白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

白髪染めをする時やした後にかゆみがあるけど、これって白髪染めのせい?

白髪染め かゆみ

以前白髪染めをしてみたら、かゆみがひどく白髪染めを毛嫌いするようになったなんて話を聞きませんか?
肌が弱いから致し方ないのでしょうか?
それとも、他に原因があるのでしょうか?
そのような悩みがある方に、ぜひもう1度、白髪染めと向き合うことで、自分に合った方法や白髪染めを見つけてもらいたいです。

白髪染めでかゆくなる原因とは

白髪染めでかゆくなる人とならない人がいます。
その違いは何なのでしょうか?

白髪染めでかゆくなる原因は肌が弱いから?

白髪染めをしてみたら、かゆみがひどくなったことがあるので白髪染めは避けているという話は、実は割と身近にあるお話です。
敏感肌と言うと、顔の皮膚を思い浮かべる方が一般的ですよね。
しかしながら、皮膚は、着物の反物のような一枚ものなので、爪先から頭の上まで全身でつながっているのです。
そう考えると、頭皮にも敏感肌があると言うのはおかしくないお話なのです。
敏感肌という学術用語は無いですが、敏感肌のくくりには、乾燥肌や、かぶれなどの接触皮膚炎、光線過敏症、アトピー性皮膚炎などがあります。
体質や外部からの刺激で角質の水分保持機能が働かずバリア機能が保てなくなってしまいます。
バリア機能が保てない事で、さらに刺激に弱くなりかゆみが出てしまいます。

アレルギーによるかゆみ?

一般的に、安価で購入できる白髪染めには、ジアミン系の化学物質が含まれています。
このジアミン系の酸化染料が皮膚アレルギー反応(かぶれやかゆみ)を引きおこす原因になっています。
ジアミン(パラフェニレンジアミン)は発がん性物質で、誤って体内に取り込んでしまうと命を落とす危険性もあり、、アレルギー反応が出ればアナフィラキシーショックのように重症化しやすいのが特徴です。
こちらの記事にも分かりやすく掲載されておりますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

かゆみの原因はジアミンだけじゃない?

ジアミン系のアレルギーについて前項では見てきましたが、アレルギーによるかゆみの原因にもいくつかあるので見てみましょう。
カラー剤は、酸化剤と言われる酸化染毛剤とアルカリ剤と言われるアルカリ染毛剤からできています。
どちらも髪を染める成分ですが、その割合等で白髪染めか、おしゃれ染めに使うカラー剤かになります。
このアルカリ剤によるアレルギーもあります。
アルカリ剤にはキューティクルを開く働きがあるので、アルカリ剤の割合が高いほどカラー剤が入りやすく発色もよくなりますが、髪や皮膚へのダメージも大きくなります。
このアルカリ剤のアレルギー反応としては、ピリピリするような痛みがあります。
さらに草木アレルギーもあります。
草木かぶれとは、草や木に触れることで起こる接触皮膚炎(かぶれ、痒み、はれ、赤みなど)です。
接触性皮膚炎は刺激性とアレルギー性とがありますが、草木かぶれの場合の多くはアレルギー性接触皮膚炎です。
アレルギーで起こる症状ですので全ての人がなるわけではありません。
しかし、加工製品後の粉末状(ハーブ)や液状(漆器)などでもかぶれることもあります。
このように、かゆみの原因は1つだけというわけではなく、他にも、体調・ホルモンバランス・免疫力の低下、カラー剤を落としきれずに頭皮に残ってしまっているなど、様々な原因があるのです。
以上の原因に思い当たらない場合、もしかしたら様々な要因が関係しているかもしれません。
同じような体質の人であっても、環境や年齢、体調で刺激に対しての反応もかわります。
だからこそ刺激物の多い白髪染めより刺激の少ない白髪染めの選択が必要になるのです。

白髪染めの種類でかゆみなどの反応は変わるの?

白髪染めのジアミン成分によって、かゆみが出る事をお伝えしました。
では、白髪染めの内容成分を変える事で、かゆみなどの反応が変わるのでしょうか?
ヘナや利尻ヘアカラートリートメントのように体質的にかゆみが出やすい人でも安心して使えるものもあります。
この項目では、ジアミン系以外の白髪染めを使用することで、かゆみや炎症などがでないのか詳しく紹介していきます。

ヘアマニュキュア

 
髪を染める時に1度は聞いたことがあるヘアマニキュア。
髪のキューティクルを開きそこから色を染めるアルカリ性ヘアカラーとは違って、ヘアマニキュアは髪の表面だけにカラーコーティングするものです。
ヘアマニュキュアや酸性カラーは「化粧品」として登録されておりダメージは低いのと、アレルギー反応を起こしやすい「ジアミン系」が入っていない場合がほとんどになります。

