白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

妊娠中に白髪染めは可能?安心して使える白髪染めもご紹介

白髪染め 妊娠中

妊娠中は身体に様々な変化をもたらしますが、妊婦さんの中には妊娠してから白髪が増えてしまい、ケアをしたいけど白髪染めの影響が気になるというお悩みも耳にします。
今回は、妊娠中の白髪染めが身体に及ぼす影響について解説していきます。
安心して使えるオススメの白髪染めについてもご紹介していますので、白髪ケアでお悩みの妊婦さんはぜひ参考にしてください。

妊娠中に白髪が増える?

妊娠をすると、ホルモンの影響によって女性の身体には肉体的、精神的の両面で様々な変化が現れます。
これまで白髪が気にならなかったという人でも、妊娠してから白髪が増えたと感じるケースも少なくありません。
なぜ妊娠中に白髪が増えるのか、ここではその理由をご紹介します。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを守るために女性ホルモンが大量に分泌されるため、ホルモンのバランスが大きく崩れます。
女性ホルモンの中でも、特に「エストロゲン」というホルモンは髪の毛の生成に大切なホルモンと言われています。
このエストロゲンがお腹の赤ちゃんのために大量に送り込まれることによって髪に行き着くホルモンが不足するため、髪の毛の量が減ったり、白髪が増えたりする原因となります。

栄養不足

妊娠中は、取り込まれた栄養素は自身の身体だけでなくお腹の中の赤ちゃんにも届けられます。
そのため、日頃からしっかり栄養を摂るようにしていても十分でなかったり、体調がすぐれないことで思うように食事が取れずバランスが偏っていたりと、栄養不足に陥ってしまう場合も多くあります。
栄養不足になると頭皮にも栄養が十分に行き渡らなくなるため、その結果白髪が増えることも原因として考えられます。

睡眠不足によるストレス

妊娠をすると身体の変化によって十分な睡眠時間や良質な睡眠を取れない日が多くなります。
基礎体温が高くなることや、不眠を引き起こすホルモンであるエストロゲンが増えることで寝付きが悪くなるケースや、精神的に不安定になり眠りが浅くなるケース、あるいはお腹が大きくなってくると体制がうまく保てず寝返りの回数が多くなるなど、様々な要因が睡眠不足につながってしまいます。
睡眠不足は全身の血流を低下させる原因となり、血流が悪くなることで頭皮の毛細血管まで血流が届かず、結果的に白髪が増えてしまいます。

妊娠中の白髪染めは可能?

妊娠中の白髪染めが直接お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼすということは、今のところ医学的には証明されていません。
しかし、一般的な白髪染めには刺激が強い薬剤が使われているものが多く、妊娠中に限らず身体に悪い影響を与える場合があるというのはよく言われていることです。
妊娠中は身体に大きな変化が現れることで体質がいつもと異なる状態になっているだけでなく、体調が優れないことも多くなるため、体力的に辛く感じることもあるでしょう。
白髪染めは絶対に行ってはいけないとは言い切れませんが、ご自身の身体とお腹の中の赤ちゃんを守ることが第一優先となるこの時期には、できるだけ白髪染めは避けたほうが無難です。
特に、市販されている白髪染めや美容室で使用されている白髪染めの多くは1剤と2剤を混ぜ合わせて使用するタイプのカラー剤で、髪色を変えるための化学的な薬剤が含まれていることで、髪や頭皮に与える刺激が強いのが特徴です。
これまで白髪染めを行なっていて問題がなかった方でも、妊娠による体質の変化によって思わぬ反応が現れることも考えられるため、どうしても必要でない限りは使用しない方が安心です。

妊娠中に白髪染めは避けた方がいい理由

なぜ妊娠中に白髪染めは避けたほうがよいのか、ここではさらに具体的な理由をご紹介していきます。

体調を崩す恐れがある

妊娠中は体調が不安定になり、急に具合が悪くなることもあります。
一般的な白髪染めはカラー剤を塗る時間から放置時間、洗い流す時間までを含めると1時間程度はかかるため、妊婦さんにとってこの時間は大きな負担となるでしょう。
もし染めている間に体調が悪くなってしまった場合は、放置時間の途中であってもカラーリングをやめざるを得ないこともあります。
また、無理をすることでさらに体調が悪化してしまうこともあるため、身体に与えるリスクも高いと言えます。

