白髪染めの悩みを全て解決!白髪染め情報サイト
Belle

白髪染めとおしゃれ染めは併用できる?注意点も解説

白髪染め おしゃれ染め 併用

白髪対策とあわせて髪全体のイメージチェンジもしたいけど、白髪染めとおしゃれ染めは併用しても大丈夫なのか気になるという質問を持たれている方は少なくありません。
ここでは、白髪染めとおしゃれ染めは併用できるのか、もし併用する場合に注意すべきポイントを解説していきます。
オススメのヘアケア方法もご紹介していますので、白髪をカバーしながら綺麗なヘアスタイルを目指したいという方はぜひ参考にしてください。

白髪染めとおしゃれ染めの基本的な違い

白髪染めとおしゃれ染めはどちらも仕組み自体は同じですが、白髪染めはおしゃれ染めに比べて染色力が高く、おしゃれ染めは脱色力が高いことが基本的な違いとなります。
白髪染めは、地毛の黒髪から色素が失われてしまった白髪を黒や茶といった暗めの色に染める働きが強いため、一度染めたら比較的色持ちが良いのが特徴です。
しっかり染められるという面ではメリットと言えますが、この特徴によってイメージした色よりも暗く染まりすぎてしまう場合があります。
一度暗く染まってしまうと色が抜けるまでに時間がかかる上に、あとから明るく染め直すことが難しいので、白髪染めを使用する際には色選びも含めて注意が必要です。
それに対して、一般的なおしゃれ染めの場合は黒髪の元となるメラニン色素を分解するために、まずは脱色してからカラー剤を浸透させていく仕組みになっており、しっかりと脱色する作用のある強い薬剤が含まれているものが多くあります。
明るい色になればなるほど脱色力を高く必要があるためそれだけ髪へのダメージが強くなってしまいますが、カラーバリエーションが豊富なので明るい色を出せるのが特徴です。
ただし、おしゃれ染めは脱色力が高い一方で白髪染めに比べると染色力に劣るため、色の抜けるスピードは早くなります。
このように、同じカラー剤でも白髪染めとおしゃれ染めではそれぞれ作用が異なるため、同じように使用したとしても白髪と黒髪では色の出かたや色持ちが異なってくるので、それぞれの特徴を知った上で使用することが大切です。

白髪染めとおしゃれ染めは併用できる?メリットとデメリット

白髪が目立ってきてカバーしたいと思っているものの、髪全体が白髪というわけではないし、元の黒髪も明るくしてイメージチェンジをしたいという方は多く、白髪染めとおしゃれ染めは併用できるのか気になるというのはよくある質問です。
結論から言うと、白髪染めとおしゃれ染めは使い方に注意をすれば併用可能です。
名前の通り、白髪染めは白髪を染めるためのもの、おしゃれ染めは白髪以外の地毛を染めるためのものとして作られているため、両方の髪の毛が混じっている場合はそれぞれの髪に合ったカラー剤を併用することで綺麗に仕上げられるケースもあります。
ただし、市販の白髪染めとおしゃれ染めを混ぜ合わせて使用することはオススメできません。
美容室などではカラー剤を調合して染める場合もありますが、専門的な知識がないと色がうまく出せなかったり、髪にダメージを与えてしまったりとデメリットの方が多くなってしまいます。
また、白髪染め同士の調合であっても種類が違えば含まれる成分も異なるため危険性が高く、混ぜて使用してもイメージ通りの色になるとは限らないので避けた方が無難です。
併用する際のイメージとしては、おしゃれ染めでベースとなる色に近づけてから、色が落ち着いたら白髪染めで白髪部分をカバーしていくと色の調整もしやすく、自然な雰囲気にすることができます。
両方のカラー剤を併用する場合にはメリットとデメリットがあるため、事前に両方の特徴を知った上で取り入れるかどうか、どのように活用するかを検討してみてください。

併用するメリット

希望のカラーを出しやすい

一般的な市販のおしゃれ染めは多くのカラーバリエーションの中から好みの色を選ぶことができますが、基本的に地毛である黒髪を染めるために作られているものなので白髪を綺麗に染めることができません。
しかし、白髪染めのカラーラインナップは黒や茶など比較的ダークトーンのものが多く、希望のカラーが見つからないという悩みを持たれている方も少なくありません。
そこで、白髪染めとおしゃれ染めを併用することで色がコントロールしやすくなり、イメージに近いカラーを出せるというメリットがあります。
白髪染めというと単に白髪を隠すイメージがあってつまらないという方でも、併用することによっておしゃれの幅が広がってポジティブにヘアカラーを楽しめるようになるでしょう。

