッシュカラーにチャレンジしたいと思っても何をポイントに選べばいいのかわからない人のためにいくつかの選ぶポイントをご紹介します。

なりたいイメージの色で選ぶ

白髪染めを続けていくときに気になることの1つは、仕上がりの色が自分に合っているかです。

髪の色を選ぶために雑誌などで自分のなりたいイメージの髪の色を探します。
いくつか選んだらその色に近い色の白髪染めを探していきます。

ここで大切なことはなりたい髪の色と自分に似合っている髪の色が同じとは限らないことです。
自分の好みだけで選んでしまうと、本当に似合っているのかわからないままになることが多いので、最初は美容院などで意見を聞くことも色を選ぶ時に失敗しないポイントです。

白髪染めの種類で選ぶ

白髪染めには泡タイプ、2種類の薬剤を混ぜて使うクリームタイプ、乳液タイプなどの種類があります。
他にもヘアマニキュアやヘアトリートメントもありますが、色持ちだけを考えるなら白髪染めが一番、色持ち良くなります。
しかし、使い続けるうちに髪の傷みが気になる場合も多いので、色持ちだけでなく髪や地肌をケアする成分が入っているかどうかも確認してみましょう。

傷みを抑えるという点では、白髪が気になるたびに白髪染めをするのではなく、同じカラーの系統のヘアトリートメントを使うなどでなるべく色を長持ちされることをオススメします。

それでは白髪染めの種類の解説とそれぞれ販売されているアッシュカラーも白髪染めをご紹介します。

クリームタイプ

クリームタイプは2種類の薬剤を混ぜて染めるタイプの白髪染め。
薬剤を混ぜる手間やムラなく中まで薬剤を浸透させるのに少し手間がかかりますが、使い方に慣れてくれば液だれせずにしっかりと髪に馴染むので仕上がりがキレイです。

今では発売されているクリームタイプの中には、コームがセットされたボトルに入っていて使う時に同時に薬剤が混ざった状態でコームに付くものもあり、手軽に染めることができます。

クリームタイプでオススメの白髪染めは、ホーユーの「シエロデザインニングカラー ロイヤルアッシュ」です。

明るく深みのあるアッシュグレーで赤味のある髪にも馴染みやすいです。
コームタイプなので手軽に染めることが可能。
アッシュ系ではロイヤルアッシュの他にルーセントアッシュ、スモーキーアッシュなどがあります。

泡タイプ

泡タイプはムースのような泡を髪に馴染ませて白髪を染めていくタイプで、ボトル容器で販売されているので手軽に白髪染めをすることが可能。

泡を髪に浸透させるので、クリームタイプに比べて髪に馴染ませるのが簡単で、部分的に気になる部分をサッと染めることもできます。
ただ失敗すると美容院でも修復しにくくなるので選ぶ時は慎重にしたいところです。

泡タイプでオススメの白髪染めは、ブローネの「泡カラー アッシュブラウン」です。

アッシュブラウンは人を選ばない落ち着いたおしゃれを楽しめる色になっています。
泡タイプなので初心者でも染めやすく、白髪が目立ち始めた人にオススメです。

乳液タイプ

乳液タイプはクリームのような固めの薬剤ではないので、髪に馴染ませやすく、泡タイプのように根元や毛先が染まりにくいこともありません。
またクリームタイプのように薬剤を混ぜなくても使えるので、初心者向けかもしれません。
ただ、薬剤が柔らかく、どうしても液だれしてしまうので、白髪染めをする際は準備をしっかりとしましょう。

乳液タイプでオススメの白髪染めは、クレオディールの「ヘアカラーエマルジョン オリーブグレイ」です。

深みのあるグリーンを感じるアッシュブラウンは主張しすぎない色が特徴。
まだ白髪がそれほどなく柔らかい髪質の人にオススメです。
コームタイプなので手軽に染めることができます。

アッシュカラーで白髪染めをする時の注意点

アッシュカラーは白髪染めとして優秀でぜひ試したくなる色ですが、選び方や使い方が違っていると中々、思うような効果がでないこともあります。
自分の欲しい髪の色にするためにも最初に気を付けたいポイントはおさえておきましょう。

色落ちしやすい

日本人の髪色に含まれる色素には赤色のメラニン色素が多く、アッシュ系のカラーが入りにくいことが特徴です。
美容院で髪をアッシュカラーに染める場合、色味によってはブリーチをしてから染めていくのですが、それはブリーチをしないと綺麗なアッシュに仕上がりにくいからです。

さらに、もともとある赤色のメラニン色素がアッシュカラーを邪魔して、染めた時の色を維持しにくいので、アッシュは色落ちが他の色と比べて早いと感じてしまいます。
アッシュの色持ちは染めた時の色合いを保てる期間は約2週間程度で、そのあとは赤味が目立ってきます。