ヘアトリートメント

ヘアカラートリートメントにはアルカリ剤が含まれておらず、髪の毛を壊すことなく発色するのでダメージがありません。
こちらも「化粧品」としての登録なので、「ジアミン」がないためアルカリ性カラー剤にアレルギーのある方でも使用することができます。
さらに、トリートメントの成分が主なのでサラサラツヤツヤになります。
そのため、一般的な白髪染めは生え際に染料を塗れませんが、ヘアトリートメントであれが生え際にしっかりと塗っても肌トラブルが起きにくいと言われています。
さらに、商品によっては天然由来成分にこだわったものや、髪・頭皮環境を整える成分が含まれているものもあり、頭皮にかゆみが出やすい人だけでなく、白髪染めを使っていくうちに髪が傷んできた人にも人気です。

自然派由来ってどうなの?

自然派由来と言えばヘナですが、ヘナは、髪と真剣に向き合うとたどり着くと言われている自然派由来の白髪染めです。
ヘナはハーブの一種です。
ケラチンたんぱく質と相性のよいローソニアという成分は、ハーブの中でも特にヘナに多く含まれています。
髪の毛は、主にケラチンたんばく質でできています。
ヘナに多く含まれるローソニアは、ケラチンたんぱく質と結合することによって、髪の毛表面をコーティングしてくれます。
髪に良いだけでなく、頭皮環境の改善にも効果的です。
ヘナには毛穴の汚れを取る作用があるので、健康的な髪が育つ土壌づくりが可能で、頭皮にかゆみがあるなどのトラブルを抱えている人がヘナを使用することで、かゆみやフケが治まる効果も期待できます。
ヘナ製品の中でも「木木と」は医薬部外品原料基準に含まれる人体にリスクがあるとされる原料は使われておらず、安心安全な商品です。

白髪染めでかゆみが出た場合はどうしたらよいの?

では、実際に使用していて、かゆみが出てしまった場合には、その後どのように対処すればいいのでしょうか?
かゆみが出ないようにするための予防法や対処法についてみてみましょう。

白髪染めでかゆみが出ないようにする予防法

白髪染めは、自然派由来のものを選ぶとかゆみが出にくく、頭皮環境にも優しいということが分かりました。
かゆみが出ないようにするための予防法にはいろいろあります。
確認していきましょう。

頭皮を避けて白髪染めを塗る

白髪染め製品には、「頭皮につかないように」と書かれているものが多いです。
ジアミンなどが強い薬剤が入ったものは頭皮にはとても強い刺激になるからで、頭皮につくと炎症が起きる可能性があります。
しかし、生え際の白髪が気になるとどうしても生え際までしっかりと白髪染めを塗りたくなります。
もし生え際の白髪がきになるのであれば、白髪隠しで一時的に染める、もしくはヘアカラートリートメントなど頭皮にも優しいものを使用するようにしましょう。

保護クリームを塗る

保護クリームは肌が染まらないようにするだけでなく、白髪染めの刺激からも保護してくれます。
保護クリームを使用する際はたっぷりと使うのがポイント。
白髪染めを塗る時につきやすいおでこ、こめかみ、襟足にしっかりと塗りましょう。

白髪染めの頻度を少なくする

適切な期間を意識的に空けて白髪染めの頻度を少なくするのも1つの方法です。
ただ、白髪は1ヶ月で約1cm伸びると言われており、白髪が目立ってくるとどうしても気になってしまいます。
そう言った場合には、白髪のリタッチカラーがオススメです。
リタッチカラーとは、伸びてきた部分だけを染めることです。
美容院やセルフでもリタッチできます。
リタッチカラーに関する詳しい記事は以下になりますので、ぜひご覧ください。

白髪染めでかゆみが出た時の対処法

白髪染めをしていて、もし、かゆみがあると感じたら、すぐに使用を中止し、医療機関で診てもらってください。
患部を洗ったり冷やしたりするのは、あくまで対処療法で、病院に向かうまでの応急措置です。
「もう落ち着いたから大丈夫」とは思わず、病院に行って医師の診断を受け、薬を処方して貰って下さい。
その他、パッチテストでかゆみや炎症などの反応があった場合も、同じような対処が必要になりますので、覚えておきましょう。