カラーが長持ちしやすい

一般的な市販のカラー剤に多い1剤と2剤を混ぜて使うタイプのものは、一度髪のキューティクルを剥がして脱色してから薬剤を浸透させていく仕組みとなっているため比較的色持ちが良い傾向にあります。
しかし、おしゃれ染めは白髪染めに比べると染色力が弱いため、染色力が高い白髪染めと併用することで薬剤が髪に浸透しやすくなり、カラーを長持ちさせる効果が期待できます。
また、おしゃれ染めをした後に白髪染め専用のシャンプーやトリートメントを使って定期的にケアをすれば、髪の補修をしながら色落ちも同時に抑えていくことができるというメリットもあります。

併用するデメリット

髪や頭皮がダメージを受けやすい

使用するアイテムによっては、カラー剤に含まれているジアミン、タール色素、過酸化水素などの成分によって髪の毛や頭皮にダメージが加わって髪がパサついたり、人によってはアレルギー反応が出てしまったりする場合があります。
1度染めただけでも髪はダメージを受けるため、おしゃれ染めと白髪染めを連続して使用するとなれば当然ながら髪へのダメージは2倍になってしまいます。
せっかく白髪を綺麗に染められたとしても、ダメージによって見た目が悪くなってしまっては逆効果なので、それぞれのカラー剤が髪に与える影響を考慮した上で使用するアイテムを選んだり、染める頻度やケア方法に気をつけたりする必要があります。
ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントの場合は髪の表面に色を付けていくタイプなので、ダメージは比較的抑えることができます。
ただし、一般的なカラー剤に比べて色持ちは悪くなってしまうので、併用する際にはどちらか一方だけでも髪へのダメージが少ないアイテムを選ぶというのも良いでしょう。

費用がかかる

2種類のカラー剤を併用すればそれだけ費用がかかるのもデメリットです。
さらに、頭皮や髪の毛への刺激が強いカラー剤を使用した場合は、ダメージを受けた髪の毛をケアするためのトリートメントなども必要になってきます。
髪が伸びる早さには個人差があるものの、白髪は伸びてくると生え際が目立ちやすくなるため頻繁に染めたいと感じる方も多いです。
染める頻度が高くなればなるほどそれだけ出費がかさむので、トータルコストを考慮してどのように白髪対策をするかを考える必要があるでしょう。

併用するときの注意点

白髪染めとおしゃれ染めを併用する場合は、なるべく髪へのダメージを減らして綺麗な色を出すために、注意すべきポイントがあるので確認していきましょう。

使用する順番に気をつける

白髪染めとおしゃれ染めを併用する場合は、基本的にはおしゃれ染めを先に、次に白髪染めの順番で使うようにするのがオススメです。
はじめに白髪染めを使ってからおしゃれ染めをするという方もいますが、多くの白髪染めは暗めの色に染まるタイプのため色落ちしにくく、一旦暗くした髪を明るくすることが難しくなります。
そのため、特に明るめのカラーにしたいという方は使用する順番に気をつけましょう。
また、おしゃれ染めをしてから白髪染めをするまでの期間もしっかり空けることが大切です。
おしゃれ染めのカラーが浸透しないうちに白髪染めを使ってしまうと、色が混ざって綺麗に染めることができません。
また1回目のカラーリングでダメージを受けた髪の毛がまだ復活しきれていない状態で2回目のカラーリングをおこなった場合はますます髪の毛に負担をかけてしまいます。
1回目に染めた後にはアフターケアをしっかり行いながら髪の補修と色落ちを防いでおくことで、2回目のカラーリングにも備えることができます。
2回目のカラーリングが終わった後も、トリートメントやヘアオイルなどを使用して、なるべく髪のダメージが進行しないように気をつけましょう。

商品選びを工夫する

白髪染めとおしゃれ染めを併用する場合は、配合されている成分などをチェックしてなるべく強い薬剤が含まれていない、髪と頭皮に優しいアイテムを選ぶのもオススメの方法です。
一般的なカラー剤は、髪のキューティクルを開いてカラー剤を浸透させるために、2種類の薬剤を混ぜ合わせて化学反応を起こす仕組みになっています。
この作用によってしっかりと髪に色を浸透させられることはメリットではありますが、髪にダメージを与えてしまうことは否定できません。
このような1剤と2剤を混ぜ合わせるタイプのカラー剤に対して、ヘアマニキュアやヘナカラーのようなタイプのアイテムは1剤のみで構成されていて、髪の表面に色をのせていく仕組みになっています。
そのため、髪への負担はかなり軽減されるのでダメージが気になる方にはオススメです。
特に、植物系や天然成分などによって作られているアイテムは髪へのダメージが少ないばかりか、逆に髪を補修する効果が期待できるものもあります。
化学薬品が配合された一般的なカラー剤ではなく、なるべく自然の成分が配合されたアイテムを選ぶことで髪や頭皮を労わりながらカラーチェンジすることが可能です。
髪が傷みにくい白髪染めランキングがあるので、ご覧ください。

