白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラーの評判、メリットやデメリットについて

サロンデプロ 評判
価格 800円〜1,200円
タイプ クリーム(薬剤を混ぜる必要がありません。)
色持ち 2~3ヶ月程度
安全性
手軽さ 放置時間15分
カラー
バリエーション
15色

豊富な種類がある白髪染めの中からどれを買うか決めるのは大変です。

簡単にしたい、髪を極力傷めたくない、化学物質は極力避けたいなどそれぞれ希望は違います。

サロンドプロのザ・クリームヘアカラーは薬剤を混ぜる必要がなく、無香料なことで評判の高い商品です。

これからセルフで白髪染めを始めようとする人や今使っている白髪染めがしっくりこない人にザ・クリームヘアカラーはどのような商品か解説をいたします。
 

公式サイトはこちら

 

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラーの特徴

株式会社ダリヤ(1950年設立 愛知県名古屋市)は医薬部外品、化粧品の製造販売を行っており、日本メナード化粧品株式会社などをグループ会社に持つ会社です。

白髪染めはヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメント、部分的に染める商品など豊富なラインナップを提供しています。

またそれぞれの商品に男性用の商品が販売されています。

ヘアカラーは白髪染めの種類の中でも一般的な商品ですが、サロンドプロではザ・クリームヘアカラーとして無香料で泡タイプ、クリームタイプ、乳液タイプとバリエーション豊富に取り揃えて販売しています。

セルフで白髪染めをしようと考えている人へ、サロンドプロのザ・クリームヘアカラーは自分に向いているのか使い方や評判などをご紹介します。

サロンドプロでは男性用・女性用の商品があるのはなぜ。

サロンドプロの商品にはそれぞれ男性用、女性用が販売されています。

白髪染めに性別で分けて商品を作っている理由はどのようなことなのでしょうか。

ザ・クリームヘアカラーで解説します。

男性と女性の白髪に違いはあるのか。

男性も女性も加齢や遺伝的な理由で白髪は生えてきます。

それではなぜ白髪が生えてくるのか、また男性と女性で白髪になるメカニズムに違いはあるのでしょうか。

白髪は髪に色素細胞が作りだすメラニン色素という成分の働きが悪くなることで起こります。

このメラニン色素は髪の色だけでなく、日焼けやシミの原因にもなっています。

日焼けなどの肌に出るものは紫外線などから肌を守るためにメラニン色素の働きが活発になっているからです。

白髪の場合にはこのメラニン色素が不足していることで起こりますが、加齢や遺伝的なもの以外ではストレスや栄養不足、睡眠不足などで起こると言われています。

そしてこの白髪になる原因は男性と女性で違いがある訳ではありません。

ではサロンドプロではどうして「男性用」「女性用」の商品を販売しているのでしょうか。

サロンドプロの男性用・女性用

サロンドプロの商品に「男性用」「女性用」と分けて作られているのはなぜでしょうか。

他社の商品でも男性用の白髪染めは販売されていますが、主に白髪染めは女性用を見かけることが多いです。

もちろん男性も白髪になりますし、染めたいと思う人もいるので、白髪染めをしたいというニーズは男性にも女性にもあります。

そこで生活環境や好みで男性と女性には色々違いがあることに注目したサロンドプロには豊富な男性用の商品ラインナップがあるのです。

白髪染めの男性用・女性用とは

先ほど解説した通り白髪染めには男性用も女性用も白髪を染める成分としては同じ成分で出来ています。

ただ男性の髪は女性の髪と比べて堅くて太いので染まりにくくなるために、成分の量が調整されていることがあります。

男性は女性と比べて白髪染めに時間を使うことが面倒と考える人も多いため、短時間で染まることや女性と比べて暗めの色のバリエーションが揃っています。

香りも女性はフローラルな香りなど白髪染めに香料が含まれている商品がほとんどですが、男性は無香料タイプのものが中心です。

このように男性用と女性用は生活習慣や趣向によって商品が分かれているものが多く、サロンドプロでも男性と女性の違いを意識した商品が豊富に揃っていることで男女用ともに評価が高くなっています。

