白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

ビゲン ポンプカラーの評判、メリットやデメリットについて

ビゲンポンプカラー 評判
価格 専用ポンプ約180円(税込)〜/詰め替え約480円(税込)~
※どちらも通販サイトの価格参照
タイプ
色持ち 1カ月~
安全性
手軽さ 放置時間20分
カラー
バリエーション
12色

ビゲン ポンプカラーは、100年以上の歴史があるヘアケアメーカー「ホーユー株式会社」が販売している白髪染めです。

泡タイプで気軽に白髪染めができるのが特徴で、テレビでCMを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、ビゲン ポンプカラーの特徴とメリットとデメリット、評判や口コミなどをご紹介していきます。

ビゲン ポンプカラーにご興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ビゲン ポンプカラーの特徴

ビゲン ポンプカラーは2019年3月1日から発売されている商品です。

ここでは、使いやすいと評判のビゲン ポンプカラーの特徴を3つご紹介いたします。

ポンプタイプで使いやすい

美容室で白髪染めをする際は、刷毛を使って液状の白髪染め剤を髪の毛に塗っていきます。

市販の白髪染めにも刷毛を使って塗るタイプのものもありますが、刷毛を使うタイプのものだと容器と刷毛を別途購入しなくてはいけません。

目で見えない後頭部や後ろ髪は塗りづらく、慣れるまではきれいに染めることができないのが難点です。

ビゲン ポンプカラーはその名のとおりポンプタイプの白髪染めで、シャンプーやムースを髪に塗る要領で染めたいところに塗って馴染ませるだけなので、はじめて方もかんたんに使うことができます。

ビゲン ポンプカラーの専用ポンプは洗えば何度でも使え、2回目からは詰め替え用を購入するだけでいいので経済的です。

密着泡でムラなくしっかり染まる

セルフの白髪染めをするときの問題のひとつに「色ムラ」があります。

色ムラとは全体を綺麗に染めたつもりなのに、部分的に濃くなったり白髪染めができていなかったりと、場所によって染め上がりが違うことです。

白髪染めで色ムラができてしまう原因はいくつかありますが、白髪染め剤を均一に塗れていないことが原因になっていることが多いです。

ビゲン ポンプカラーの白髪染め剤は泡状で密着性に優れていますから、手で伸してもみ込むだけで白髪染めが髪の毛にしっかり密着するのでつき色ムラができにくいです。

液状の白髪染めは塗りすぎるとおでこや襟足などに垂れてきてしまい肌荒れが生じてしまうことがありますが、密着泡のビゲン ポンプカラーであれば、よほど塗りすぎることがなければ液垂れの心配もありません。

髪をいたわるアフターカラー美容液つき

白髪剤に使われている原料は商品によって異なりますが、染色力が高い市販の白髪染めの多くは発色と色持ちをよくするために、ジアミンやアルカリ剤が使われています。

ジアミンとアルカリ剤はアレルギーの原因にもなる刺激の強い薬剤です。

そのため、アレルギー反応が出ない方でも、白髪染めをした後に髪の毛がパサつきやすくなってしまうことがよくあります。

ビゲン ポンプカラーには洗い流さないタイプのアフターカラー美容液が付属しています。

白髪染めをした後に使用することで、パサつきを抑えるだけでなく色持ちをアップさせる効果も期待できます。

ビゲン ポンプカラーは、髪の毛をいたわりながら白髪染めができると評判の高い白髪染めです。

ビゲン ポンプカラーはどんな人におすすめ?

白髪染めをしている方の間で評判の高いビゲン ポンプカラーは、幅広い方がお使いいただける白髪染めですが、とくに次のような方にオススメしたい商品です。

はじめてセルフで白髪染めをする人

白髪染めを何度も繰り返すと髪を傷めてしまうので、失敗したからといってかんたんに修正ができません。

そのためセルフの白髪染めのほうが安いことは分かっていても、毎回美容室で白髪染めをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ビゲン ポンプカラーはポンプタイプでムースやシャンプーのように使えるので、今までセルフで白髪染めをしたことがない人も使いやすいです。

白髪染めでおしゃれも楽しみたい人

白髪染めは白髪を目立たなくするためのものなので、カラーリングと比較すると明るい色を出すのがむずかしいといわれています。

だからといって、カラーリング剤と白髪染め剤を併用することは髪にダメージを与えるのでオススメできません。

ビゲン ポンプカラーは白髪染め剤なのにカラーバリエーションが多く、白髪染めで定番のブラウン系の他に美容室でも人気で評判の高いアッシュ系、明るいベージュ系やピンク系もあります。

