白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

実は白髪染めとの相性抜群!人気のアッシュカラー

白髪染め アッシュ

「白髪さえ目立たなくなればそれでよし!」
「白髪染めでおしゃれなんてできないんじゃない?」
白髪染めだからといって、おしゃれを諦めてはいませんか?
そんな方にオススメしたいのが、アッシュカラーです。
アッシュは、白髪染めとの相性が良いカラーです。
今回は、アッシュカラーの特徴や白髪染めの選び方、カラーを長持ちさせる方法について解説します。
白髪染めでも美しい髪色にしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

アッシュカラーってどんな色?

「アッシュ(ash)」とは「灰色」のことです。
ヘアカラーにおいては、「外国人風」や「くすみカラー」「グレーっぽい透明感のある色」などと表現されます。
アッシュ系の人気は根強く、今や定番カラーとなっています。
アッシュは寒色系で落ち着いた雰囲気に仕上がるので、あまり派手な色にはしたくないけれどおしゃれな髪色にしたい、といった方にもオススメです。
アッシュは他の色味ともマッチしやすいので、好みに合わせてさまざまなイメージに仕上げることが可能です。
また、アッシュ系は白髪染めとの相性が良いのも特徴として挙げられます。
アッシュ系の白髪染めについては、後述します。

アッシュ系は白髪染めとの相性◎

アッシュは、ファッションヘアカラーとしては人気が高い色ですが、実はグレーカラーとの相性も抜群です。
両者の違いとともに、白髪染めとの相性が良いとされる理由を解説します。

ファッションヘアカラーとグレーカラーの違い

両者の液剤の主な違いは、色素です。
一般的に、前者は鮮やかな原色であり、後者はブラウンベースであることが多くなっています。
アッシュカラーでしっかりグレーを発色させるには、原色で発色させる方が好ましいとされています。

ファッションヘアカラー = 原色
グレーカラー = 濃いブラウン+原色

このような違いがあることから、白髪染めによりアッシュカラーを反映させることは難しいと言われることがあります。
ただし液剤の選び方や染め方によっては、アッシュの良さをうまく出しながら白髪を染めることができますし、白髪とアッシュカラーの相性が良いのも事実です。
下記の記事にて、白髪染めとファッションカラーの違いについて、より詳しく書いていますので、是非ご覧ください。

白髪ほどアッシュカラーが染まりやすい

アッシュカラーは、真っ黒な髪にのせてもうまく色味が出ません。
一方、ブリーチした髪など色素が抜けた状態では、よく反映されるのがアッシュ系の特徴です。
そしてブリーチした髪に似た状態が、白髪です。
白髪のニュアンスとの相性も良いので、アッシュならではの透明感あるイメージに仕上がりやすくなります。
また全体的にくすんだアッシュ系カラーにすれば、白髪が生えてきた部分が目立ちにくいです。
真っ黒な髪色だと、どうしても生え際の白髪が目につきやすいのは、想像できるかと思います。

アッシュカラーの特徴

アッシュカラーで白髪染めをする前には、アッシュ系の特徴を知っておくのがオススメです。
液剤選びや、カラー後のヘアケアにも役立ちます。
主な3つの特徴について、以下で詳しく見ていきましょう。

暗めに仕上がる

赤色や黄色などの暖色系は、進出色といって、より明るく見せるカラーです。
対して寒色系のアッシュカラーは、後退色です。
灰色や青色などの色をプラスすると、暗めのカラーに仕上がることは想像できるかと思います。
このように、後退色に分類されるカラーは、暗めに仕上がるのが特徴です。
そのため、比較的明るめのアッシュで染めたとしても、染める前よりもトーンダウンすることを知っておきましょう。
白髪染めをすると赤みが出やすく、「必要以上に髪色が明るくなってしまう」とお悩みの方は少なくありません。
そういった方は、暗めに仕上がるアッシュを試してみてはいかがでしょうか。

色落ちしやすい

アッシュ系の難点とも言えるのですが、色落ちしやすいことです。
そもそもアッシュカラーは、表面で発色するので、その分色落ちもしやすくなります。
特に、傷んだ髪はより褪色しやすいので、髪が傷んでいる方は要注意です。
有効な対策としては、白髪染めをするときに髪を傷めないこと、カラー前後のヘアケアを怠らないことがあります。

黄色くなりやすい

前述したように、アッシュ系は表面で発色するため、色落ちしやすいです。
アッシュカラーが褪色すると、キラキラした感じになりやすく、黄色味が出やすくなります。
このような色落ちは、染めた直後から始まります。
そうして、洗髪したり、髪へのダメージが加わったりすることで、どんどん褪色していきます。
染料は自然に色味が落ちていくものなので、何もしなくても色味は変化するものですが、特に髪が傷んでいる方は褪色のスピードが早いので注意が必要です。
アッシュは黄色くなりやすいので、髪が傷んでいるとすぐに髪色が明るくなってしまいます。
落ち着いた雰囲気のニュアンスカラーにしたいということで、アッシュカラーで白髪染めをした方はがっかりしてしまうことがあるかもしれません。
アッシュカラーを綺麗にキープするためには、ヘアケアを念入りに行い、髪を大切にすることを心がけましょう。

アッシュ系白髪染めはどう選ぶ?