自分に合う白髪染めの探し方

自分に合った白髪染めの探し方を見ていきましょう。

相談するか自身で探すか

自分に合う白髪染めに出会い見つける為には、美容室ならカウンセリングをして貰うと良いでしょう。
好みの色味を相談するのは、もちろんのことですが、ご自身の肌が弱いことやアレルギー体質であること、自然由来成分を好んでいるか否かも含めて、カラー剤のプロである美容師さんに相談すれば、ピッタリの白髪染めを提案してくれます。
ご自身で白髪染めを探すのなら、成分表示を必ず見てみて下さい。
ノンジアミンであるヘアマニュキュア、ヘアカラートリートメント、ヘナ等、トラブルの少ない自然派由来の成分を意識して探していけば、あなた好みの白髪染めに出会えるはずです。
注意したいのが、ヘナの場合でも、染めをよくするために化学物質を混ぜているものもありますので、必ず成分表にジアミン系の化学物質の表示はないかなどの確認はしっかり行いましょう。
比較的肌に優しいと白髪染めであっても使用前は必ずパッチテストをして、ご自身に合うか見てみてください。

パッチテスト

パッチテストですが、白髪染めをする都度、必ず毎回しなくてはいけません。
パッチテストは、今回の白髪染めの時に、ご自身にアレルギー反応が出るか否かを見ることができる重要な役目を担っています。
白髪染めをする2日前(48時間前)から始めます。白髪染めを腕か背中に塗布し、30分~1時間後の状況を見ましょう。
何もないことを確認してから、次に1~2日、そのままの状態で様子をみます。アレルギー反応は今まで使っても出なかったからといって、今回も大丈夫とは言えません。
毎回パッチテストをするのは面倒かもしれませんが、自分を守るために必要です。

ノンジアミンの使用

ノンジアミンの白髪染めはかゆみが出にくい特徴があり、ヘアマニュキュア、ヘアカラートリートメント、ヘナなどがあります。

ヘアマニュキュア

ヘアマニキュアは髪の表面だけにカラーコーティングするもので、髪の内側に薬剤が浸透して染めるものではないので、髪だけでなく頭皮へのダメージも少ないです。
また、髪がコーティングされることでツヤとコシがでます。白髪染めで髪が細くなってきた、ツヤがなくなってきたという人にもオススメです。
デメリットは色持ちが悪いことです。早い人では2週間で色落ちするので、髪色を維持したいのであれば月に1~2回の使用が必要です。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントもキューティクルを開かずに髪の表面を染めるものです。
トリートメント成分も入っているので、髪や地肌にも優しく、髪質をよくしながら染めることが可能です。
より肌に優しいものを選びたい時は自然由来成分や肌や地肌を労わる成分が豊富に入っているかを確認しましょう。
こちらも色持ちがよくありません。
一般的に1~2週間程度が目安なので、多い方ですと毎週の使用が必要です。
また使い始めは2,3日連続での使用がオススメされています。

ヘナ

「木木と」のような自然派由来のヘナ製品は、特に注目してほしい商品の1つです。
医薬部外品原料基準の化学薬品を使用していないのが最大の魅力です。
ヘナ等の自然派の白髪染めはカラーのバリエーションが少ないことがデメリットの1つにあげられますが、「木木と」なら、カラーのバリエーションが、7パターンと実に豊富です。

東洋的で外国人の方からミステリアスに見えると思われるような黒髪になりたい
焦げ茶 ご自身の黒髪に明るさを、ちょっぴりプラスしたい
赤茶 より明るく華やかな雰囲気にしたい
更にあか抜けた印象にしたい
金茶 もうワンランク明るくビビッドな感じにしたい
黄金 潔くワイルドに決めたい
透明色 染めたくないがヘナでトリートメントをしたい

このように、様々なシーンに合うだけの髪色を楽しめるので、ご自身の好みの色味が見つけやすいかと思います。
ヘナ製品は染まり難いと言われる場合もありますが、「木木と」なら1回で綺麗な発色が可能です。
個人差はありますが、ヘナ製品の中では比較的、染まりやすいと言われています。
さらに色持ちもよく、2ヶ月持つ人もいるようです。
他ではあまりみない透明色もあります。
ヘナの髪質・頭皮環境の改善に興味があったものの、ヘナで染めたくないという方にオススメです。
もしもヘナの独特で草っぽい匂いが苦手と感じるなら、ユーカリオイルを1~2滴たらすなどの前処理を行ってみてください。
「木木と」に興味を持たれた方は下記にあります詳細ページをご覧ください。

まとめ

白髪染めをすることでかゆみが生じる方は一定数いるようです。
しかしながら、白髪染めの選び方を知り、成分を確認する事で、ご自身にあった快適に使用できる白髪染めを見つけることが大切です。
さらに、かゆみが出やすい場合にはいざという時に備えて対処方法や予防方法を知っておくことが重要です。
今回お伝えした情報を是非参考にしてあなたにぴったりの白髪染めを見つけてください。

関連する商品