カラーバリエーションが豊富なので、季節やヘアスタイルに合わせてさまざまなヘアカラーを楽しめます。

白髪染めの費用を抑えたい人

美容室の白髪染めの料金は美容室や地域によっても異なりますが、料金相場は白髪染めだけで5,000円~8,000円です。

白髪染めはこまめな手入れが必要なので、1年間を考えると5万円以上はかかる計算になります。

ビゲン ポンプカラーは専用ポンプをひとつ購入すれば何度も使えるので、後は詰め替え用を購入するだけです。

通販で購入すれば500円以下でも買えるので、美容室の10分の1の費用で済むのでたいへん経済的です。

ビゲン ポンプカラーのメリット・デメリットは?

ビゲン ポンプカラーは人気と評判の高い商品なので、ビゲン ポンプカラーで白髪染めをすることで生じるメリットがありますが、残念ながらいくつかのデメリットもあります。

ここでは、ビゲン ポンプカラーのメリットとデメリットを2つずつご紹介いたします。

購入する前に、ぜひ確認しておいてください。

メリット

染め上がりがとっても艷やか

白髪が染まるメカニズムは、アルカリ剤がキューティクルを開けることで毛の内側に着色します。

キューティクルは髪の毛の表面にあり健康な髪はキューティクルが整っていますが、白髪染めを繰り返すとキューティクルが破壊されてしまい艶がなくなってしまうことも少なくありません。

ビゲン ポンプカラーは毛髪の保護成分として「椿オイル」「オリブ油」「ホホバ油」、色持ち成分として「テアニン」「タウリン」を配合している白髪染めです。

実際使用されている方も、美容室で白髪染めしていた頃より染め上がり艷が出て、パサつきがないと感じている方も多いです。

白髪染め剤の独特な匂いがしない

市販の白髪染めは独特なツンとした臭いがしますが、それは白髪染めに含まれているアンモニアの臭いです。

市販の白髪染めは自宅で使えるよう香りを抑えているものもありますが、それでも家族に気を使って自宅で白髪染めができないという方もいらっしゃいます。

ビゲン ポンプカラーはフローラルのほのかな香りがするので、白髪染めの独特な臭いが苦手な方も安心して使えると評判です。

白髪染めの香りが苦手でセルフをしていないという方はぜひ一度使ってみてください。

デメリット

ジアミンが含まれている

ジアミンとは「パラフェニレンジアミン」という酸化染料で、日本人特有の黒やブラウンの髪に染める役割を果たしています。

ジアミンは毒性が強く白髪染めやカラーリングでアレルギー反応が出てしまった時の原因は、 ジアミンであることが多いです。

髪にダメージが少ないビゲン ポンプカラーですが、原材料にはジアミンが含まれています。

白髪染めを長くしていて肌トラブルに見舞われたことがない人でもアレルギー反応はある日突然出ることもあるので、 ビゲン ポンプカラーで白髪染めをする際は毎回必ずパッチテストを行ってください。

量の調節ができない

ビゲン ポンプカラーの公式サイトには「2種類の液を全量混ぜ、残った混合液は必ずすぐに洗い流してください」という記載がされています。

白髪染めによっては白髪の量に合わせて量を調節できるものもありますが、ビゲン ポンプカラーは白髪染め剤の量の調節ができません。

専用ポンプが何度も使えて経済的な商品ですが、 白髪の量が少なくて部分的に白髪染めをする人にとってはそれほどリーズナブルな商品とはいえないでしょう。

ビゲン ポンプカラーの評判・口コミは?

評判の高いビゲン ポンプカラーでも、実際の使い心地は人それぞれ異なります。

自分にあった白髪染めを見つけるためには、購入する前に評判や口コミをチェックしておくことも大切です。

ここでは、ビゲン ポンプカラーの口コミによくあるコメントを4つご紹介いたします。

泡状で使いやすくはじめてでもかんたん

「自宅で白髪染めをすると、浴室や洗面台が汚れてしまうのが嫌」という方も多いですが、ビゲン ポンプカラーはポンプタイプでは倒れてこぼれてしまうことがなく、塗る時も液垂れすることもないので肌や衣類についてしまう心配も少ないです。