サロンドプロのザ・クリームヘアカラーはどんな商品

サロンドプロの白髪染めの商品は女性用、男性用という選択肢だけでなく無香料で泡タイプ、クリームタイプ、乳液タイプとバリエーションが豊富です。

ザ・クリームヘアカラーはクリームタイプですが、サロンドプロの白髪染めにはコームで馴染ませる使い方の他に、泡タイプは手で泡を馴染ませることができるもの、使い方や放置時間を短くした早染めタイプのものもあるので自分にあった白髪染めを選ぶことができます。

ザ・クリームヘアカラーの放置時間は他社の商品と比べても一般的な長さになり、忙しくて放置時間を短くしたい人にはサロンドプロの商品では早染めクリームか早染め乳液が評判です。

また手頃な料金で購入できるため、美容院で頻繁に白髪染めをするのは費用的に気になる人にとって、次の美容院の間隔をセルフの白髪染めで伸ばすといった使い方をする人にとって好評です。

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラーはどんな人におすすめ?

ザ・クリームヘアカラーはじっくりと染めたい人におすすめです。

じっくり染めるとはいえ何時間もかけて染める訳ではなく、サロンドプロの他の商品(早染めタイプ)と比較して時間をかけてしっかりと染めたい人向きです。

一般的にクリームタイプのヘアカラーはしっかりと染めることができますが、その中でもサロンドプロのザ・クリームヘアカラーは色がしっかりと染まることで評価が高いものになっています。

染める期間をできるだけ伸ばしたい人

しっかりと染まる白髪染めは頻繁に染める必要が無いため、一度染めるのに少し手間や時間がかかっても次に染めるタイミングまでが長くなるのでその分、楽になります。

面倒だから頻繁には染めたくない、時間のある時にしっかりと染めたい人におすすめです。

自分には白髪染めは難しいと感じている人

クリームタイプの白髪染めは薬剤を混ぜるものが多いので、混ぜる作業が苦手だと感じる人や、セルフでの白髪染め初心者にとっては「ちゃんとできるか心配だな」という人には白髪染めはハードルが高く感じるのではないでしょうか。

手軽にできるヘアカラートリートメントのように常に染め続けても、すぐに色が戻ってしまうのは困るし、美容院で染めるのは時間的にも費用的にも気になります。

簡単に短時間で済ませたい人にはザ・クリームヘアカラーは2種類の薬剤が一度に同時に出てくるので手間がかからずに染めることができるので人気です。

部分的に染めたい人やショートヘアーの人

白髪染めには使った残りを保管できない商品もありますが、ザ・クリームヘアカラーは保管ができるので使い切る必要がなく、ショートヘアーの人や気になった部分だけを染めたいという人に向いています。

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラーのメリット・デメリットは?

これから白髪染めを始めようとする人や今使っている白髪染めが自分に合っているのかと悩んでいる人にとって、サロンドプロのザ・クリームヘアカラーはどうなのでしょうか。

ザ・クリームヘアカラーのメリットやデメリットを紹介します。

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラーのメリット

メリットは主に下記のようなものになります。

香料が入っていない

白髪染めには香料が入っていて染めている時の嫌な匂いや染めた後に香りが残るようにフローラルなどの香りが付いているものがあります。

素敵な香りが残るものには癒し効果がありますが、中にはその香料が気になる人もいます。

好きな香りが見つけられないというよりも香料自体が気になる人には、無香料のタイプはありがたい商品です。

また香り自体は気にならないものの、お気に入りの香水やボディシャンプーの香料と混じってしまい嫌な匂いになるので、できるだけ無香料を選びたい人にも好評です。

薬剤が同時に出てくる

白髪染めは一般的に2種類の薬剤を混ぜるものが多いのですが、サロンドプロのザ・クリームヘアカラーは2種類の薬剤がワンプッシュで同時に出てくるので混ぜる必要がなく、そのまま付属のコームに乗せて髪に付けることができます。

薬剤を混ぜることが苦手、少しでも時間を短縮したい人にはおすすめです。

白髪染めをしながらトリートメント効果が得られる

染めている間にホホバエキスやローヤルゼリーエキス、国産純椿オイルなどの成分が働き、髪に潤いやツヤを与えるようになっています。

ザ・クリームヘアカラーでも洗髪後のトリートメントは必要ですが、染めている間にも潤いの成分が内側に浸透していくことによって、よりツヤのある髪に仕上げることができます。