少しでも色落ちを防いで長持ちさせるには洗髪などでキューティクルがなるべく開かないようにしていくことです。

そのためにも白髪染めをした日から2日、少なくとも24時間以内は髪を洗わずに染料を定着させることをオススメします。
またシャンプーはカラー材専用のものを使い、洗髪後は髪を乾かして、キューティクルを開いた状態を短くすることもポイントです。

赤色っぽくなってしまう

アッシュは「青灰色」ともいわれており、青みが色に入っています。
アッシュは色を引き立たせるために白髪染めに入っているブラウンの配合が少なく、赤味の強い髪の人は最初のうちはこの赤味が残ってきれいなアッシュに仕上がった気になりにくいです。

また、想像したよりも赤っぽく染まってしまったと思う人がいるかもしれません。
アッシュに染めたい人は、同じ白髪染めを続けて染めていくうちにだんだんアッシュカラー本来のアッシュの色が定着していきます。

続けてアッシュで染めていくことがポイントなので途中でブラウン系の色で染めてしまうと、ふりだしに戻ってしまうので注意しましょう。

暗めに仕上がる

おしゃれ染めでアッシュカラーを染めていた人が白髪染めになっても同じくアッシュカラーで染めると、期待したよりも暗い仕上がりに感じることもあるようです。

白髪染めのアッシュカラーは、おしゃれ染めと比べて、白髪を染めるために暗めのカラーバリエーションになっています。
またブラウン系の色素がおしゃれ染めよりも多く含まれているのでアッシュの特徴である明るめの透明感が比較的出にくいです。
明るめに染めたいのであれば白髪染めで明るめの色を続けていき、明るさが出てきた頃におしゃれ染めと併用して明るくしていく方法もあります。

アッシュカラーの色の種類

アッシュの色はグレーや青っぽい色を想像しますが、カラーバリエーションは豊富に販売されていて、自分の好みにあったアッシュカラーのおしゃれを楽しむことができます。
ここではアッシュ系のカラーバリエーションを紹介します。

色を選ぶ時には市販の白髪染ではメーカーによってアッシュを「青色」「緑色」「灰色」「紫色」と表現することがあり、アッシュと書いていても全てが「青みのある灰色」「灰色」でないことがあるのでよく色を確かめて買うことをオススメします。

特徴
アッシュグレー グレーは元々、白と黒の間にあるような色なので他の色に比べて白髪が生えてきてもそれほど目立ちません。明るめのアッシュグレーで軽やかにもなるので、白髪染めをする回数を減らすことができます。
アッシュグリーン 「緑の黒髪」という言葉があるようにグリーンは黒髪の色と相性がいい色です。アッシュを混ぜることによって軽やかで落ち着いた緑の色に仕上げることができます。また、濃い目のアッシュグリーンと明るめのアッシュグリーンでは雰囲気は違うもののどちらも緑が主張しすぎない馴染みやすい仕上がりになります。
アッシュベージュ アッシュベージュはベージュに青みがかったグレーが入った色です。明るくて透明感のある仕上がりになります。アッシュが入っているために明るくなりすぎず、軽やかなイメージだけ残すので年齢を問わず選びやすい色です。
アッシュブラウン アッシュブラウンはアッシュベージュよりも暗めにはなりますが、普通のブラウンに比べて軽やかで馴染みやすい色になります。濃い目のアッシュブラウンで染めると少し辛口な大人の仕上がりになります。
アッシュピンク ピンクと聞くと少し取り入れるのに難しい色に感じますが、アッシュが混ざると個性的な雰囲気を残したまま取り入れやすい色になります。落ち着いた大人の可愛さを演出したい人にとっておススメの白髪染めです。
ラベンダーアッシュ ラベンダー(紫)色の白髪染めは全体的に白髪の人向きの色です。全体に白髪になってもそのままにしておくよりラベンダー系で染めた方がクリアな白髪になります。このラベンダーにアッシュを混ぜると、より落ち着いた雰囲気になるのでロマンスグレーを楽しみたい人におススメです。

まとめ

アッシュカラーは誰でも気軽に楽しめるおしゃれな色ですが、特に色白の人と相性のいい髪の色に仕上がります。
また毛量が多くて顔の周りが重たくなりがちな人にとっても軽やかにイメージにすることができるのでオススメです。

日本人は特に赤みの強い髪質なので、一度ではなかなか思うような色にはならないかもしれません。
しかし、染めていくたびに自分の色の好みになっていくのもアッシュの白髪染めの楽しみの1つになっていくので、チャレンジしてはどうでしょうか。

関連する商品