アッシュ系の白髪染めといっても、その種類はさまざまです。
セルフカラーに慣れていない方や、アッシュが初めての方だと、液剤の選び方も難しいですよね。
ここでは、アッシュ系白髪染めの選び方について解説します。
大事なポイントは、「自分が好きな色味を考える」「赤みを抑えてアッシュ系の良さを引き出す」「髪に優しいタイプを選ぶ」の3つです。

好きなアッシュ系カラーで選ぶ

自分が好きなアッシュの色味や、理想とするイメージとはどういった感じでしょうか。
まず考えるべきなのは、自分の好みを知ることです。
主なアッシュ系カラーと特徴については、以下のとおりです。

アッシュグレー

灰色ベースのカラー。透明感のある色に仕上がりやすいのが特徴です。
「外国人風」カラーにしたい方にオススメです。

アッシュグリーン

灰色×緑色のカラーで、「オリーブアッシュ」や「マットアッシュ」などと呼び方をされることもあります。
クールでカジュアルな雰囲気が好きな方に適しています。

アッシュベージュ

灰色×ベージュのカラー。
透明感が出やすく、やわらかなイメージの髪色が好きな方にオススメです。

アッシュブラウン

灰色×茶色のカラーで、落ち着いたイメージの髪色に仕上がります。
コンサバ系ファッションが好きな方や、仕事柄カラーリングがしづらい方にも最適です。

赤みを含む白髪染めは避ける

前提として知っておくべきなのが、白髪染めを使用することで残った髪の赤みは取れにくいということです。
特に市販の白髪染めの場合、赤みを含んだカラーであることが多いのが基本です。
中でも暗めのカラーであればあるほど、赤みが強いものが多いです。
強力な赤みが残っていると、アッシュカラーがうまく入らず、思うようなカラーに仕上がらないことがあります。
すでに白髪染めを繰り返し行っている方の場合、強い赤みが髪に残っている可能性が高く、綺麗なアッシュにならないことも。
何度も白髪染めをしている方や、元々赤みが出やすい方の場合は、はじめはセルフではなく美容院で相談してみるのも1つの方法です。
液剤を買ってセルフで白髪染めするときには、赤みを抑えたカラーを選択するようにしましょう。
なお、市販の白髪染めの場合、アッシュ系でも赤みを含む製品があります。成分表や、カラーサンプルを確認しましょう。

ヘアカラーorヘアトリートメントタイプ

色落ちしやすいというアッシュの特性を考えると、白髪染めをするときに重要視すべきなのが、ヘアケアです。
元々、髪の毛は弱酸性です。
カラーリングは髪をアルカリ性に変化させてキューティクルを開き、色を染み込ませます。
キューティクルが開いたままになると、髪の毛がダメージを受けやすい状態になってしまいます。
これが、ヘアカラーで髪の毛が傷む主な原因です。
一般的に、ヘアカラー剤はアルカリ性です。
そのため、カラーリングや白髪染めをした後は、髪の毛を弱酸性に戻すためのトリートメントが不可欠です。
セルフ用の液剤にはトリートメントが付属しているものもあります。白髪染めをしたときは必ず使用しましょう。
また、日頃からトリートメントやヘアパックでお手入れする習慣も大事です。
白髪染めのなかには、髪や地肌への負担を抑えた酸性タイプのヘアトリートメントカラーもあります。
その名の通り、トリートメントしながら染めることができるので、髪に優しい白髪染めです。
ただし、ヘアトリートメントタイプはキューティクルを開かずに染めるので、髪への負担は少ない一方、色落ちしやすいのも特徴です。
髪質やその時の状態など個人差によるところが大きくなりますが、基本的には、アルカリ性のカラー剤を用いたほうが色落ちしにくいです。

アルカリ性のヘアカラー:髪への負担が大きい・色持ちが良い
酸性のヘアトリートメントカラー:髪に優しい・色落ちしやすい

色落ちを防ぐには?