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラーのデメリット

サロンドプロのザ・クリームヘアカラーのデメリットは主に他社の白髪染めと同じようなものになります。

アレルギーを起こすときがある

白髪染めに含まれている酸化染料剤によってアレルギーを起こすことがあるので、使用前にはパッチテストをする必要があります。

これは一度テストをすれば同じ商品なら安心という訳ではなく、妊娠中や生理中などホルモンのバランスが崩れている時には皮膚が敏感になっているのでかぶれる可能性があります。

人間の体質は変わることがあり、以前はアレルギーが出なかった人でも突如アレルギーを起こすことも考えられますので、毎回パッチテストが必要です。

パーマで色が落ちる時がある

白髪染めをしてすぐにパーマをするとパーマ液で色が落ちてしまうことがあります。

白髪染めをした後は、1週間以上はおいてからパーマをするようにします。

薄毛になることがある

メリットと正反対の内容になってしまいますが、白髪染めで髪が傷むことはトリートメントのケアなどで度合いは違っていても避けられません。

また白髪染めをするたびに髪が細くなるので髪が抜けやすくなり、使い続けると薄毛になってしまうことがあります。

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラーの評判・口コミは?

サロンドプロのザ・クリームヘアカラーの評判はどのようなものがあるのでしょうか。

セルフで簡単に染められる

薬剤を混ぜる必要がなく、コームにそのまま薬剤を乗せて使用できるため、時間が無い人や、器用ではないと思っている人にとって評判がいいです。

また一つのコームでクリームをつけて伸ばすことができるのでそれほどコツを掴むことがなくても色ムラを防ぐことができます。

色が見本通りにいかない

明るめにしたいと思っていた人が暗めに染まってしまうことや、想像よりも赤色が強く染まることがあり期待通りでなかった人もいました。

元々、セルフの白髪染めは体質や以前に染めた色の関係で見本の通りに染まらないことは他社の商品でも見受けられる口コミなので、セルフで染める人は何度か色々な色を試していくうちに自身の望む色に出会えるかもしれません。

無香料なのがいい

染めている時や染めた後、数日続く匂いが気になるという人にとって無香料のサロンドプロの商品は評判がいいです。

匂いは個人的な差があるので、匂いが気になるという評判も確かにありますが、比較的匂いが気にならない人の方が多いようです。

髪がキシみにくい

白髪染めは髪がキシむといった評判がつきものですが、ザ・クリームヘアカラーは染めた後にキシむことが少ないという口コミが白髪染めの評判としては比較的多く見受けられるようです。

仕上がりで髪にツヤがあったという口コミを寄せている人もいました。

頭皮がピリピリする

パッチテストをすることは当然ですが、アレルギーの反応がなく使用した人の中にも頭皮がピリピリするといった口コミが目に付きます。

頭皮に完全につけることなく白髪染めをすることは難しいので、このように体に異変が出た時には注意が必要です。

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラーの使い方は?

白髪染めの準備としてまず必要なことはパッチテストで、一般的に染める2日ほど前にテストします。

これはアレルギーにもすぐに反応が出るものと、遅れて反応が出るものがあるので長い時間をかけてテストをする必要があるからです。

パッチテストで問題が無いことがわかったら白髪を染める準備を始めます。

下準備としては床や衣服、手に薬剤がついても大丈夫なようにカバーをして、生え際にも油性のクリームを塗って薬剤が直接肌につかないようにします。

公式のホームページにも動画が掲載されているので確認しておくとよりわかりやすくなります。

薬剤を塗ります

薬剤を付属のコームに乗せますが、その時にレバーをしっかりと下まで押して2種類の薬剤が同じ量だけブラシに乗るようにします。

ザ・クリームヘアカラーはボトル1本でショートヘアーからミディアムヘアーまでが染められる量になっています。

ブラシに乗せると根元から薬剤を伸ばすように塗り、白髪が特に気になる部分を重点的に染めていくようにし、細かな部分は手で伸ばしても大丈夫です。

洗髪

所定の放置時間が終わったら手袋をしたままぬるま湯で洗い流し、お湯に色が出なくなるまでしっかりとシャンプーをします。

洗髪後はトリートメントなどのコンディショナーで髪を整えて乾かします。

使用後に薬剤が残った場合はノズル部分をしっかりと洗浄してから保管するようにします。
 

公式サイトはこちら

 

関連する商品