実際使った方もムースやシャンプーみたいに塗ればいいのでとてもかんたんだったという感想が多いです。

放置時間もたった20分なので出かける前に気になったところをリタッチでき、専用ポンプで何度も使えて経済的な点もたいへん喜ばれています。

髪の毛の変化を実感

髪に潤いを与える成分が配合されているので、白髪染め剤をビゲン ポンプカラーに変えてから髪質の変化を実感されている人も多いです。

具体的には「以前のように白髪染めをした後にゴワゴワしなくなった」「触った時のパサつき感がなくなった」というレビューがあります。

とくに白髪が多くて白髪染めの頻度が多い人は、ビゲン ポンプカラー と他の白髪染めとの違いを実感されているようです。

白髪染めを頻繁にしている人のなかには髪をいたわるためにトリートメントを別途購入している人もいますが、ビゲン ポンプカラー なら洗い流さないタイプの美容液が付属しているのでたいへんお得です。

敏感肌だとアレルギー反応が出てしまう

白髪染めをした後にかゆみや湿疹など肌トラブルに見舞われている人もいます。

髪に優しい白髪染めですが原材料にはジアミンが含まれているため、敏感肌の方はアレルギー反応が出てしまうようです。

フローラルのほのかな香りがする白髪染めですが、香りに敏感な方はアンモニア臭を感じる方もいらっしゃいます。

はじめて使う方は必ずパッチテストを行い、 白髪染めをする際は肌を保護するためにクリームを塗っておくと安心です。

またその日の体調によりアレルギーがでることもあるので公式サイトでは毎回パッチテストをするよう注意書きがあります。

香りに敏感な方だけでなく、白髪染めをする際は換気も忘れずに行うようにしましょう。

サンプルの色と染め上がりの色が違う

カラーバリエーションが豊富なのが理由で評判の高いビゲン ポンプカラーですが、髪質によってはサンプルの色と実際の染め上がりの色に違いが出てしまうようです。

例えば、ピンクブラウンがかなり濃くて黒に近い色になってしまったというレビューがあります。

イメージと違う色だからといって何度も白髪染めを繰り返すと髪にダメージを与えてしまうので、使ってみたい色があったらその商品の口コミを見て染め上がりの感想をチェックしておくことをオススメします。

ビゲン ポンプカラーの使い方は?

最後にビゲン ポンプカラーで白髪染めをする際の手順と、専用ポンプの洗い方および保存方法をご紹介いたします。

ビゲン ポンプカラー で白髪染めをする手順

ビゲン ポンプカラー を使った白髪染めの手順は次のとおりです。

1. 白髪染めをする48時間前にパッチテストをおこなってください

2. 混合液を作る
専用ポンプに、1剤と2剤の全量を入れます。

ポンプを閉めて、泡立てないように気をつけ10~15回ほど左右に動かしてしっかりと混ぜます。

※1剤と2剤は別々に使うことはできません。

また、しっかりと混ざっていないと泡立たないのでしっかりと左右に振るのがポイントです。

3. ポンプを押して手のひらに出す
皮膚と爪を保護するためにビニール製の手袋を着用し手首を輪ゴムで止め、周りが汚れないように新聞紙を敷きます。

2~3回しっかりと下まで押して、泡状の白髪染めを手のひらの上に出します。

※飛び散る可能性があるので、ノズルを手で覆うようにするとよいです。

4. 白髪染め剤を髪に馴染ませる
白髪が目立つところから、もみ込むイメージで髪に馴染ませていきます。

根元は染めづらいので、根元にもしっかりと馴染ませてください。

※白髪染め剤が少ないと十分に染まらないので、たっぷりと塗ります。残った混合液は洗い流してください。

5. 20分放置して洗髪する
ラップやヘアキャップはつけずに、20分放置します。

20分経ったら、洗い流しシャンプーとコンディショナーをして、汚れても構わないタオルで水気を吸い取ってください。

最後に付属のアフターカラー美容液を塗って完了です。

専用ポンプの保存方法

ビゲン ポンプカラー の専用ポンプは繰り返し何度も使うことが可能です。

次の方法で洗浄し保管しておきましょう。

1. ポンプを外して容器を洗浄する
ポンプを取り外したら、外側から内側の順で洗浄します。

2. 水を入れてポンプを洗浄する
ボトルに半分まで水を入れてポンプを閉めて、20~30回ポンプを押して残った液をだします。

水を捨て新たに半分入れて、2回ほどくり返してください。

3. ポンプの水を出す
ポンプを外し、逆さにして数回押して、なかの水を出してください。

4. 乾燥させて保管する
ポンプをはずしたまま、新聞紙やチラシの上で乾燥させ、乾いたらポンプを閉めて保管します。

関連する商品