色の特徴として色落ちしやすいとされるアッシュカラー。
綺麗に染めたのなら、その状態を少しでも長く保ちたいものです。
また、何度も白髪染めを繰り返すとどうしても髪や頭皮へのダメージが大きくなるため、染め直しの回数は最小限に抑えたいところです。
ここでは、色落ちを防いで少しでも長く綺麗なアッシュカラーを維持する方法を紹介します。

髪へのダメージを抑える

おしゃれ染めでも白髪染めでも、褪色する主な原因は髪の傷みです。
まずは白髪染めする際に、髪に優しい製品を使用し、染髪後はしっかりトリートメントを施しましょう。
そして染めた後は、習慣的に髪へのダメージを抑えることを意識しましょう。

髪に優しいシャンプーを選ぶ

髪のためにトリートメントをしている方は多いかと思いますが、シャンプー選びも重要です。
毎日使用するものなので、髪や頭皮への負担が少ないシャンプーを使用するようにしましょう。
アミノ酸系やベタイン系など、洗浄効果のマイルドな製品がベターです。
洗浄力の高いシャンプーは、ヘアカラーの色素まで取り除いてしまうのであまりオススメしません。
髪に優しいタイプのシャンプーでも、以下のように洗えば頭皮の汚れまでしっかり落とせます。

  1. シャンプー前に、くしで髪の毛をとかす。(髪の毛表面の汚れを落とす。)
  2. ぬるま湯で十分に髪の毛を濡らす。(お湯で丁寧に洗うだけでも紙の表面や頭皮の汚れは落ちる。)
  3. しっかり泡立てた状態で、シャンプーをする。

シャンプー後のコーティングも大事なので、トリートメントもきちんと行いましょう。
髪のコーティングは、色素の流出を抑えることにつながります。
また、入浴後はなるべく早くドライヤーをして、髪の毛が濡れている状態を短時間に抑えるのもポイントです。
ドライヤーの前後では、洗い流さないタイプのトリートメントを使用するのがオススメです。

ダメージを与えないようにへアドライする

髪の毛が濡れた状態でいると、ダメージにつながります。
染髪後は髪の毛をすぐに乾かすようにしましょう。
ヘアドライのポイントは、以下の3つです。

  1. ドライヤーをする前に、タオルドライする

    シャンプー後、なるべくすぐにタオルドライします。
    その際、髪を強くこするのではなく、軽く叩くようにすることが大切です。
    頭皮から髪の毛の順番にしましょう。

  2. ドライヤーで手早く乾かす

    ドライヤーは、髪から約15cm〜20cmほど離して使用します。
    ドライヤーの熱が、1か所に集中しないように当てるのもポイント。
    タオルドライと同様に、まず頭皮から乾かし始めて、全体に熱が当たるようにドライヤーを動かし、髪全体を乾かしていきましょう。

  3. 洗い流さないトリートメントを使う

    ドライヤーの前後に、流さないタイプのヘアトリートメントを使うのも大事です。
    髪をしっかり乾かすためとは言え、ドライヤーで熱を当てるというのは、髪へのダメージが加わりやすい状態です。
    トリートメントで髪の毛をコーティングすることで、そのダメージを最小限に抑えましょう。

紫外線対策もしっかりと

髪へのダメージや、色落ちの大敵となるのが、紫外線です。
外出時には帽子や日傘を用いて、頭部に直接紫外線が当たるのを避けましょう。
髪の毛にも使用OKな、スプレータイプの日焼け止めも市販されています。
また、紫外線吸収・緩衝効果のあるトリートメント(洗い流さないタイプ)を外出前につけるのもオススメです。

ヘアアイロンなどの使い過ぎに注意

ストレートアイロンやコテを使ってヘアセットしている方は、使い方に注意しましょう。
髪の毛は熱に弱いため、長時間高熱が当たった状態だと傷んでしまいます。
またその頻度が多かったり、使用時間が長すぎたりすると、キューティクルが開きっぱなしの状態になってしまいます。
すると、トリートメントなどでいくら保湿をしても、元の状態には戻りません。
紫外線やドライヤーによる熱にも注意が必要ですが、髪の毛に直接、長時間熱を加えるヘアアイロンには特に気を付けなければなりません。
製品によっては200度近い温度設定ができるものもありますが、最初は160度ぐらいまでの温度で当てるようにしましょう。
必要に応じて温度を上げていきます。
最近では髪への負担が少ないヘアアイロンもありますので、ダメージが気になるのであればそういった製品への買い替えも考えましょう。
ドライヤーの時と同様に、ヘアアイロンの使用前後には、洗い流さないタイプのヘアトリートメントをつけたり、スタイリング剤としてヘアオイルを使ったりするのも効果的です。

関連する商品