肌トラブルを起こしやすい

体調が安定しないことに加えて妊娠中は肌が敏感になる時期でもあり、白髪染めに含まれる薬剤によってかぶれやアレルギーなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。
これまでは比較的肌が強い方でカラーリングをしても何ともなかったという方でも、妊娠をきっかけに体質が変化して、同じ白髪染めを使ったとしてもアレルギー反応が出てしまうこともあるため注意が必要です。

においに敏感になる

妊娠中はにおいにも敏感になるため、白髪染め独特のツンとした臭いがするカラー剤は特に刺激が強く、気分が悪くなりやすくなります。
においづわりのように、食べ物のにおいでも具合が悪くなってしまう人もいるため、白髪染めの強いにおいに耐えられないという可能性は大いにあるでしょう。
また、一度カラー剤を塗り始めてしまうとすぐに洗い流すことができないため、急な体調不良に対応することが難しくなることからも、妊娠中の白髪染めは困難だと言えます。
白髪染めのにおいについて詳しく書かれている記事もございますのでぜひご覧ください。

体勢がきつい

しっかりと白髪染めをするためには、ある程度まとまった時間が必要になります。
カラー剤を塗るところから放置時間まで、長時間同じ体制をキープするのは身体に負担がかかる上に、美容室で染める場合は洗い流しの際にシャンプー台で仰向けになる必要があるため、体勢がきつく感じる人もいるでしょう。
さらに、長時間に渡って身体を動かさないでいると血流も悪くなるため、ご自身だけでなくお腹の赤ちゃんにも決してよい状態とは言えません。
どうしても白髪染めをしたいという場合には、できるだけ短い時間で行うようにするか、こまめに体制を変えるなどの工夫をして、負担がかからないようにすることが大切です。

白髪染めが妊娠中の身体に及ぼす影響

妊娠中は体調が不安定で髪や頭皮も敏感になっているため、特に一般的に市販されている2剤を混ぜて使うタイプの白髪染めを使用した場合は、思いがけないトラブルを引き起こしてしまうことがあります。
妊娠中だけに限ったことではありませんが、白髪染めに含まれている薬剤は刺激が強いものが多いため、使用すると髪や頭皮をはじめ、身体に様々な悪影響を与える可能性があるというのはよく言われていることです。
ヘアカラーの薬剤に含まれている有害物質には以下のようなものがあります。

  • パラフェニレンジアミン(PPD)
  • パラアミノフェノール
  • ピロガロール
  • 硫酸パラメチルアミノフェノール
  • パラアミノオクトクレゾール
  • パラ(ニトロ)フェニレンジアミン
  • メタフェニレンジアミン
  • 硫酸トルエン-2,5-ジアミン

特に、1番目の「ジアミン」とも呼ばれるパラフェニレンジアミンによるアナフィラキシーショックは世界中で多数報告されており、経口吸収された場合よりも、ヘアカラーのように経皮吸収された場合の方が危険性が高いと言われています。
具体的な症状としては、頭皮や顔のただれ、強いアレルギー反応、ショック症状、貧血など様々なものがありますが、万が一妊娠中に発生してしまった場合は、自身の身体だけでなくお腹の赤ちゃんに与える影響もゼロではないため慎重に検討する必要があります。

妊娠中でも安心して白髪をケアする方法

妊娠中の身体は想像以上にデリケートになっているため、できる限り負担をかけない生活を心がけることが大切です。
どうしても2剤を混ぜるタイプの白髪染めを使いたいという場合には、セルフカラーの際は必ずパッチテストを行うようにするか、美容室で相談をするなどして、いつも以上に体調の変化に注意しましょう。
とは言え、できることならこのような白髪染めは避けるに越したことはありません。
できるだけ身体に負担をかけないように白髪をケアする場合は、身体への刺激が強いとされるジアミンなどが含まれていない白髪染めを選ぶことが大切です。
ここでは、妊娠中でも白髪ケアをしたいという方にオススメの安心・安全に使える白髪染めをご紹介します。
ただし、ジアミンが含まれていない白髪染めが全く身体に影響を与えないということではないので、それぞれの特徴を知った上でご自身に合ったアイテムを選ぶようにしてください。

