白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

40代で急に白髪が増えてきた!オススメの白髪対策をご紹介

40代 白髪 対策

40代になってから急に白髪が増えてきてしまい、どのように対策したら良いかお困りの方は少なくありません。
ライフスタイルや健康面で大きな変化が起きやすいこの年代は、白髪も増えやすくなり悩ましい問題の1つです。
このページでは、特に白髪が気になりはじめた40代の方に向けて、白髪が増えてしまう原因の解説に加えてオススメの白髪対策をご紹介していきます。

白髪が増え始める原因

加齢

髪の毛の色はメラニン色素の量によって変わってきます。
メラニン色素の量が多ければ髪の毛は黒く色づけられますが、メラニン色素が少なくなる、あるいはメラニン色素が無くなってしまうことによって白髪が増えてしまいます。
このメラニン色素を生成する力は人によって異なりますが、一般的に加齢によって生成される量が減少すると言われているため、年齢を重ねるごとに白髪の量が気になるという方が増える傾向にあります。

ストレス

ストレスが加わると、体内の活性酸素が増加して老化や生活習慣病など様々な悪影響を及ぼすことがわかっていますが、その影響の1つとして白髪の増加を招く可能性があります。
活性酸素とは、呼吸をすることによって体内に取り込まれた酸素が変化したもので、本来は細菌やウイルスから身体を守る働きがあるものです。
しかし、活性酸素が増えすぎることで逆効果となってしまうため、日頃から増えすぎないように注意する必要があります。
特に40代は仕事や家庭など様々なシーンにおいて多忙な生活を送っている方が多く、何かとストレスを抱えがちです。
そのため、日々蓄積されるストレスによって白髪が増えやすくなってしまうのです。

生活習慣

生活習慣の悪化も白髪を増加させる大きな原因の1つです。
栄養不足、睡眠不足、運動不足など、基本的な生活習慣が悪化すると細胞の代謝が低下し、髪の毛の色素細胞が正常に作られなくなることで白髪が増えてしまいます。
栄養不足に関しては、髪の毛を作る成分であるタンパク質の不足によって白髪の増加につながるだけでなく、抜け毛や乾燥を引き起こす原因にもなります。
また、タンパク質の不足だけでなく、摂取したタンパク質を合成する働きがあるとされるミネラルやビタミン類も同時に摂らなければ効率的に栄養を吸収することができないので、日頃からバランスの取れた食生活を送ることが大切です。
睡眠不足になると、血流が悪くなり頭に栄養や酸素が十分に行き届かなくなり、色素を働きのある細胞が死滅してしまい白髪につながります。
また、睡眠時間自体は確保できていたとしても、不規則な時間帯に睡眠を取っている場合は成長ホルモンの分泌を妨げることとなり、髪の毛の健康を損ねてしまいます。
睡眠不足と同様に、運動量が足りていない場合も血流の低下を招き、成長ホルモンの分泌を抑制されて白髪を増やしてしまう原因となります。
運動不足は心身ともに不調をきたす原因となるため、結果的にストレスにもつながり悪循環です。

遺伝的要因

白髪が増える原因には、遺伝や体質による個人差もあります。
日頃から健康に気を付けていたとしても、白髪が生えやすい人もいれば、特別なことをしていなくても白髪がない人もいます。
そのため、白髪が増えるのは遺伝的要因が関係している場合もあり、自分で防ぐことは難しいという認識を持っておくことも大切です。
はじめにご紹介したその他の原因のように、「歳だから」、「ストレスが溜まって不健康なのかも」などとネガティブに考えるのではなく、遺伝や体質として受け止めた方が、ストレスが軽減される場合もあるでしょう。

白髪を増やさないようにするには

白髪が黒く戻ることもまれにありますが、その確率は約2割程度と高くないため、これ以上増えないようにすることが大切です。
ここでは白髪を増やさないようにするためのポイントをご紹介していきます。

紫外線対策を行う

紫外線は肌にとって大敵というのはよく知られていますが、頭皮や髪に対しても同様に悪影響を及ぼします。
紫外線にさらされることでメラニン色素が十分に生成されなくなるため、白髪の増える要因となるのです。
紫外線をなるべく浴びないように帽子や日傘などで対策すること、もし紫外線に当たってしまった場合はその日のうちにアフターケアをすることで、できるだけダメージを抑えることができます。
紫外線に当たった髪の毛は、肌と同様に日焼けをしている状態になります。
そのため、特に夏場でドライヤーを使う場合は低温に設定することで極力ダメージを防ぐことが可能です。
また、乾燥もしやすくなるためトリートメントやヘアオイルなどで保湿をすることも大切です。