白髪染めとおしゃれ染めを併用した際のヘアケア方法

一般的な白髪染めとおしゃれ染めを併用した場合、髪の毛はカラー剤に含まれる薬剤の作用によって大きなダメージを受けることになります。
染めた後に何もしないでいると髪はどんどん傷んでいってしまうため、正しいヘアケア方法を取り入れて少しでも綺麗な髪の毛を長持ちさせることが大切です。
ここでは、ご自宅でも気軽にセルフケアができる方法をご紹介していきます。

専用シャンプーを利用する

白髪を染めた後は、ダメージを受けた髪の毛を補修する効果のある専用シャンプーを利用することで、色が長持ちするだけでなくパサつきを抑えられるのでオススメです。
普段使っているシャンプーを専用シャンプーに置き換えて使用するだけなので、簡単に取り入れることができます。
色落ちを抑えるために白髪染めシャンプーを使用すれば、白髪染めの頻度を減らすことができるため費用削減にもつながります。
また、シャンプーをする際には同時に頭皮をマッサージしながら洗っていくことで、頭皮の血行が促進されて髪の健康状態もアップします。
頭皮を傷つけないように指の腹を使い、適度な圧力をかけるようにしてマッサージをしていきましょう。
頭皮マッサージは髪の健康を促進するだけでなく、リラックス効果や体の不調を整えるなど様々なメリットがあると言われています。
少しの時間だけでも効果が期待できるので、ぜひ日常的に頭皮マッサージをする習慣を取り入れてみてください。

定期的にトリートメントをする

白髪染めとおしゃれ染めをした後は、できる限り髪へのダメージが抑えられるようにしっかりケアをすることが大切です。
ヘアカラーに含まれる成分には、普段は弱酸性に保たれている髪の毛をアルカリ性に変化させる働きがあり、この状態が続くことで髪へのダメージを進行させてしまいます。
そのため、ヘアカラーをした後はアルカリ性になった髪の毛を正常通りの弱酸性に戻し、トリートメントなどで髪に栄養を与えてアフターケアを行うことが大切です。
トリートメントをする際は、アイテム選びとトリートメントをするタイミングも重要になります。
アルカリ性に傾いた髪の毛は弱酸性に戻るまでに約1週間かかるため、もし髪の毛が弱酸性に戻る前にトリートメント行った場合は、トリートメントのコーティング効果によってアルカリ性の成分を閉じ込めてしまい逆効果になりかねません。
トリートメントの効果を正しく発揮させるためにも、アイテムを選ぶ際にはヘアカラー専用のトリートメントを使用するか、カラーリングをしてから1週間程度の期間を空けてから行うようにすることがポイントです。
ご自宅でできるトリートメントには、入浴時に使用して洗い流すタイプのインバストリートメントと、入浴後などに使用して洗い流さないタイプのアウトバストリートメントの2種類があります。
インバストリートメントは髪の補修効果が高いものが多く、髪の内部からケアする働きがあるためしっかりとケアを行いたい方にオススメです。
アウトバストリートメントは特に髪の表面をダメージから守る効果が期待でき、髪のまとまりもよくなるためスタイリングにも活用できます。
アウトバストリートメントは洗い流す必要がないため、気軽に取り入れたい方にオススメです。
髪や頭皮に刺激を与えることなく、やさしくケアをしたいという方におすすめなのが、「木木と」のハーブトリートメントです。


「木木と」では、白髪染めに使用できるヘナトリートメントカラーを展開していますが、髪色が変わらない透明色タイプもあり、別のカラー剤で染めた後のケアにオススメです。
原料には様々なハーブが配合されていますが、中でもヘナに多く含まれている有効成分であるローソニアが傷んだキューティクルを強力にコーティングして修復する働きがあるため、高いトリートメント効果が期待できます。
トリートメントには使いやすさや効果によって様々な種類があるので、ご自身に合ったアイテムを選ぶようにしましょう。

関連する商品