ヘナカラー

ヘナカラーは植物由来の成分で作られた染料のため、化学成分から成る白髪染めに比べると髪や頭皮への負担が少なく、安心して使えるカラー剤です。
ヘナには「い草」のような香りがあるため、ナチュラルな香りが好きな方はリラックス効果も期待できます。
また、ヘナに含まれているローソニアという成分にはタンパク質と結びついて髪のダメージを修復する働きもあり、白髪ケアができるのはもちろんのこと、ホルモンバランスの乱れによってパサついた髪の毛のトリートメントとしても使用できるアイテムです。
ヘナカラーの中には種類があり、100%植物由来のものとそうでないものがあるため、より安全性を重視したい場合は100%植物由来の信頼できる商品を選ぶようにしましょう。
ヘナカラーは髪と頭皮にやさしいヘアカラーですが、人によっては植物によるアレルギー反応が出ることもあるので、事前にパッチテストを行うのも忘れないようにしてください。
また、植物由来成分で安心とはいえ、使用の時期には注意しましょう。
体調がいい時を選ぶのはもちろん、安定期に入ってからの方が安心です。
また、使用に少しでも不安があるならば、使用前にきちんとかかりつけの産婦人科に相談しましょう。
植物由来成分の白髪染めについて書いた記事もございますのでぜひご覧ください。

カラートリートメント

カラートリートメントは、一般的なジアミン系の白髪染めと比べて安全性が高い染料が使用されているため、妊娠中でも比較的安全に白髪ケアをすることができるアイテムです。
一般的な白髪染め特有のきついにおいがなく、無香料か微香料のアイテムが多いため、においに敏感になっている時期でも安心です。
また、通常のトリートメントの代わりに使用できるので、髪の美しさもケアしながらカラーリングできるのも魅力です。
ただし、カラートリートメントの場合は髪の毛への負担が少ない分、繰り返し使用することで少しずつ染まっていくタイプになるので、日々の体調を見ながら行う必要があります。
商品によって放置時間は5分程度の短いタイプから30分以上のタイプまで様々ですが、妊娠中は放置時間が短いアイテムを選ぶのが良いでしょう。
白髪染めトリートメントのおすすめ商品はこちらをご覧ください。

ヘアマニキュア

髪の毛の表面をコーティングするようにカラーリングするタイプのヘアマニキュアは、一般的な白髪染めに比べて髪へのダメージが少ないのが特徴です。
短時間で染められるものもあるので、体力的に不安な妊婦さんでも取り入れやすいアイテムと言えます。
基本的にヘアマニキュアは頭皮にカラー剤が付かないように塗っていくので、かぶれやアレルギーの影響も最小限に抑えることができます。
ただし、セルフカラーでヘアマニキュアを行う場合は頭皮につかないように注意する必要があるため、慣れていない方やお腹の赤ちゃんが成長してきて体制的にきついと感じた場合は、無理をせず美容室などで染めてもらうようにしましょう。
また、ヘアマニキュアはカラーバリエーションが豊富で明るめのカラーに染められるものもあるため、白髪カバーとしてポイントカラーを入れるのも効果的です。

まとめ

妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れることで身体的にも精神的にも大きな変化が生じ、体調不良になることも多くなります。
そのため、妊娠中の白髪ケアを行う際にはご自身とお腹の赤ちゃんの健康を第一に、慎重に検討することが大切です。
特に、一般的に市販されているジアミンが含まれた白髪染めは髪や頭皮への刺激が強いだけでなく、独特のにおいなどで体調を悪化させてしまうリスクが高いため避けるのがオススメです。
それでも白髪対策をしたいという場合には、できるだけ身体への負担が少ない自然派由来のヘナカラーや、短時間でカラーリングできるタイプのアイテムを選ぶことで少しでも安全にケアすることができます。
妊娠中に白髪が増えてしまうのは悩ましい問題ですが、元気な赤ちゃんを出産するためにも白髪染めに関する正しい知識を身につけて、納得のいく白髪ケアをしていきましょう。

関連する商品