ストレスをためない

ストレスをためないことも、白髪を増やさないようにするための大切なポイントです。
しかしながら現代社会で生活する40代女性にとって、ストレスフリーに過ごすことは簡単なことではないと思います。
そのため、日頃からストレスが溜まらないように意識するだけでなく、ストレスが溜まった場合でも自分なりの解消法を持っておくことも重要です。
定期的にヨガやストレッチを行う、ハーブティーを楽しむ時間をとるなど、気軽にリラックスできる方法を見つけてみてください。

生活習慣を改善する

生活習慣の改善は白髪を抑制するだけでなく、髪の毛や頭皮の健康状態にも良い影響を与えることができます。
もちろん体全体の調子も整えられるので、ご自身の生活習慣を見直して意識的に改善していきましょう。
髪の毛の健康に欠かせないのはタンパク質ですが、それだけでなくビタミンやミネラルなど栄養がある食べ物をバランスよく食べることが大切です。
普段の食事で十分な栄養を補えない場合は、サプリなどを活用するのも1つの方法です。
睡眠は、十分な睡眠時間を取るだけでなく睡眠の質にもこだわりましょう。
成長ホルモンが最も多く分泌されるのは22時から2時の間と言われていますが、その間に睡眠がとれないと成長ホルモンの分泌が抑制されて白髪が増える原因になってしまいます。
十分な睡眠時間は人によって異なりますが、それぞれの体質に合った睡眠時間をしっかり確保することと、成長ホルモンが分泌される時間帯に合わせて睡眠をとることで白髪の抑制につなげることができます。
また、睡眠前のパソコン作業やスマホ操作は睡眠の質を下げる要因になるため、少なくとも1時間前、可能であれば2時間前には使用をやめて脳や目を休ませることが大切です。
そして、日頃から運動をする習慣がない方は血行不良になっている可能性が高く、新陳代謝が低下しています。
いきなり激しい運動を取り入れるのは逆効果ですが、日常的に少しでも体を動かすことを意識して習慣化するようにしましょう。
特に、白髪対策には血行促進を促す有酸素運動が効果的です。ウォーキングや軽いジョギングでも十分な効果が得られますし、適度な運動は睡眠の質も高めてくれるので一石二鳥です。

白髪対策はどうしたらいい?

では、実際に白髪対策はどうしたらよいのか、対策方法をを紹介していきます。

染めない派

白髪があるからといって染めるばかりが、白髪染め対策ではありません。
そのままの色を楽しんだり、カットやスタイリングでヘアスタイルを変えたりと様々です。

グレイヘア

ここ最近は、あえて白髪をキープしたままのグレイヘアを選ぶ方も増えてきました。
しっかりケアをすれば自分らしいおしゃれなヘアスタイルとして楽しむことができますし、髪へのダメージもないオススメの対策の1つです。
ただし日本人の場合は髪質によって白髪に黄ばみが出やすい方も多く、清潔感が気になるという方もいらっしゃいます。
その場合は、ヘアマニキュアなどで青や紫系のカラーを入れるか、紫シャンプーを使用すると良いでしょう。
青や紫は黄色の補色なので、これらの色を使うことで黄ばみを抑える効果があり綺麗なグレイヘアを維持することができます。
「白髪染めを使いたくない」といった方向けの記事がありますので、ご覧ください。

カットやスタイリングで対策

白髪を染めずに、カットやスタイリングによって対策することも可能です。
カットをする際、白髪の多い部分はスキすぎずに重めにするのがポイントです。
ボリューム感が足りないと伸びてきた時に生え際が目立ちやすくなってしまうので、前髪は短めにして軽さを出すのも良いでしょう。
また、スタイリングの際に分け目がはっきりしていると白髪を際立たせてしまうので、櫛や指先で軽いジグザクになるように髪を分けてぼかすのもポイントです。
自然な分け目にすることで根本にボリュームも生まれるため、伸びてきても目立ちにくくなります。
髪質や白髪の量には個人差があり人によって適したヘアスタイルが異なるため、美容室でカットする際には経験のある美容師さんに相談してみてください。
白髪対策で、白髪が気になるとつい抜いてしまうという方もいらっしゃいますが、白髪を抜くのはNGです。
髪の毛を抜くと毛根が傷つき頭皮トラブルの原因になるだけでなく、新しい髪が生えてこなくなる可能性もあります。
どうしても対策したいという場合は、抜くのではなく根本からカットするようにしましょう。
「白髪を抜く・カットする」についての記事がありますので、ご覧ください。

染める派

白髪対策として多くの方がイメージするのは白髪染めでカラーリングをする方法ではないでしょうか。
市販の白髪染めを利用すればセルフで気軽に染めることができますが、白髪染めの種類によっては髪の毛と頭皮への刺激が強い薬剤が使われているものもあるので注意が必要です。
カラーリングをしてせっかく白髪が染められても、仕上がった後の髪の健康状態が悪いと老けたイメージになってしまうため、ヘアカラーを使用した後はしっかりとケアをすることはもちろん、なるべくダメージを与えないようにできるだけ髪と頭皮に優しいカラー剤を選ぶのがオススメです。
白髪用ヘアマニキュア、ヘナカラーなどは地肌や髪に優しくダメージを抑えることができるだけでなく、逆に髪を補修する効果のあるアイテムもあります。
特にヘアマニキュアの場合は脱色効果がなく髪の表面をコーティングすることで色を付けていく仕組みになっているため、キューティクルを剥がすことがなくツヤを保てるのが可能です。
ヘナカラーの場合は植物由来の成分のみで作られているアイテムが多いため、アレルギー体質の方も安心して使うことができるのが特徴です。
髪に優しく綺麗に染めることができるヘナを紹介しています。
オーガニックの需要が高くなってきている今、注目の白髪染めですので、知らない方や興味のある方は是非ご覧ください。


また、髪全体を染めるのではなく、ハイライトでぼかしを入れる対策方法もあります。
これは地毛を白髪と馴染むように明るくハイライトを入れる方法で、白髪を活かせるカラーリングです。部分的に染めるだけなのでダメージを軽減できるのが魅力的ですが、自然な雰囲気に仕上げるためにはテクニックが必要なので、美容師に相談してから行うのがオススメです。
「ハイライトでぼかす」についての記事がありますので、ご覧ください。

白髪のヘアケア方法

頭皮マッサージで血行促進

頭皮の血行不良が起こると、毛根の働きが弱まり白髪が増える原因となりますが、頭皮マッサージを行うことで血行不良が改善されて頭に栄養が行き渡るようになるため、白髪対策だけでなく、細毛や抜け毛の改善にもつながります。
頭皮への程よい刺激によってリラックス効果も得られるため、ストレス解消になって睡眠の質も上げてくれるため、髪に身体にも良い循環が生まれるでしょう。
頭皮マッサージは美容室で施術してもらうこともできますが、ここではご自宅でも簡単に行える方法をご紹介していきます。
ご自身でマッサージをする際には指の腹や手のひらを使って適度な圧力で行っていくのがポイントです。
力が強すぎると頭皮を傷つけてしまい逆効果となってしまうので、心地よいと感じる程度に優しく行っていきましょう。
はじめに、頭皮全体を優しくマッサージして揉みほぐしていきます。
全体的にほぐれてきたら、前頭部、側頭部、頭頂部と、部分的にマッサージをしていきます。
最後に、全体的に頭皮を引き上げるようにほぐしていき終了です。
手でマッサージをするのが面倒な場合は、ヘッドマッサージャーやブラシを使ってマッサージをしても効果的でオススメです。
少しの時間でも継続的にマッサージすることが大切なので、負担にならない程度に続けることを意識してみてください。
マッサージをするタイミングは、お風呂に入った後など、体が温まっていて血流が良くなっている時がベストです。
体全体の血の巡りが良くなっているため効率的に老廃物を流していくことができます。

白髪ケアができるシャンプーを選ぶ

毎日使うシャンプー選びにこだわるのも白髪ケアに効果的です。
頭皮環境を整える成分が配合されたシャンプー白髪染めのダメージをケアできるシャンプーを使用すると、頭皮と髪の毛が健康的になり、見た目の印象もアップします。
また、シャンプーそのものだけでなく、洗い方もひと工夫することでよりケア効果を高めることができます。
シャンプー前には軽くブラッシングをして埃を取り除き、指通りを良くしておきましょう。
そして、シャンプーを使う前に一度お湯だけで軽く洗い流してからシャンプーを使うことで、髪への負担をかけずに洗うことができます。
白髪染めを使用する派の方にも、シャンプー選びは重要です。
色持ちを良くしてくれる商品もあるので、染める派もシャンプーの見直しを行ってみましょう。

トリートメントで髪質改善

シャンプーと合わせてトリートメントもご自身に合ったアイテムを選ぶことで髪質改善ができます。
ツヤのある髪だと、例え白髪があっても清潔感のあるおしゃれな印象を与えることができます。
染める場合でも、白髪染めでダメージを受けた髪をケアできるトリートメントが販売されているので、定期的に使用することで綺麗な髪質を維持できます。
また、白髪染めとトリートメントを両方一緒に行える白髪ケア商品もあります。
白髪染め専用のトリートメントを普段のトリートメントの代わりに使えば、少しずつ白髪に色がついていくため色を長持ちさせることも可能です。
どのような白髪対策を行うかによっても適したトリートメントが変わるので、さまざまなアイテムを比較してご自身に合ったものを見つけてみてください。

関連する商品